ハリルホジッチ監督はベルギー戦を「大きなテスト」とみなし、長所や弱点が見られる試合になると予想。また、メンバー編成に関しても2、3人を入れ替える可能性を認めながら、大きく選手を入れ替えることはないと語った。

さらに、10日に行われたブラジル戦ではあいまいとなってしまったブロックを作るのか、ハイプレスを仕掛けるのかということにも言及。指揮官は「選手たちにも同じような質問をされました」と話してこのように答える。

「いつハイプレスをかけるのか、いつ下がってブロックを組み立てるのか、それはゲームの状況から決まります。ハイプレスをかけるのか、ミドルブロックを作るのか、ローブロックを作るのか。それは私がここで作りなさいということではなく、状況に合わせて作るものです。つまりブロックはハイプレス、ミドルブロック、ローブロックと3つありますが、それは自分たちが決めるものではなく、相手を見ながら状況によって形成するものです」

また、ハリルホジッチは自身に対する批判的な声にしっかりと"反応"している。ブラジル戦の後半に満足する発言をしていた指揮官には、「ブラジルがペースを落としていただけ」と日本を評価する声はなかなか届かない。しかし、ハリルは「後半の日本を誇りに思います」と話し、高く評価する。

「その試合の前にブラジルの試合を12~15試合チェックしていましたけれど、この前の日本が作ったように多くの決定機を作ったチームはありませんでした。アルゼンチンもそこまでチャンスを作っていませんでした。日本のこの前の後半のパフォーマンスを過小評価している方がいたとしても、私は戦術的に、メンタル的に、さらにプレーのクオリティの部分で満足できるものがありました。が、不運なことに得点を決められませんでした」

「後半、我々は本当に偉業を成し遂げるチャンスがあった試合だったと思います。日本が活躍して、後半3点を取って、3-3になったとしても、ブラジルが後半落としたと言われてしまうかもしれませんが、私はブラジル戦のハーフタイムに選手たちにまず『1点取りに行こう』と伝えました。1点取れれば、2点目3点目が必ず取れると言いました。無効になった得点は非常に微妙な判定だったと思います」


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. FC東京への不満吐露 FW大久保嘉人にJの古巣が熱視線 (2322)
  2. 成岡 翔選手の契約について (1818)
  3. 反町監督、来季も続投...強化担当交代などの条件受け入れられ決意 (1674)
  4. 菊地直哉選手 2017明治安田生命J1リーグ第34節サガン鳥栖戦出場可能のお知らせ | コンサドーレ札幌 (1620)
  5. 元ブラジル代表ロビーニョ、集団強姦罪で禁錮9年 伊裁判所 (1278)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. FC東京への不満吐露 FW大久保嘉人にJの古巣が熱視線 (8631)
  2. MALIA. 元Jリーガーのモデルと4度目の結婚を発表 (7857)
  3. J2福岡 異例の声明「身勝手なお願いと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが」 (7425)
  4. ◆画像◆川崎Fを密かに視察する鹿島強面大岩監督の前の人がホールドアップして完全に人質状態 (6876)
  5. ザスパ来季監督 元市立船橋高監督・布啓一郎氏就任へ (4680)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「三菱養和SC中村、リーズの練習参加へ U17W杯で4戦4発」です。

次のブログ記事は「長谷部はベルギー戦欠場へ、2日連続の別調整」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。