高校進学を前に浦和レッズ、セレッソ大阪、横浜F・マリノスといったJクラブのユースからオファーが届いた。熟慮した末に全国の舞台に近く、2種年代の最高峰プレミアリーグでも戦う青森山田が、さらに成長していくうえでベストの環境だと決断した。

 しかし、バスケスを待っていたのは、試合にまったく出られない日々だった。バスケスの能力を認めながらも、Aチームでプレーさせなかった意図を黒田監督はこう説明する。

「どうしても左足に固執するし、すべてバイロンにボールが集まる状況でプレーしていた影響で、守備を教えられたこともなかった。だからこそ干しながら『それじゃあプロに行っても通用しないぞ』と言って、右足や守備を練習させました。努力を積み重ねてきたことが、いまに至る一番大きな要素でしょうね」

 卒業後はJ1でもJ2でもJ3でも、ましてやJFLでもなく、今年から数えてJ5にあたる東北社会人サッカーリーグ1部を戦ういわきFCへ加入する。日本語を流暢に話し、日本で暮らした時間のほうが長くなったバスケスだが、プロの世界では外国人枠内で競争を余儀なくされる。

 外国人選手は即戦力であることを常に求められる。だからといって、日本への帰化も考えていない。生まれ育ったチリへの憧憬の思いを込めながら、バスケスはこんな未来を描いている。

「自分はチリがすごく好きだし、プライドのようなものも僕のなかにはある。将来は海外でプロとしてプレーしたいし、チリ代表入りも目指したい」


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. ◆朗報◆元浦和の日本代表DF(`~´)山田暢久フットサル教室で生存確認 (3348)
  2. ブスケツの将来の移籍候補に日本...ただし条件も (2934)
  3. Jリーグ伝説の5チーム。強力な布陣、憎らしいほどに強い...歴史に残る最強のクラブは? (1602)
  4. 【速報】浦和がセレッソ大阪FW杉本健勇の獲得に向けて交渉! (1557)
  5. 元ジュビロ選手らの傷害...被害者が語る"理不尽な暴行現場" (1494)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. 【悲報】柏レイソル、降格を喜んでるみたいな写真を使われる (8604)
  2. ◆朗報◆元浦和の日本代表DF(`~´)山田暢久フットサル教室で生存確認 (3348)
  3. 【悲報】11人対11人で始まったエスパルス対ヴィッセル、試合終了時には9人対9人になっていた (3132)
  4. ブスケツの将来の移籍候補に日本...ただし条件も (2934)
  5. ◆画像◆もう?ジェフ千葉の切り替えが早すぎると話題に! (2772)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「『プロで培ってきた経験を社会人サッカーに還元して参ります』山田暢久氏が神奈川県1部『イトゥアーノFC横浜』の監督に就任[浦議]」です。

次のブログ記事は「日本は憎き敵!?「日本に何回負けたと思ってるんだ!なぜ毎回、日本と同組になってしまうんだろうか...」 by オマーン地元紙記者」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。