森保一監督は初陣のコスタリカ戦に続き、10代のDF冨安健洋ら3人の若手を代表初先発させ、4バックでスタートすることが濃厚。軸となる1トップのFW大迫勇也との相性が今後のメンバー編成に影響を及ぼしそうだ。

 2試合目も森保イズムが全開だ。この日の実戦練習ではDF冨安が主力組のCBでプレー。指揮官が4日の代表発表時に「いろいろな選手を見ながら強化を図りたい」と話していたように、前回のコスタリカ戦では出番がなかった19歳の代表デビューが現実味を帯びてきた。

 ロシアW杯で主力を務めたDF吉田が今後も守備の要になるが、4年後のカタールW杯では34歳。経験がモノを言うポジションとはいえ"ポスト吉田"が必要となる。冨安は東京五輪代表の守備の中心で、188センチの長身を生かした対人の強さに加え、守備的MFもこなすなど足元の技術も高い。名古屋から21歳でオランダ1部VVVに移籍した吉田と同じように、19歳でJ2福岡からベルギー1部のシントトロイデンに移籍とキャリアも酷似。以前、吉田について「世界で成功しているDFですし、そういった選手になるためにもたくさんのことを吸収したい」と話しており、後継者としての資格は十分にある。

 冨安だけでなく初招集の22歳FW北川や、代表では先発のない22歳MF三竿も主力組に入ったもよう。9日に帰国したばかりの吉田や長友ら欧州組のコンディションやFWにけが人が続出した影響もあるが、年齢や経験にとらわれずに起用するのが森保流。コスタリカ戦に続き、フレッシュな面々となりそうだ。

 システムも森保監督の代名詞でU―21代表でも採用する3―6―1ではなく、コスタリカ戦と同様の4―5―1になる見込み。「チームとしてポジティブなチャレンジがしたい」と言う指揮官の下、来年1月のアジア杯(UAE)に向けてチームを作り上げていく。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. ◆悲報◆ジェフ千葉勝ったのにサポが居残り...GM呼び出し揉める(´・ω・`) (1710)
  2. J1、外国選手枠5人でまとまる (1080)
  3. 骨肉腫の元Jリーガー 約束のピッチへ (738)
  4. 日本代表の秘密兵器? 広島FWパトリック、帰化へ"日本語練習ノート"公開で反響 (585)
  5. 元バルサのアルダ、なんと懲役12年6ヶ月が求刑される (441)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. ◆悲報◆ジェフ千葉勝ったのにサポが居残り...GM呼び出し揉める(´・ω・`) (10350)
  2. ファンの皆様へ 弊クラブより重大なお知らせ | 鈴鹿アンリミテッドFC (4626)
  3. ルヴァン敗退の当日に、ツイッターバトルを開始した鹿島アントラーズ・西選手 (3987)
  4. 「負傷しかねない」酷評のJ本拠地、芝フワフワ (3366)
  5. 鹿島アントラーズの本拠地カシマスタジアムがここまで"モツ煮天国"だったとは【アウェイサポが禁断のホーム側初体験】 (3249)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「【鹿島】内田篤人が負傷退場、長期離脱の可能性も「チームに迷惑をかけることになる」」です。

次のブログ記事は「【札幌】アンゴラ出身のオランダ人MFエルビオが練習に参加 外国籍枠拡大見込みで」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。