「みんな、めっちゃ聞いてきますよ。クルピのこと。おれだけっすからね、ガンバでクルピとやったことがあるのは」。G大阪は昨季まで6年間指揮を執った長谷川健太監督が退任し、今季からブラジル人のレヴィー・クルピ監督を迎える。クルピと言えばかつてC大阪を率い、MF香川真司=現ドイツ1部ドルトムント=、MF乾貴士=現スペイン1部エイバル=ら若手の才能を開花させた攻撃サッカーの印象が強い。倉田も、その指導で花開いたひとりだ。

 昨季からG大阪で10番を背負い、ハリルホジッチ監督の日本代表にも名を連ねるようになった倉田。今や押しも押されぬG大阪の中心選手だが、2007年にユースからトップチームに昇格してからの3年間は、鳴かず飛ばずだった。当時のG大阪は中盤に遠藤、明神、橋本、二川と日本代表クラスの選手がそろい、若い倉田が与えられたチャンスは限られていた。

 出場機会を求め、倉田は10年、J2千葉に期限付き移籍し8ゴールを挙げる。翌11年はJ1への再チャレンジを決めるが、ここで選んだのが当時クルピ監督の率いるC大阪だった。少しでも出場機会が多いチームをと考えた結果、大阪のライバルチームへの期限付き移籍を選択し、ブラジル人指揮官と出会った。

 しかし当時のC大阪はMF乾、韓国代表MFキム・ボギョン(現柏)、さらに12年ロンドン五輪日本代表の司令塔を務めるMF清武の3人で、攻撃的MFのポジションは占められていた。

 「最初、(クルピに)言われましたもん。乾とキヨ(清武)とボギョンがいるからって」。当時のC大阪は、2列目の3人がポジションを入れ替えながらゴールを目指す"3シャドー"と呼ばれるシステムで戦っていた。倉田はレギュラー格の3人に、ポジション争いを挑む位置からスタート。2月の春季キャンプ、清武が負傷で出遅れる中、倉田は好調をアピールし続けた。

 「あの年はキャンプから調子がよかったんですよ。あと(日本人コーチに)言われてたし、最初が大事やって。クルピはメンバーをある程度、固定する傾向があるから、最初に15、6人の枠にまず入らないとあかんって。だから最初からかなり飛ばしていた。試合に出られたのは、キヨがけがしていたというところもあって、ですけどね」。

 キャンプでのアピールに成功し、倉田はこの年、開幕戦で先発のピッチに立つ。相手はG大阪。3シャドーの一角で先発すると、後半27分にボランチへとポジションを移し、1分後の同28分にJ1初ゴールとなる貴重な同点ゴールを決めた。試合は1―2で敗れたが"大阪ダービー"で結果を残した男は、レギュラーとして認められた。

 当時のクルピ監督から、倉田が口酸っぱく言われていたことは「とにかくシュートを打て」だった。

 「どんなにその試合でいいプレーをしても、シュートが0本やったらめっちゃ切れられるんですよ。とりあえず、前を向いたら打てと。あとシュートは(上に)ふかすな。ふかしたらぶち切れですよ。シュートはコースを狙って、きっちりと。そればっかり言われた。ゴールへの意識は、この1年でめっちゃ変わったと思う」

 攻撃的な選手には、とにかくパスよりシュートを強く意識させる。クルピ監督はこの指導で、香川の得点能力も開花させている。指揮官はこの年、清武が本調子を取り戻すと、キム・ボギョンをボランチで起用し、倉田を3シャドーのレギュラーで使い続けた。倉田も期待に応え、この年J1で自己最多の10ゴールをマークした。

 倉田はクルピがG大阪でも当時と同じく3シャドーを採用した場合「アデ(アデミウソン)とか合いそうですね。あと遙也(井出)とか」と適性のありそうな選手の名前を何人か挙げた。一方で自身は「おれは言われたところどこでも。チームが勝てるんやったら、どこでもやりますよ」とポジションにこだわらない考えを語った。

 倉田はクルピの元で才能を開花させた後、12年からG大阪に復帰。長谷川監督の下で守備のレベルも上げ、ボランチ、サイドMF、トップ下と複数のポジションで攻守に貢献できるオールラウンドなMFへと進化している。今の姿を見れば、クルピ監督も当時とは違う役割を与える可能性もある。

 「一緒にやったのはかなり前っすもんね。やり方は変わってるかもしれん。でも攻撃的なサッカーは目指すと思うんで。またやれるのは楽しみですよ。まさかガンバでやるとは思ってなかったけど」。

 昨季J1で10位と低迷したG大阪。チームの立て直しを誓う背番号10は、かつての恩師との再会を心待ちにしている。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. 【画像】元代表監督、岡田武史さんの現在wwwww (1917)
  2. 完敗でクルピ監督解任も 後任候補に宮本氏&手倉森氏 (1395)
  3. 丹羽大輝選手 FC東京へ完全移籍のお知らせ (1206)
  4. G大阪 J2東京V・DF畠中獲り 守備陣テコ入れで巻き返す (1026)
  5. 【G大阪】宇佐美の復帰が消滅 (972)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. 長谷部が腰を骨折!?とんねるず石橋が生放送で明かす (38439)
  2. 【画像】イングランドがクロアチアに破れた直後のロンドンの様子をご覧ください:キニ速 (9765)
  3. 【画像】クロアチア代表ラキティッチの嫁wywywywywywywywywywywywy (8910)
  4. 「トーレスのユニフォームが衝撃的」 鳥栖の"大胆価格設定"にスペイン紙が驚き (5967)
  5. 【画像】NHKでサッカーのキャスターを務める佐藤美希、大胆ショットで美バスト披露wwwww:キニ速 (5625)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「【Jリーグ】※ネタ※ 内田篤人と宮原和也ってどっちの方がイケメン!?」です。

次のブログ記事は「鶏肉のグリルが原因か...ドルトムント9選手ダウン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。