ハリルホジッチ監督が強豪のブラジル、ベルギーに挑む欧州遠征でDF内田篤人の起用を考えていることが分かった。関係者によると、招集の可能性がある文書を所属クラブに送ることが確実だという。3―3で終わったハイチ戦は2点リードから3失点。メンバーの大幅入れ替えを示唆した指揮官は約2年8か月ぶりに内田を呼び、18年ロシアW杯に向けて足場を固める。

 ハリル監督が不合格を突きつけたメンバーに代わり、11月の欧州遠征でDF内田を招集する可能性が出てきた。代表関係者によると、国際親善試合ニュージーランド戦、ハイチ戦でも「内田(の所属クラブ)には(招集の可能性を記した)レターを送っていた」と明かした。その上で「この2試合で結果を出せなかった。11月も招集候補に挙がるのは間違いない」と断言した。

 今回の2試合で、ハリル監督はDF植田(鹿島)、GK中村(柏)を除く22人を試したが、収穫は2得点のMF倉田(G大阪)くらい。2点をリードしながら3―3に終わったハイチ戦後、怒り心頭。会見で「長年監督をしているが、こんな試合は見たことがない」と酷評。ロッカールームでは「こんな内容では次の試合(欧州遠征)のメンバーに残らない選手の方が多い」と突き放した。

 メンバーの再考で、まず注目されるのが内田だ。15年6月に右膝を手術。長いリハビリを経て、今季ドイツ1部シャルケ04から2部ウニオン・ベルリンに移籍し、9月10日のデュッセルドルフ戦でリーグ戦に復帰した。今回は若手、国内組のテストを優先したため代表への招集は見送られたが、持ち味の戦況を見極める判断力、1対1など勝負に徹するプレーはハリル・ジャパンに必要な要素だ。

 内田は10年南アフリカ、14年ブラジル大会と2度のW杯でメンバー入り。シャルケ04時代のCL出場を含め、豊富な国際経験は日本を支える力になる。15年3月のウズベキスタン戦以来、約2年8か月ぶりとなる代表復帰の実現には、11月までに多くの試合に出場し、復活を印象づけるのが条件。ハリル監督は弱点の1つ、手薄なサイドバックの修正を内田で解消できるか。決断が注目される。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. 鳥栖ファン感の水野晃樹が凄いことになっていると話題に! (6255)
  2. ◆悲報◆浦和レッズ、柏木と槙野がまたも指揮官の采配に介入、マウリシオと長澤外しを進言か (3735)
  3. 市川大祐引退試合 出場選手決定のお知らせ (2961)
  4. ◆画像◆驚愕!大宮オフィシャルショップ1日店長の大前元紀さんの顔の丸さが前俊以上で草 (2160)
  5. 宮原、去就に揺れる心 契約延長残留か広島復帰か (2142)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. ◆画像◆驚愕!大宮オフィシャルショップ1日店長の大前元紀さんの顔の丸さが前俊以上で草 (8388)
  2. 鳥栖ファン感の水野晃樹が凄いことになっていると話題に! (6255)
  3. 桐谷美玲「激ヤセ」の裏に略奪されたサッカー選手の存在 (5607)
  4. ◆悲報◆FC東京が負けたときこそ面白いと言われた珍応援番組『FC東京魂』番組終了 (4230)
  5. ◆悲報◆浦和レッズ、柏木と槙野がまたも指揮官の采配に介入、マウリシオと長澤外しを進言か (3735)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「盲点になりがちなクラブとしての魅力。観客動員復権のヒントとは?【Jに魅せられて/浦和レッズ編・前編】 [J論]」です。

次のブログ記事は「ハリル監督、選手に怒「裏切られた」次戦で欧州組新戦力招集か」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。