5月に韓国で行われるU―20W杯に出場するU―20日本代表21人の選考が、複数のポジションをこなせるユーティリティー性を重視することが分かった。メンバー発表は5月上旬で、FC東京U―18のFW久保建英はFWと攻撃的MFをこなす万能性も評価され、2段階の飛び級選出が有力視される。

 日本協会関係者は「この代表には複数のポジションをできる選手が多いのが強み」と明かした。A代表や五輪代表に比べてU―20世代は対戦相手の情報量が少ないため、引き出しを増やすことが勝敗のカギを握る。久保は基本的にFWだが、クラブやU―17代表では2列目の右サイドハーフでもプレー。久保以外にもDF初瀬やDF冨安ら高い万能性を持つ選手をそろえることで、未知数の相手に戦術や布陣を変更して即座に対応する狙いだ。

 協会関係者によると、GKは3人招集する予定。A代表など23人を呼べる場合はGKを3人選ぶが、五輪世代や育成年代など21人の場合、GKを2人に減らすことも少なくない。GK3人制はフィールドプレーヤーが1人減るデメリットもあるが、高い万能性を持つ選手をそろえられるため支障はなくなる。

 また、韓国出発前の静岡合宿(5月11~16日予定)中に、W杯出場国のU―20ホンジュラス代表と練習試合を予定していることも判明した。ホンジュラスは米国に次ぐ北中米2位で2大会連続7回目の出場権を獲得。リオ五輪では4位に入るなど、育成年代は力をつけてきている。W杯に出場するアフリカ勢との対戦も調整している。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. リスクを冒さぬ退屈な日本のサッカーを、圧倒的なパワーで変革する。 いわきFCが巻き起こすフィジカル革命 (4104)
  2. G大阪パトリック広島移籍、功労者にお別れイベント (2322)
  3. マルセロを大宮アルディージャに送った済州チョ・ソンファン監督「最後まで一緒にしようと言ったのだが...」 (1998)
  4. 韓国メディア「ウィジョ、ボギョン、マルセロ、スンヒョン、ヒョンス...なぜ再びJリーグラッシュ?」 (1503)
  5. G大阪、堂安律がオランダ1部フローンニンゲン移籍 (1161)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. ◆画像◆鹿島前監督の石井ちゃん、一般人みたいに鹿島ゴール裏で応援しててワロタwww (19269)
  2. マルセイユ酒井に"超残酷な大ナタ"! 仏メディアも呆れ気味「真の成功を収めた彼に相応しくない」 (11268)
  3. 長谷部誠、妻・佐藤ありささんと女優・桐谷美玲さんとの3ショット公開!「とんでもない遠近法」と自虐 (9702)
  4. 三浦知良が「13年別居」を直撃した記者を圧倒 "キング"対応がカッコよすぎる (8712)
  5. 新潟の助っ人FWは、なぜ「ド派手ヘアー」に?美容師が明かしたワケが泣ける (8541)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「ハリル監督秘策!6・7シリア戦で「欧州組リハビリ」出場機会減の本田、岡崎ら先発9人」です。

次のブログ記事は「MF小野「やっと対戦できる時が来た」...22日古巣・浦和と6年ぶり激突」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。