うつ、アルコール依存から復活したマギヌンの現在

川崎フロンターレ、名古屋グランパスでプレイしたブラジル人MFマギヌン。昨年現役を引退した彼は、うつやアルコール依存の問題を乗り越え、信仰の道に生きることを決めたようだ。グローボ・エスポルチが彼のインタビュー記事(および映像)を紹介している。

「36歳になってサッカーを引退して、神様に与えてもらった道に進もうとしている。神様が我々にとって何なのか、神様が自分の人生に何をしてくれたのかを人々に知ってもらう道だ。2013年から2015年の間、私は抑うつ、孤独、家族の死などとても辛い時期を過ごした。息子がいるのだけど、長い間彼とは離れて暮らしていた。12年くらいだ。それは自分にとってピッチ外のとても大きな試練だった。今、私が経験してきたことと同じような状況を生きている人々がいる。神様はそう言う人々を助けるように私を導いた」とマギヌンは語っている。

また、マギヌンはインタビューの中で名古屋グランパスを退団した後に所属した韓国の蔚山現代で感じたショッキングな文化の違いについて語っている。

「韓国は全く異なる状況だった。彼らは軍隊だった。監督は尊敬されなければならない存在で人に平手打ちをすることが許されていた。私はそれを拒否した。私にする事はなかったけど、ロッカールームでそれを見ることがあった。監督の要求に答えられず、ミスする選手がいると監督が彼の顔を平手打ちした。受け入れがたかった。彼らにとってそれはひとつの指導を意味したけど、自分にとってそれはショッキングだった。ここに馴染むのは難しいと感じ、落ち込むようになり、退団を決めた」

マギヌンは2011年に蔚山を退団しブラジルに帰国したが、その時のショックが尾を引いたのか私生活でも調子を崩し、活躍することはなかった。

ちなみに彼の名前のマギヌンはMagnum、マグナムを意味する。長い間あだ名かと思っていたが、彼の親が付けた本名らしい。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. 【悲報】J1鹿島さん全部勝ち進んだ場合のリーグ最終節までの日程 (972)
  2. 横浜FM、初のJ2降格危機に内紛勃発!?監督と選手間で... (756)
  3. なぜ、神戸は世界的戦術家のリージョ氏を招へいしたのか?三浦SDがその意図を説明 (549)
  4. 森保監督"世界のトレンド"学ぶ 24日ロンドンで勉強会参加へ (297)
  5. リージョ、最後に率いたA・ナシオナルではファンの批判で辞任...同チームDF「彼がいればリベルタドーレス戦っていた」 (288)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. 北澤豪(元日本代表)の解説への不満88.4%。ネット時代の実況解説は「裏実況」から新時代へ (8451)
  2. 横浜FM、初のJ2降格危機に内紛勃発!?監督と選手間で... (6903)
  3. 天皇杯の組合せが決定!!鹿島の過密スケジュールがヤバ過ぎる...!! (4752)
  4. U-17日本代表スタメンの半分がアフリカ系 (4581)
  5. ロシアW杯決勝乱入の反体制派、毒を盛られ重症か。視力失い言葉話せず (4509)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「ネイマール選手になりきる「ネイマールチャレンジ」とは?」です。

次のブログ記事は「ハリル氏 アルジェリア代表監督復帰!アルジェリアの複数メディアが報じる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。