レアル・マドリーはジュレン・ロペテギ監督の就任会見を開いた。レアル・マドリーは先日、ジネディーヌ・ジダンの後任として来シーズンからロペテギ監督が指揮を執ることを発表。しかし、ロペテギは5月にスペイン代表との契約を2020年まで延長したばかりだったため、大きな物議を醸した。さらにその直後、スペインサッカー連盟のルイス・マヌエル・ルビアレス会長は「我々が知ったのは発表の5分前だった」と怒りを示し、解任を発表。ロシア・ワールドカップ開幕前日のことだった。なお、後任にはフェルナンド・イエロが就任している。

解任を言い渡され、失意のうちにスペインへと戻ったロペテギだが、選手時代はレアル・マドリーのBチームとトップチームに在籍。現役引退後にも、同クラブで選手のスカウティングや下部組織の監督などを務めていただけに、就任会見では喜びを露わにしている。

この就任会見ではまずロペテギ監督の現役時代などの映像が流され、その後にフロレンティーノ・ペレス会長がスピーチ。そうして登壇したロペテギ監督は、途中で感動で声を震わせながら、言葉を紡ぐ。

「あまり感動をしないように気をつけたい。実際、感動するための日にほかならないんだ。言いたいことを言わせてもらうよ。私を信頼で包んでくれて、ありがとう会長、ありがとうレアル・マドリー。誇りと強い気持ちでもって、この責任を引き受ける」

「最大限の要求を課すクラブにやって来たことは分かっているよ。やるべき仕事はたくさんある。だが、私はこの大きなサイズの挑戦に臨めると感じているんだ。マドリーが持つ力強さとエネルギーは、クラブに加わった瞬間からかみしめている。それらをクラブが成長し続けるため、大切な財産である選手たちを管理していくために使っていけるのだと確信している。私たちはすべてを勝ち取ることを求めている」

「昨日はおそらく、私の母が亡くなって以降の人生において、最も悲しい日だった。だが、今日は人生の最高の日だ。もう一度、全員に対する感謝を繰り返したい。私はマドリー家族の一員だ。本当にありがとう。私は皆の求めることに応じて行く覚悟だ」

ロペテギ監督はこのスピーチの後に、記者たちの質問に応じたが、やはりスペイン代表監督を解任されたことについての質問が集中。新レアル・マドリー監督は、ルビアレス会長から解任されるに至った経緯について、次のように述べている。

「手短に話させてもらう。そこにあったのは真実と忠実だ。それを知っておくべきだったのは、彼(ルビアレス会長)であるはずだ。スペイン代表でも、私は祝福されていたんだよ。(マドリー監督就任が発表された日に)会見を行うはずだったが、ルビアレスが不在で、彼から待ってくれと言われた。ワールドカップ初戦からできるだけ離れた日に行うことを望んでいたものの、もちろん彼は会見にいるべきだった。私は(レアル・マドリーと)ワールドカップ前に合意したかったし、開幕以降になることは望んでいなかった」

「そして次の日、あのようなことが起こった。その期間に一体何があったのか、自分には分からない。私は誠実かつ透明性を確保し、何かを隠すことを望んでいなかった。それは悪どいことであり、望まなかったんだ。私の選手たちは(レアル・マドリー監督就任を)知っていたし、それを快く受け入れてくれた。彼らは本当に素晴らしいグループで、受難を乗り越えてくれたんだよ。代表監督としての4年間で、4人がRFEFの会長を務めたが、私たちは力強くあった。その力強さによって、彼らは世界王者になれる」

レアル・マドリーのロペテギ監督就任発表のタイミングが適切ではなかったとの意見もあるが、ロペテギ監督は「透明性」を確保するためだったことを強調する。

「代表監督が一クラブの次期監督になるというのは、多くの前例があることだ。私たちは透明性の確保に努めたんだよ。レアル・マドリーでも代表チームでも祝福のムードはあった。その後に起こったことについては、自分には分かりかねる。私は自分が抱える責任に忠実でありたい。それはレアル・マドリーで学んだことだ。スペイン代表については、スペイン人の一人として応援していきたい」

また、今回の解任劇が「屈辱的」なことであったかとの問いには、こう返した。

「屈辱的ではない。屈辱は誰かがそれを味わわせようとしているかに依存することではない。そうではなく、自分がどう受け入れるかだ。馬鹿げたこと含め、興味深い物言いもされていたが、私は誠実であろうとしたんだよ。私たちはプロフェッショナルで、誠実で、はっきりしていた。選手たちは私のニュースを聞いた後、この一週間で最も素晴らしい形で練習に取り組んだ。問題など何もなかった」

ロペテギ監督は、スペイン代表の選手たちとの間に亀裂がなかったことを主張している。

「しかし、じつにシュールな日だった。その中でもすばらしかったのは、選手たちが示してくれた経緯と愛情だ。それはプレゼントされるものではなく、私たちコーチ陣が勝ち取ったものだ」

ルビアレス会長は「ジュレンには違った形で物事を進めてほしかった」と発言していたが、そのことについて意見を求められたロペテギ監督は「ルビアレスには違った形で物事を進めてほしかった」と返答。また契約内容に対する不満からレアル・マドリー退団が噂されるFWクリスティアーノ・ロナウドについては、残留することを願った。

「彼は常に私のそばにいてほしい選手だ。世界最高の選手はレアル・マドリーにいる。そのことに疑いの余地はない」

この会見では、ロペテギ監督及びクラブの関係者が大勢出席していたが、ロペテギ監督が今回の解任劇に対して、自身の振る舞いの正当性を主張する度に大きな拍手が起こっていた。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. ◆朗報◆元浦和の日本代表DF(`~´)山田暢久フットサル教室で生存確認 (3348)
  2. ブスケツの将来の移籍候補に日本...ただし条件も (2934)
  3. Jリーグ伝説の5チーム。強力な布陣、憎らしいほどに強い...歴史に残る最強のクラブは? (1602)
  4. 【速報】浦和がセレッソ大阪FW杉本健勇の獲得に向けて交渉! (1557)
  5. 元ジュビロ選手らの傷害...被害者が語る"理不尽な暴行現場" (1494)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. 【悲報】柏レイソル、降格を喜んでるみたいな写真を使われる (8604)
  2. ◆朗報◆元浦和の日本代表DF(`~´)山田暢久フットサル教室で生存確認 (3348)
  3. 【悲報】11人対11人で始まったエスパルス対ヴィッセル、試合終了時には9人対9人になっていた (3132)
  4. ブスケツの将来の移籍候補に日本...ただし条件も (2934)
  5. ◆画像◆もう?ジェフ千葉の切り替えが早すぎると話題に! (2772)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「奇跡の回復M・サラー、ウルグアイ戦出場するぞ!監督が明言」です。

次のブログ記事は「日テレ関係者 「手越はW杯のメインキャスターを務めており、テーマソングはNEWSの新曲、もういまさら代えられない」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。