U―20日本代表候補FW小川航基が千葉との練習試合で2得点を挙げ、東京五輪世代のエースの貫禄を見せた。1本目の8分に先制点を挙げると、2本目の19分には2点目をマーク。4―1の快勝に導いた。Jリーグ最年少得点を挙げたFW久保建英らが存在感を強める中、5月上旬に予定されているU―20W杯の最終メンバー発表前、最後の実戦で結果を残した。

 「主役はオレだ」と言わんばかりの2得点だった。本大会メンバー発表前最後の実戦で結果を残した小川は「FWとしてゴールできたことは自信になる。U―20W杯は自分の名前を世界に知ってもらういい機会。最後の最後までアピールを続けたい」と胸を張った。

 1本目の8分、前に出ていた相手GKの隙を突き、ゴール正面25メートルの位置からミドルシュートを叩き込んだ。2本目の19分には「1本目終了後に千葉のスタイルが分かったので、こういう動きをするから出してくれと伝えていた」とDF町田のロングフィードに抜け出し、GKとの1対1を落ち着いて制した。「海外相手ではどんな戦い方をしてくるか分からない。修正力が大事になる」と言うように"世界仕様"で奪った得点だった。

 この日、2本目で2トップを組んだ鳥栖FW田川は8日の新潟戦でJ1初ゴールをマークし、さらに15日のJ3・C大阪U―23戦では、久保が15歳10か月11日でJリーグ最年少得点を挙げた。「同じ代表の選手は意識するし、気になる。負けてられないという気持ちが強くなった」。今季、クラブではリーグ戦2試合、計40分の出場で無得点と結果は出ていなかったが、昨年より体脂肪を約3%、体重も約3キロ落とし、肉体改造に成功。「体のキレが増してきた」と本番への不安を一掃した。

 本大会まで約1か月。昨年10月のU―19アジア選手権では3得点を挙げて優勝に導くなど、東京五輪世代の中心として引っ張ってきた男は「世界大会は自分の財産になる。ワクワク感が強くなってきている」。2020年をエースで迎えるためにも、07年カナダ大会以来10年ぶりの大舞台で日本を勝利に導く。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. リスクを冒さぬ退屈な日本のサッカーを、圧倒的なパワーで変革する。 いわきFCが巻き起こすフィジカル革命 (4104)
  2. G大阪パトリック広島移籍、功労者にお別れイベント (2322)
  3. マルセロを大宮アルディージャに送った済州チョ・ソンファン監督「最後まで一緒にしようと言ったのだが...」 (1998)
  4. 韓国メディア「ウィジョ、ボギョン、マルセロ、スンヒョン、ヒョンス...なぜ再びJリーグラッシュ?」 (1503)
  5. G大阪、堂安律がオランダ1部フローンニンゲン移籍 (1161)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. ◆画像◆鹿島前監督の石井ちゃん、一般人みたいに鹿島ゴール裏で応援しててワロタwww (19269)
  2. マルセイユ酒井に"超残酷な大ナタ"! 仏メディアも呆れ気味「真の成功を収めた彼に相応しくない」 (11268)
  3. 長谷部誠、妻・佐藤ありささんと女優・桐谷美玲さんとの3ショット公開!「とんでもない遠近法」と自虐 (9702)
  4. 三浦知良が「13年別居」を直撃した記者を圧倒 "キング"対応がカッコよすぎる (8712)
  5. 新潟の助っ人FWは、なぜ「ド派手ヘアー」に?美容師が明かしたワケが泣ける (8541)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「GK加藤順が完封宣言「2万ゴール目も取られないように」」です。

次のブログ記事は「小川U20W杯へGO砲2発!J最年少ゴール・久保に刺激」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。