一時、黄金郷"エル・ドラード"と見られて誰彼なく中国へ向かった。一時、"エクソダス"という言葉が流行ったほどに。監督もコーチも選手もすべてが中国へ向かったが、アジアクォーター廃止によってバブルは完全になくなった。一方、中国が沈むと日本が浮かんだ。今や日本ラッシュが大勢だ。大勢の中心には成果がある。昨シーズンの日本Jリーグの1・2・3位チームの主戦GKは韓国GKだった。

このままなら2018シーズンに中国でプレーする韓国選手はクォン・ギョンウォンしかいない可能性が高い。最近、重慶力帆のチョン・ウヨンが実家チームのヴィッセル神戸に移籍した。残りの選手はクォン・ギョンウォン(天津)、キム・ギヒ(上海申花)、キム・ヨングォン(広州恒大)、キム・ジュヨン(河北)、ファン・イルス(延辺)、ホン・ジョンホ(江蘇)だが、クォン・ギョンウォン以外は皆新しいチームを探している。

ファン・イルスとホン・ジョンホの場合は国内復帰が有力で、キム・ギヒやキム・ヨングォン、キム・ジュヨンも移籍が有力である。
全員2017シーズンの開始前に突如下されたアジアクォーター廃止(従来の5人から3人に外国人選手を制限)で犠牲になったのは韓国選手だった。もちろん技量が他の外国人選手よりも優れていれば問題ないが、現在の中国リーグは外国人選手をヨーロッパビッグリーグの主戦級選手に巨額を払って連れてくるので、身代金競争自体が不可能だ。

結局、巨額の移籍金(約120億ウォン)を記録して中東から天津に移籍したクォン・ギョンウォンを除き、皆新しいチームを探すしかない。一時は10人余りで中国リーグの1/3くらいが韓国人監督で満たされていた中国の韓国サッカー愛は、監督の相次ぐ更迭、選手への外国人制限などによって急激にバブルがなくなった。

一方、中継権料市場が2兆に達して巨額の金ができた日本Jリーグで、韓国選手への愛が大きくなった。実際に成果も上げている。2017Jリーグ優勝チームの川崎フロンターレの主戦GKは水原三星でプレーしていたチョン・ソンリョンであり、2位チームの鹿島アントラーズも全北現代でプレーしていたクォン・スンテだ。クォン・スンテは負傷で12試合の出場に終わったが、元々の主戦GKはクォン・スンテだった。3位チームでありユン・ジョンファン監督が率いるセレッソ大阪の主戦GKはキム・ジンヒョンである。

その他にもリーグ9位チームのヴィッセル神戸の主戦GKはキム・スンギュ、11位のコンサドーレ札幌の主戦GKは延世大にいたク・ソンユンだ。上位1~3位チームの主戦GKがすべて韓国GKであり、実際の最小失点3位圏内に優勝チームの川崎と2位チームの鹿島がいたりする。

このように韓国GKは日本の最後方を引き受けて成功時代を切り拓き、それに対してすでに90年代後半~2000年序盤に続いたJリーグの韓国愛が再現され、最近浦項スティーラースの地元産得点1位(19ゴール)ヤン・ドンヒョンのセレッソ大阪進出、FCソウルのユン・イルロクの横浜移籍の他にも、様々な韓国選手が水面下でJリーグチームと接触している。

移籍市場の関係者によると「1~2月中に韓国選手のJリーグ移籍はさらに増える」として、「誠実で文化圏も似ている韓国選手への需要はJリーグで絶えない」と説明した。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. ◆悲報◆ジェフ千葉勝ったのにサポが居残り...GM呼び出し揉める(´・ω・`) (1494)
  2. J1、外国選手枠5人でまとまる (1044)
  3. 骨肉腫の元Jリーガー 約束のピッチへ (576)
  4. 日本代表の秘密兵器? 広島FWパトリック、帰化へ"日本語練習ノート"公開で反響 (567)
  5. 元バルサのアルダ、なんと懲役12年6ヶ月が求刑される (423)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. ◆悲報◆ジェフ千葉勝ったのにサポが居残り...GM呼び出し揉める(´・ω・`) (10134)
  2. ファンの皆様へ 弊クラブより重大なお知らせ | 鈴鹿アンリミテッドFC (4626)
  3. ルヴァン敗退の当日に、ツイッターバトルを開始した鹿島アントラーズ・西選手 (3960)
  4. 「負傷しかねない」酷評のJ本拠地、芝フワフワ (3339)
  5. 鹿島アントラーズの本拠地カシマスタジアムがここまで"モツ煮天国"だったとは【アウェイサポが禁断のホーム側初体験】 (3249)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「三浦知良が横浜FCと契約更新!プロ生活33年目に突入「どんな時もサッカーに全力」」です。

次のブログ記事は「【独占告白#3】宇佐美貴史が語る日本代表 「海外組から見下されている気がした」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。