レアル・マドリードに敗れたバイエルン・ミュンヘンの複数選手が猛烈抗議。延長戦でのR・マドリードの2得点がオフサイドだったとして試合終了後に3選手が審判の控室へ詰めより複数の警官が事態の制止に入る騒ぎになったという。スペインのテレビ局アンテナ3の番組で記者が明かした。情報によるとMFチアゴ・アルカンタラ、FWレバンドフスキ、MFビダルが激高して審判団の部屋に入って自分たちの見解を示したという。

 主な主張は延長戦に入ってからR・マドリードFWクリスティアノ・ロナウドが決めた2ゴールがオフサイドだったというもの。ほかにビダルが2枚目のイエローカードを受けて退場したシーンは反則ですらなく、逆にR・マドリードMFカゼミロは退場になるべきだったなど複数の不可解な判定があったとしている。

 またバイエルンの控え選手たちは前述の得点シーンを説明するため携帯電話を手に第4審判に抗議した。アンチェロッティ監督は試合後の会見で「このレベルまでくればより高いレベルの審判が担当しなければならない。今日の彼らの判断は我々に対し(不当に)ダメージを与えた」と憤りを示した。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. 鳥栖ファン感の水野晃樹が凄いことになっていると話題に! (5265)
  2. 2018J1参入プレーオフ 大会方式および試合方式について (4068)
  3. 宮原、去就に揺れる心 契約延長残留か広島復帰か (3384)
  4. 【横浜FM】中澤「サッカー選手としての集大成。全て出し切る」公言通り来季がラスト (1728)
  5. ハリル監督、W杯後退任を表明 (1674)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. 鳥栖ファン感の水野晃樹が凄いことになっていると話題に! (9189)
  2. ◆画像◆驚愕!大宮オフィシャルショップ1日店長の大前元紀さんの顔の丸さが前俊以上で草 (8919)
  3. ◆悲報◆FC東京が負けたときこそ面白いと言われた珍応援番組『FC東京魂』番組終了 (4473)
  4. 2018J1参入プレーオフ 大会方式および試合方式について (4068)
  5. ◆悲報◆浦和レッズ、柏木と槙野がまたも指揮官の采配に介入、マウリシオと長澤外しを進言か (3735)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「なぜ海外メディアは「スシボンバー」を使いたがるのか?ドイツ人記者の見解は...」です。

次のブログ記事は「DF遠藤、応援歌出来てモチベーション向上」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。