一時、黄金郷"エル・ドラード"と見られて誰彼なく中国へ向かった。一時、"エクソダス"という言葉が流行ったほどに。監督もコーチも選手もすべてが中国へ向かったが、アジアクォーター廃止によってバブルは完全になくなった。一方、中国が沈むと日本が浮かんだ。今や日本ラッシュが大勢だ。大勢の中心には成果がある。昨シーズンの日本Jリーグの1・2・3位チームの主戦GKは韓国GKだった。

このままなら2018シーズンに中国でプレーする韓国選手はクォン・ギョンウォンしかいない可能性が高い。最近、重慶力帆のチョン・ウヨンが実家チームのヴィッセル神戸に移籍した。残りの選手はクォン・ギョンウォン(天津)、キム・ギヒ(上海申花)、キム・ヨングォン(広州恒大)、キム・ジュヨン(河北)、ファン・イルス(延辺)、ホン・ジョンホ(江蘇)だが、クォン・ギョンウォン以外は皆新しいチームを探している。

ファン・イルスとホン・ジョンホの場合は国内復帰が有力で、キム・ギヒやキム・ヨングォン、キム・ジュヨンも移籍が有力である。
全員2017シーズンの開始前に突如下されたアジアクォーター廃止(従来の5人から3人に外国人選手を制限)で犠牲になったのは韓国選手だった。もちろん技量が他の外国人選手よりも優れていれば問題ないが、現在の中国リーグは外国人選手をヨーロッパビッグリーグの主戦級選手に巨額を払って連れてくるので、身代金競争自体が不可能だ。

結局、巨額の移籍金(約120億ウォン)を記録して中東から天津に移籍したクォン・ギョンウォンを除き、皆新しいチームを探すしかない。一時は10人余りで中国リーグの1/3くらいが韓国人監督で満たされていた中国の韓国サッカー愛は、監督の相次ぐ更迭、選手への外国人制限などによって急激にバブルがなくなった。

一方、中継権料市場が2兆に達して巨額の金ができた日本Jリーグで、韓国選手への愛が大きくなった。実際に成果も上げている。2017Jリーグ優勝チームの川崎フロンターレの主戦GKは水原三星でプレーしていたチョン・ソンリョンであり、2位チームの鹿島アントラーズも全北現代でプレーしていたクォン・スンテだ。クォン・スンテは負傷で12試合の出場に終わったが、元々の主戦GKはクォン・スンテだった。3位チームでありユン・ジョンファン監督が率いるセレッソ大阪の主戦GKはキム・ジンヒョンである。

その他にもリーグ9位チームのヴィッセル神戸の主戦GKはキム・スンギュ、11位のコンサドーレ札幌の主戦GKは延世大にいたク・ソンユンだ。上位1~3位チームの主戦GKがすべて韓国GKであり、実際の最小失点3位圏内に優勝チームの川崎と2位チームの鹿島がいたりする。

このように韓国GKは日本の最後方を引き受けて成功時代を切り拓き、それに対してすでに90年代後半~2000年序盤に続いたJリーグの韓国愛が再現され、最近浦項スティーラースの地元産得点1位(19ゴール)ヤン・ドンヒョンのセレッソ大阪進出、FCソウルのユン・イルロクの横浜移籍の他にも、様々な韓国選手が水面下でJリーグチームと接触している。

移籍市場の関係者によると「1~2月中に韓国選手のJリーグ移籍はさらに増える」として、「誠実で文化圏も似ている韓国選手への需要はJリーグで絶えない」と説明した。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. 【画像】元代表監督、岡田武史さんの現在wwwww (1917)
  2. 完敗でクルピ監督解任も 後任候補に宮本氏&手倉森氏 (1395)
  3. 丹羽大輝選手 FC東京へ完全移籍のお知らせ (1206)
  4. G大阪 J2東京V・DF畠中獲り 守備陣テコ入れで巻き返す (1026)
  5. 【G大阪】宇佐美の復帰が消滅 (972)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. 長谷部が腰を骨折!?とんねるず石橋が生放送で明かす (38439)
  2. 【画像】イングランドがクロアチアに破れた直後のロンドンの様子をご覧ください:キニ速 (9765)
  3. 【画像】クロアチア代表ラキティッチの嫁wywywywywywywywywywywywy (8910)
  4. 「トーレスのユニフォームが衝撃的」 鳥栖の"大胆価格設定"にスペイン紙が驚き (5967)
  5. 【画像】NHKでサッカーのキャスターを務める佐藤美希、大胆ショットで美バスト披露wwwww:キニ速 (5625)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「三浦知良が横浜FCと契約更新!プロ生活33年目に突入「どんな時もサッカーに全力」」です。

次のブログ記事は「【独占告白#3】宇佐美貴史が語る日本代表 「海外組から見下されている気がした」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。