清水が牛肉パワーでダービーを勝ち抜く。クラブスポンサーの株式会社シズオカミートが激励のため三保を訪れ、しずおか和牛10キロと食肉加工品をチームに贈呈。同社の青野博志社長はさらに、今季の残り試合でゴールした選手に牛肉を贈る考えを明かした。

 ニンジンならぬ"ビーフ作戦"の第2弾だ。前節の大宮戦に勝った場合は全選手、監督、スタッフそれぞれに「黒毛和牛1キロ」(総額70万円相当)が贈られる予定だったが、結果はドロー。同社長は「絶対勝っていただきたい。我々は肉で応援します」と14日の磐田戦で白星を奪えば同じ量の肉をチームにプレゼントする。

 また今季の残り6戦でゴールした選手には別に、しずおか和牛1キロを贈呈。鄭大世が「パワーにつながります。たっぷり食べたい」と言えば、金子も「スタッフさんも肉を欲しているので、勝ち点3を取ってみんなで分けたい」と宣言。FW陣が目の色を変えた。

 この日はミニゴールを用いた紅白戦形式など、約2時間調整してダービーに備えた。「注目してもらえるのはうれしい。勝たんといかん」と小林伸二監督。宿敵を下し、とろける肉に舌鼓を打つ。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. 【悲報】J1鹿島さん全部勝ち進んだ場合のリーグ最終節までの日程 (819)
  2. 横浜FM、初のJ2降格危機に内紛勃発!?監督と選手間で... (747)
  3. なぜ、神戸は世界的戦術家のリージョ氏を招へいしたのか?三浦SDがその意図を説明 (549)
  4. 森保監督"世界のトレンド"学ぶ 24日ロンドンで勉強会参加へ (297)
  5. リージョ、最後に率いたA・ナシオナルではファンの批判で辞任...同チームDF「彼がいればリベルタドーレス戦っていた」 (279)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. 北澤豪(元日本代表)の解説への不満88.4%。ネット時代の実況解説は「裏実況」から新時代へ (8433)
  2. 横浜FM、初のJ2降格危機に内紛勃発!?監督と選手間で... (6894)
  3. 天皇杯の組合せが決定!!鹿島の過密スケジュールがヤバ過ぎる...!! (4743)
  4. U-17日本代表スタメンの半分がアフリカ系 (4572)
  5. ロシアW杯決勝乱入の反体制派、毒を盛られ重症か。視力失い言葉話せず (4509)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「代表外れた本田の危機感「世代交代失敗してる」持論」です。

次のブログ記事は「アメリカが痛恨の敗戦で8大会ぶりの予選敗退 パナマが大逆転で悲願のW杯初出場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。