U―20日本代表候補FW小川航基が千葉との練習試合で2得点を挙げ、東京五輪世代のエースの貫禄を見せた。1本目の8分に先制点を挙げると、2本目の19分には2点目をマーク。4―1の快勝に導いた。Jリーグ最年少得点を挙げたFW久保建英らが存在感を強める中、5月上旬に予定されているU―20W杯の最終メンバー発表前、最後の実戦で結果を残した。

 「主役はオレだ」と言わんばかりの2得点だった。本大会メンバー発表前最後の実戦で結果を残した小川は「FWとしてゴールできたことは自信になる。U―20W杯は自分の名前を世界に知ってもらういい機会。最後の最後までアピールを続けたい」と胸を張った。

 1本目の8分、前に出ていた相手GKの隙を突き、ゴール正面25メートルの位置からミドルシュートを叩き込んだ。2本目の19分には「1本目終了後に千葉のスタイルが分かったので、こういう動きをするから出してくれと伝えていた」とDF町田のロングフィードに抜け出し、GKとの1対1を落ち着いて制した。「海外相手ではどんな戦い方をしてくるか分からない。修正力が大事になる」と言うように"世界仕様"で奪った得点だった。

 この日、2本目で2トップを組んだ鳥栖FW田川は8日の新潟戦でJ1初ゴールをマークし、さらに15日のJ3・C大阪U―23戦では、久保が15歳10か月11日でJリーグ最年少得点を挙げた。「同じ代表の選手は意識するし、気になる。負けてられないという気持ちが強くなった」。今季、クラブではリーグ戦2試合、計40分の出場で無得点と結果は出ていなかったが、昨年より体脂肪を約3%、体重も約3キロ落とし、肉体改造に成功。「体のキレが増してきた」と本番への不安を一掃した。

 本大会まで約1か月。昨年10月のU―19アジア選手権では3得点を挙げて優勝に導くなど、東京五輪世代の中心として引っ張ってきた男は「世界大会は自分の財産になる。ワクワク感が強くなってきている」。2020年をエースで迎えるためにも、07年カナダ大会以来10年ぶりの大舞台で日本を勝利に導く。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. 【移籍情報】柿谷がG大阪行きを決断。完全移籍か、間もなく正式発表へ (4986)
  2. 【悲報】GK川島「壁は飛ばなくていいって話し合ったのにみんな勝手にジャンプした」 (4878)
  3. 【画像】本田圭佑さん、浅野と一緒にジャガーポーズwww (3402)
  4. 「大迫、ハンパないって!」発言の滝川二・中西隆裕主将の今 (3123)
  5. 「ハンドで退場は日本に最大限行為的」「ルール改正で三重罰はなくなったのに、相当心象が悪かった」(サッカーライター)ではなく競技規則通りの判定【審判批評コラム】 (2052)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. 【画像】本田圭佑さん、浅野と一緒にジャガーポーズwww (18459)
  2. 【驚愕】ロシア戦惨敗のサウジ、3選手に処罰宣告 (15309)
  3. 【悲報】GK川島「壁は飛ばなくていいって話し合ったのにみんな勝手にジャンプした」 (12897)
  4. 足立梨花さん、インスタでブチ切れwwwwwwww (9747)
  5. ◆悲報◆G大阪FW飯野亮太郎、地震圏外韓国から不謹慎な投稿してしまう(ハタチ初日がこの地震で、逆に思い出深いものになりました!) (7929)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「GK加藤順が完封宣言「2万ゴール目も取られないように」」です。

次のブログ記事は「小川U20W杯へGO砲2発!J最年少ゴール・久保に刺激」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。