4月2日に浦和の監督に就任した大槻毅氏がその強面ぶりから「アウトレイジ」「組長」「総会屋」と呼ばれ、人気を呼んでいます。浦和はクラブワーストタイとなる開幕5戦未勝利だった堀孝史監督との契約を解除し、育成ダイレクター兼ユース監督を務めていた大槻氏を監督に昇格させました。立場は次の監督が決まるまでの暫定監督です。

監督初戦となったルヴァン杯での眼光の鋭さで話題となると、続くリーグ戦・仙台戦では試合中「やれよ、こけてんじゃねぇよお前」と自軍選手にピッチサイドからゲキを飛ばし、チームは1-0でリーグ初勝利を挙げた。

11日の神戸戦では、勝ち越し点を決め、喜ぶ選手たちがベンチ前に集まると「守備にいけ」と猛烈なゲキ。SNS上では強面っぷりと、熱すぎる態度から「アウトレイジ」「組長」などと呼ばれるようになりました。

浦和も大槻監督の強面人気を知ってか、15日には公式インスタグラムで陰影のついた迫力ありすぎる写真をアップしました。

3連勝を決めた試合では18歳の橋岡大樹が活躍。試合中には何度も足をつりながら、フル出場を果たしました。

試合後、大槻監督は橋岡のプレーについて「彼は走れます。前の試合でもスプリントを32回しました。ただ、32回のうち、10回くらいはポジションが悪いからスプリントが多くなるという話をしました。ただし、彼は走れますし、足がつっても走れます」と語りました。

強面や熱すぎるゲキの大槻監督ですが、2011年の仙台のヘッドコーチ時代には分析担当を務めるなど、対戦相手のデータを分析する手腕に定評がありました。

今回の監督就任で分析力に加え、モチベーターとしても高い能力を発揮。レッズファンの中には、このまま正式監督になってほしいとの声も上がっています。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. ◆悲報◆ジェフ千葉勝ったのにサポが居残り...GM呼び出し揉める(´・ω・`) (1737)
  2. J1、外国選手枠5人でまとまる (1080)
  3. 骨肉腫の元Jリーガー 約束のピッチへ (756)
  4. 日本代表の秘密兵器? 広島FWパトリック、帰化へ"日本語練習ノート"公開で反響 (585)
  5. 元バルサのアルダ、なんと懲役12年6ヶ月が求刑される (441)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. ◆悲報◆ジェフ千葉勝ったのにサポが居残り...GM呼び出し揉める(´・ω・`) (10377)
  2. ファンの皆様へ 弊クラブより重大なお知らせ | 鈴鹿アンリミテッドFC (4626)
  3. ルヴァン敗退の当日に、ツイッターバトルを開始した鹿島アントラーズ・西選手 (3987)
  4. 「負傷しかねない」酷評のJ本拠地、芝フワフワ (3366)
  5. 鹿島アントラーズの本拠地カシマスタジアムがここまで"モツ煮天国"だったとは【アウェイサポが禁断のホーム側初体験】 (3249)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「横浜FM、夏に新たな得点源獲得か。元ブラジルU-20代表FWにオファーと報道」です。

次のブログ記事は「イニエスタ、中国クラブと3年契約か...国王杯決勝後にバルサ退団発表へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。