2026年W杯では出場国が48カ国、試合数も80に増えることが考慮され、W杯開催経験者である米国やメキシコを含む3カ国共催が選ばれたと考えられる。

なおFIFAの評価報告書ではインフラや運営面などにおいて合計500点満点で3カ国共催案を402.8点、モロッコ開催案を274.9点と評価。そのため3カ国共催は圧倒的優位とみられていたが、投票は予想通りの結果となった。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. サッカー17歳の久保が横浜Mへ FC東京から期限付き移籍 (2979)
  2. U―19日本代表 久保建英 横浜に電撃移籍 FC東京で出場機会恵まれず (1260)
  3. イニエスタが3年後にバルサ復帰?!バルトメウ会長が注目発言 (1062)
  4. 【画像】イニエスタ、道頓堀に現れるも誰も気づかず (675)
  5. 久保建英、横浜FMに電撃移籍 来年6月"解禁"のバルサ復帰も視野 (657)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. 【画像】イニエスタ、道頓堀に現れるも誰も気づかず (10089)
  2. 【画像】ヴィッセル神戸の格差をご覧ください (5013)
  3. 本田圭佑がカンボジア代表監督兼GMに就任! 選手との"二足のわらじ"へ (4275)
  4. サッカー17歳の久保が横浜Mへ FC東京から期限付き移籍 (3771)
  5. ◆悲報◆スカパー!相当溜まっていたのかDAZNに向かって吠えてしまう (3492)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「スペイン代表の監督は誰に?有力候補が2人挙がる」です。

次のブログ記事は「衝撃のスペイン代表監督解任...セルヒオ・ラモスら選手たちは反対か」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。