インドネシア1部ペルシブ・バンドンに加入した元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンと元イングランド代表FWカールトン・コールの2人は、"不法移民"として投獄される可能性もあるという。

 今季のインドネシアリーグには、欧州で活躍したスター選手の加入が相次いでおり注目されている。チェルシーで長年プレーしたエッシェンと、チェルシーの下部組織出身でありウェスト・ハムなどで長くプレーしたコールの2人は新天地でチームメートとなった。他にも元ナイジェリア代表のFWピーター・オデムウィンギー、リバプールやユベントスなどでプレーしたマリ代表のMFモハメド・シッソコもインドネシアに渡っている。

 エッシェンとコールは現地時間の15日に行われたリーグ開幕戦に出場し、インドネシアでのデビューを飾った。だが両選手は、この試合に出場した時点で、インドネシアでプレーするために必要な労働許可を取得していなかった。クラブは手続きが間に合わなかったことを認めているという。

 このことがインドネシアの厳格な移民法に抵触し、両者が罰せられる可能性もあるとみられている。罰則は最大で罰金30万ポンド(約4100万円)および禁固5年間と定められているという。

 ペルシブ・バンドンの監督は、エッシェンとコールが罰せられるとすれば不当なことだと訴えた。「彼らはインドネシアの名前を世界に向けて高めたいと望んでくれている。エッシェンがワールドクラスの選手であることは誰もが知っている。不法移民ではない」とコメントしている。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. 韓国GKのJリーグ流出が深刻、オ・ジェソク曰く"各チームのスカウトすべてが韓国GKの補強を狙っているという話" (6210)
  2. ガンバ大阪のナチス親衛隊旗が完全アウトな件 (3897)
  3. 本田圭佑Jリーグ復帰へ 某クラブ幹部が接触告白 (3411)
  4. 柴崎、テネリフェ退団へ 出場機会恵まれず契約満了の今夏にも鹿島復帰浮上 (3042)
  5. 本田圭佑Jリーグ復帰へ 某クラブ幹部が接触告白 (2196)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. ガンバ大阪のナチス親衛隊旗が完全アウトな件 (87084)
  2. ガンバ大阪サポーターのナチス親衛隊SS旗はクラブからの指導を無視して使い続けていた模様 (39636)
  3. ◆悲報◆G大阪ゴール裏コールリーダーも含め5年前から警告されたにも関わらず"SS"マークを使っていたことが判明 (14283)
  4. ◆画像◆スタが小さすぎてチケット買えない浦和サポによる怒りのナクスタ改修案クソワロタwwwww (11916)
  5. 韓国GKのJリーグ流出が深刻、オ・ジェソク曰く"各チームのスカウトすべてが韓国GKの補強を狙っているという話" (6210)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「ヴェンゲル、20年ぶりの3バック採用で勝利「自信を取り戻した」」です。

次のブログ記事は「ロナウド、アソコの大きさを偽装か?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。