Jリーグでは今季から、試合終了後に審判側と両チームの代表者が一緒になって判定を検証することになった。勝敗を分けたPKや退場を巡る判定の正誤など、踏み込んだ議論をする。審判側はこれまで、個別の判定への見解を示してこなかっただけに、世界的にも極めて珍しい試みだ。23日のJリーグ理事会で正式に決まる。

 対象となるのは、J1~J3の全試合。試合全体を管理監督するマッチコミッショナーの立ち会いの下、映像を見ながら試合を振り返る。担当した審判は直接参加しないが、審判を評価する役割で派遣されている審判アセッサーが審判から判定の根拠など話を聞いた上で審判側代表として参加。両クラブからは社長ら代表者が席に着く。

 判定や試合結果が覆ることはないが、PKや警告、退場など、判定の妥当性や正誤についても協議、審判アセッサーがその場で誤審を認めるケースも想定されている。

 今回の試みは審判側とチーム側がコミュニケーションを深めながら、ルールや判定への理解を求め、試合の質を高める狙いがある。審判批判のきっかけになる懸念もあるが、まずは情報をオープンにすることに踏み切った。

 これまで、判定に不服がある場合は、クラブ側が意見書を提出して回答を受ける形式的なやりとりで終わっていた。意見書を廃止する代わりに、その場で直接やり取りすることになった。クラブ側の多くは「変化の一歩だ」と好意的だ。

 このほか、判定基準を示した選手向けの映像の一般公開にも踏み切るなど、判定の「見える化」を進めていく予定だ。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. 岡崎の代表通算50ゴールの瞬間、スタンドで誰より興奮していた一流芸人 (9099)
  2. 3/26(日)アウェイ 松本山雅FC戦での危険物の持込み、及び侮辱的行為につきまして|名古屋グランパス公式サイト (3492)
  3. 酒井高徳のボランチが日本代表で機能しなかった理由...HSVとは何が違ったのか (3321)
  4. 本田圭佑による新たな問題提起「意外に守備に問題があったりするんじゃないか」 (2322)
  5. ◆J小ネタ◆東京ヴェルディがもしも東州マネーで現役出身選手を全部戻したらこんなイレブン (2187)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. ◆画像◆UAE×日本代表を現地観戦した騎手の武豊が鹿島で指揮とってそう (10836)
  2. ◆J小ネタ◆東京ヴェルディがもしも東州マネーで現役出身選手を全部戻したらこんなイレブン (10206)
  3. 岡崎の代表通算50ゴールの瞬間、スタンドで誰より興奮していた一流芸人 (9099)
  4. 細貝萌、日本復帰の理由 (7524)
  5. 元磐田のジェイ、7月に日本復帰か?イギリスメディアが報じる (7182)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「稲本、257日ぶり実戦復帰で「一歩前進した」」です。

次のブログ記事は「テネリフェ女子チームが環境適応に苦しむ柴崎を支援」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。