ハリルホジッチ監督が代表スタッフに対して"3連ミーティング"宣言をした。ハイチに3-3で終わった指揮官は前夜、代表スタッフに「明日も、明後日も、3日後もミーティングを行う」と通達。ハイチ戦の選手パフォーマンスに憤りを隠さない指揮官が、ロシアW杯に向けてアピールをした2試合を徹底的に分析する。

 このままではいられない。ドローに終わったハイチ戦。ハリルホジッチ監督の動きは速かった。日頃から、都内の日本協会内で仕事をしている指揮官だが、試合の結果を受けて代表スタッフたちに対して連日のミーティングを行う旨を通達。「今日も、明日もあさってもミーティングです」と苦笑いするスタッフたちが都内の協会内に集結した。

 徹底検証する。ハイチ戦後「われわれがこのような試合をみせてしまって、分析するのが難しい試合になった」。主に国内組の新戦力発掘をテーマとして取り組んだニュージーランド、ハイチとの親善試合では2試合で先発9人が異なる布陣を送り出し、代表デビューとなったDF車屋を含めて、多くの人数を実戦テストした。

 だが、ニュージーランドには勝利したものの、能動的な崩しの部分で苦慮。ハイチ相手には「定期的に出ていないメンバー」(ハリルホジッチ監督)の低調さが際立ち「(日本代表の)監督になってから最低の試合」だった。試合後のロッカールームでは「いつも以上にキレていた」という選手の証言に表れるように、厳しい言葉を投げかけ続けた。

 W杯本大会に向けて選手の見極めを公言していた指揮官は、連日のスタッフミーティングを経て、どんな結論を下すのか。場合によっては、3日連続では収まらない可能性もある。次回、代表が集まる11月にはハリルホジッチ監督が「世界の2強」と位置づけるブラジル、ベルギーを相手に、欧州を舞台に対戦。凡戦に荒ぶる指揮官が選ぶ精鋭だけが、その挑戦権を得る。選別は着々と進んでいる。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. 【悲報】J1鹿島さん全部勝ち進んだ場合のリーグ最終節までの日程 (819)
  2. 横浜FM、初のJ2降格危機に内紛勃発!?監督と選手間で... (747)
  3. なぜ、神戸は世界的戦術家のリージョ氏を招へいしたのか?三浦SDがその意図を説明 (549)
  4. 森保監督"世界のトレンド"学ぶ 24日ロンドンで勉強会参加へ (297)
  5. リージョ、最後に率いたA・ナシオナルではファンの批判で辞任...同チームDF「彼がいればリベルタドーレス戦っていた」 (279)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. 北澤豪(元日本代表)の解説への不満88.4%。ネット時代の実況解説は「裏実況」から新時代へ (8433)
  2. 横浜FM、初のJ2降格危機に内紛勃発!?監督と選手間で... (6894)
  3. 天皇杯の組合せが決定!!鹿島の過密スケジュールがヤバ過ぎる...!! (4743)
  4. U-17日本代表スタメンの半分がアフリカ系 (4572)
  5. ロシアW杯決勝乱入の反体制派、毒を盛られ重症か。視力失い言葉話せず (4509)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「◆画像◆トランプは高校時代イケメンサッカー部員だったんだぜ??」です。

次のブログ記事は「香川"本職"より4―1―4―1布陣支持「バランス取れてる」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。