西野朗監督に中国クラブからオファーが届く可能性が浮上した。元々中国でも知名度のある西野監督だが、W杯で日本代表を16強に導いたことでさらに評価が上昇。関係者は「注目している(中国の)クラブが複数ある。動向を注視している」と証言した。

 評価が高まった理由の一つが、就任から短期間でチームをまとめた点。ハリルホジッチ前監督の解任を受け、就任したのがW杯開幕の約2カ月前。大会前のテストマッチで結果が出ずに不安視された中で、本大会では2大会ぶり3度目の1次リーグ突破を果たした。国内3冠やACL制覇など、数々のタイトルをもたらしたG大阪の監督を2011年に退任した際には、山東魯能からオファーが届いたこともある。今回のW杯で監督としての株がさらに高まったことで、再び正式オファーが舞い込む可能性があるという。

 かつて元日本代表監督の岡田武史氏(今治FCオーナー)が、10年W杯南アフリカ大会で日本を16強に導き評価を上げ、12年に杭州緑城(現在2部)の監督に就任した。西野監督に正式オファーが舞い込み就任となれば、まさに"岡田パターンの再現"。西野監督の現場への思いの強さは関係者の間で知られており、既に複数のJクラブが招へいを検討している。下馬評を覆し、日本中を感動の渦に巻き込んだ指揮官の人気は高まっており、今後の動向に注目が集まる。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. イニエスタ、水族館問題 スタメン漏えい問題「事実関係を調査中」 (2628)
  2. イニエスタ浦和戦欠場漏えいの選手所属クラブが謝罪 (2529)
  3. Jリーグ、来季から外国人5人制導入へ 競争力や魅力アップへ (1386)
  4. 衝撃...ストークFW、6週間で3人の赤ちゃんの父親になるも、母親は全員異なる女性か (909)
  5. J1神戸 DF高橋のスタメン漏洩を調査 村井チェアマン「規約に抵触しかねない」 (882)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. 日本代表、森保監督交代へ?新たな指揮官はドナドーニ氏か (6084)
  2. 日本代表、森保監督交代へ?新たな指揮官はドナドーニ氏か (4896)
  3. 横浜、残留争い脱出へ先発ガラリ 天野、遠藤外れる (3204)
  4. イニエスタ、水族館問題 スタメン漏えい問題「事実関係を調査中」 (2628)
  5. イニエスタ浦和戦欠場漏えいの選手所属クラブが謝罪 (2529)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「日本代表新監督にレオナルドも急浮上」です。

次のブログ記事は「鳥栖の可能性は..."神の子"トーレス、10日に新天地を発表へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。