ブラジル戦に続いて左サイドで先発が濃厚なFW原口元気はベルギー戦を翌日に控え、「ポイントは守備」と簡潔に言い切った。ブラジル戦では高い位置からプレッシャーをかけたくても相手の高い技術にかわされ、連動したプレッシングができなかった。前から行くのか、引いてブロックを敷くのか。選手間の意思統一も取れず、前半はなすすべなく、一方的な展開で3失点し、ゲームの大勢が決してしまった。

「今までの相手にはそこまで(プレスを)はがされることもなかったけど、ブラジル戦ではそこをはがされた。そこは本当に緻密にやらないと難しい」。前日12日の紅白戦では控え組がベルギーを想定した3-6-1のシステムを組み、プレスのかけ方を確認した。「いつも以上にどう守るかというのはやってきたつもり。かなり長い時間、ディスカッションもした」。ピッチ内外でチーム内の意思統一を図ってきた。

 ハリルホジッチ監督は「いつハイプレスをかけるのか、いつ下がってブロックをつくるのか。それはゲームの状況が決める」と、ピッチ上の選手が試合の流れを読む必要性を説いた。原口も「試合中、コミュニケーションを取りながらやりたい。そこがポイントになる」と同意する。

「それこそ臨機応変に、話し合って解決しないといけない。ブラジル戦はハーフタイムまで解決策を見つけられなかった。それが前半のうちに解決できれば、僕らはもう一歩上に行ける」。守備がハマらなければ、日本が目指す縦に速い攻撃にもつながらない。ブラジル戦の教訓を生かし、世界トップレベルの相手に対抗する守備の手応えをつかめるか。ロシアでの成否を分ける一つの分水嶺にもなりそうだ。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. FC東京への不満吐露 FW大久保嘉人にJの古巣が熱視線 (2322)
  2. 成岡 翔選手の契約について (1818)
  3. 反町監督、来季も続投...強化担当交代などの条件受け入れられ決意 (1674)
  4. 菊地直哉選手 2017明治安田生命J1リーグ第34節サガン鳥栖戦出場可能のお知らせ | コンサドーレ札幌 (1620)
  5. 元ブラジル代表ロビーニョ、集団強姦罪で禁錮9年 伊裁判所 (1278)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. FC東京への不満吐露 FW大久保嘉人にJの古巣が熱視線 (8631)
  2. MALIA. 元Jリーガーのモデルと4度目の結婚を発表 (7857)
  3. J2福岡 異例の声明「身勝手なお願いと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが」 (7425)
  4. ◆画像◆川崎Fを密かに視察する鹿島強面大岩監督の前の人がホールドアップして完全に人質状態 (6876)
  5. ザスパ来季監督 元市立船橋高監督・布啓一郎氏就任へ (4680)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「長谷部はベルギー戦欠場へ、2日連続の別調整」です。

次のブログ記事は「ベルギーリーグとベルギー代表では...森岡「レベルが違う」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。