Jリーグでは今季から、試合終了後に審判側と両チームの代表者が一緒になって判定を検証することになった。勝敗を分けたPKや退場を巡る判定の正誤など、踏み込んだ議論をする。審判側はこれまで、個別の判定への見解を示してこなかっただけに、世界的にも極めて珍しい試みだ。23日のJリーグ理事会で正式に決まる。

 対象となるのは、J1~J3の全試合。試合全体を管理監督するマッチコミッショナーの立ち会いの下、映像を見ながら試合を振り返る。担当した審判は直接参加しないが、審判を評価する役割で派遣されている審判アセッサーが審判から判定の根拠など話を聞いた上で審判側代表として参加。両クラブからは社長ら代表者が席に着く。

 判定や試合結果が覆ることはないが、PKや警告、退場など、判定の妥当性や正誤についても協議、審判アセッサーがその場で誤審を認めるケースも想定されている。

 今回の試みは審判側とチーム側がコミュニケーションを深めながら、ルールや判定への理解を求め、試合の質を高める狙いがある。審判批判のきっかけになる懸念もあるが、まずは情報をオープンにすることに踏み切った。

 これまで、判定に不服がある場合は、クラブ側が意見書を提出して回答を受ける形式的なやりとりで終わっていた。意見書を廃止する代わりに、その場で直接やり取りすることになった。クラブ側の多くは「変化の一歩だ」と好意的だ。

 このほか、判定基準を示した選手向けの映像の一般公開にも踏み切るなど、判定の「見える化」を進めていく予定だ。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. テレ朝・久冨慶子、結婚にファンが悲しむJリーガー夫の「ダメっぽさ」 (2700)
  2. 音楽フェスがジェフ千葉を救う!3510万円を寄付、フクアリの「砂嵐」も解決へ (1989)
  3. 【ワロタ】浦和・長澤氏、ラファエル・シルバじゃない謎の女性アカウントにお別れの挨拶wwwwww (1593)
  4. 【G大阪】クルピ監督来日「いつか日本に帰ってくるとはわかっていたがG大阪になるとは...」 (1494)
  5. ◆元G大阪GK本並健治は日本一顔が濃い!?草刈正雄・阿部寛・平井堅より濃度は上 (1422)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. FC東京、健太監督がチーム改革4カ条 練習姿勢から叩き直す (14778)
  2. 【画像】鹿島・金崎、スーツ本気で間違えた!?ムーさんは今年も裏切らないww (9018)
  3. ◆悲報◆10番齋藤学の川崎F移籍でショックの小学生サポ、自室から学の存在を消す (7038)
  4. 東京V比嘉「俊さん」ゲキでサッカー人生が延びた (6084)
  5. ◆悲報◆マリノスサポ、やっとマリノス福袋が届いたと思ったら中身が齋藤学だらけ (5679)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「稲本、257日ぶり実戦復帰で「一歩前進した」」です。

次のブログ記事は「テネリフェ女子チームが環境適応に苦しむ柴崎を支援」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。