来年のW杯ロシア大会の組み合わせ抽選で、日本は第4ポットに入ることが濃厚となった。12月1日にモスクワで行われる抽選は、従来通りに出場32チームを上位から順に4つのポットに分け、実力に偏りがないようにした上で行われる。各大陸予選を含む10月の国際Aマッチが10日に終了。ポット分けに適用される16日発表のFIFAランクを、日刊スポーツがひと足早く算出してみた。

 各大陸でW杯出場チームが決まってきた。日本を含めロシア切符を手にしたのは計23チーム。ドラマチックなアルゼンチンなどとは対照的に日本は10日、W杯に出場しないハイチと3-3で引き分ける大凡戦だった。ハリルホジッチ監督は11日も東京・JFAハウスに出勤し、スタッフ会議に出席。帰り際「よく寝られなかった」と、前夜の怒りで寝不足だとこぼした。

 おぼろげながら大会の輪郭がみえてきた。日本の命運を大きく左右する抽選は12月1日。事前のポット(P)分けは、基本的に10月の2試合の結果を受けたFIFAランクに基づいて決まる。最新ランクをひと足早く算出してみると、シードの第1Pは開催国ロシアを含む8チーム。順に上位から第2、第3、第4と出場32チームが4つに分けられる。日本は第4Pが濃厚となった。

 ただし、日本よりランクが下のチームが本大会に8チーム出場した場合のみ、第3Pに滑り込むことができる。(1)欧州プレーオフをギリシャが突破(2)大陸間プレーオフをホンジュラスが制す(3)同プレーオフをニュージーランドが制す(4)アフリカ予選D組でセネガルが敗退、この4つの難条件が同時"クリア"されなければならない。そんな奇跡が起きて第3Pに入れば、実力で同等以下も多い第4Pのチームと同組となり、チャンスは拡大する。

 ただし、現実的に第4Pが濃厚。実力、ランキング通り、日本のW杯での躍進は、上位を食う第4Pからの"下克上"によって実現することになる。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. 鳥栖ファン感の水野晃樹が凄いことになっていると話題に! (7443)
  2. ◆悲報◆浦和レッズ、柏木と槙野がまたも指揮官の采配に介入、マウリシオと長澤外しを進言か (3735)
  3. 市川大祐引退試合 出場選手決定のお知らせ (3195)
  4. 宮原、去就に揺れる心 契約延長残留か広島復帰か (3006)
  5. 2018J1参入プレーオフ 大会方式および試合方式について (2781)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. ◆画像◆驚愕!大宮オフィシャルショップ1日店長の大前元紀さんの顔の丸さが前俊以上で草 (8649)
  2. 鳥栖ファン感の水野晃樹が凄いことになっていると話題に! (7443)
  3. 桐谷美玲「激ヤセ」の裏に略奪されたサッカー選手の存在 (5733)
  4. ◆悲報◆FC東京が負けたときこそ面白いと言われた珍応援番組『FC東京魂』番組終了 (4293)
  5. ◆悲報◆浦和レッズ、柏木と槙野がまたも指揮官の采配に介入、マウリシオと長澤外しを進言か (3735)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「杉本健勇、逆転得点王「全然あきらめてない。むしろ絶対取りたい」」です。

次のブログ記事は「久保建英、不発 仏に個人技通用もフィジカル差露呈」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。