ユップ・ハインケス氏を新監督に迎えたバイエルン・ミュンヘンだが、来夏にはトーマス・トゥヘル氏を招へいする可能性が残っているようだ。カール=ハインツ・ルンメニゲCEOが同人事についてコメントしている。

先日カルロ・アンチェロッティ氏に解任を言い渡したバイエルンだが、その後任として最有力と見られていたのは現在フリーのボルシア・ドルトムント前監督トゥヘル氏だった。しかし、クラブは監督業からの引退を告げていたハインケス氏を招へいするといった選択を取り、ドイツサッカー界を驚かせた。

トゥヘル氏とは交渉に入っていたが、プレースタイルやクラブの方針などにおいて話がまとまらず、バイエルンのフロントは最終的には同氏の就任を見送ったとも報じられている。そして、今シーズンンいっぱいの契約を前提に4度目の就任を受け入れたハインケス新監督だが、来夏には現ホッフェンハイム監督のユリアン・ナーゲルスマンにバトンを渡す可能性が既定路線とされているところだ。

しかし、ルンメニゲCEOはトゥヘル氏を次期監督に迎える可能性について「除外することはない」と言及。「だが我々は年内にはこれに関しての質問はもう答えないことを決めた」と具体的なコメントは控えるも、否定的ではなかった。

一方、ハインケス新監督は自身の後任について「彼らは夏までに適切なドイツ人指揮官を雇うための時間を得た。(ドイツ人であることは)我々には優秀で若い監督がいるので、私はそう希望している。彼らはバイエルンを率いるのに値すると思う。ただ、バイエルンは彼らが今まで指揮を執っていたチームに比べては別格だがね」とも語っている。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. 【悲報】J1鹿島さん全部勝ち進んだ場合のリーグ最終節までの日程 (972)
  2. 横浜FM、初のJ2降格危機に内紛勃発!?監督と選手間で... (756)
  3. なぜ、神戸は世界的戦術家のリージョ氏を招へいしたのか?三浦SDがその意図を説明 (549)
  4. 森保監督"世界のトレンド"学ぶ 24日ロンドンで勉強会参加へ (297)
  5. リージョ、最後に率いたA・ナシオナルではファンの批判で辞任...同チームDF「彼がいればリベルタドーレス戦っていた」 (288)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. 北澤豪(元日本代表)の解説への不満88.4%。ネット時代の実況解説は「裏実況」から新時代へ (8451)
  2. 横浜FM、初のJ2降格危機に内紛勃発!?監督と選手間で... (6903)
  3. 天皇杯の組合せが決定!!鹿島の過密スケジュールがヤバ過ぎる...!! (4752)
  4. U-17日本代表スタメンの半分がアフリカ系 (4581)
  5. ロシアW杯決勝乱入の反体制派、毒を盛られ重症か。視力失い言葉話せず (4509)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「韓国代表、モロッコに完敗で親善試合2連敗...アジア最終予選から6試合勝利なし」です。

次のブログ記事は「代表外れた本田の危機感「世代交代失敗してる」持論」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。