名波監督と中村俊は昨年夏に接触。食事などを重ねながら話し合い、磐田側は「門は開いている」と中村俊の英断を待っていた。横浜Mの強化方針に不信感が強かった中村俊は「自分の魂であるサッカーと、喜びと楽しさを持って向き合うために決断した」と、かつて日本代表でともにプレーし気心の知れた名波監督が率いるチームへの移籍を選んだ。

 背番号は、2014年夏に山田大が海外移籍してから誰も付けていなかった10番に決まった。国内ではこれまで横浜M一筋の中村俊は「新たな挑戦として、磐田でプレーすることを決断した。チームに貢献できるように全身全霊を懸けて戦う」と意気込みを見せた。

■一問一答 「門は開いている」で決断
中村は言葉を選びながら心境を語った。

-愛するクラブを去る。
「ここで引退できればいいと思っていた。1年前は離れるなんて考えなかった。これは違うと思うことが毎日あって、(クラブがその方向に)進んでいってしまう。主将として対応しないといけなかったが、その分サッカーと向き合う時間が少なくなった。いろんなバランスが崩れていった」

-サポーターへ。
「育ててもらったと感謝している。2013年は『俺たちは俊輔と優勝したい』という横断幕まで出してもらったのに優勝できなかった。申し訳ない」

-磐田を選んだ理由。
「自分の状況を分かった上で、名波さん(監督)や服部さん(強化部長)が『門は開いている』と言ってくれた。信頼を感じながら、もう一度純粋にサッカーがしたい」

-残る選手への思い。
「ベテランの中澤選手と栗原選手はマリノスで完全燃焼させてやってほしい。中澤村選手は戦友と言える存在。離れるのは寂しい。尊敬できるライバルだった」


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. 【韓国の反応】イ・スンウが久保を挑発?「日本なんか相手にならない」発言に国内からも非難殺到! (3429)
  2. 呂比須監督の一言 (2538)
  3. 伝えたい事|香川真司オフィシャルブログ (2124)
  4. 連休 | 佐藤寿人オフィシャルサイト (1890)
  5. ブンデス1部残留...酒井高明かす涙の理由「自分のプライドが許さなかった」 (1593)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. 邦本 宜裕 選手との契約解除について | アビスパ福岡 (28404)
  2. 呂比須監督の一言 (15786)
  3. ◆画像◆コンサドーレの1万5千人と日ハムの1万7千人を比べた結果wwwww (11250)
  4. 邦本 宜裕 選手との契約解除について (10449)
  5. スカパー、痛すぎるJリーグ喪失 加入者純減16万件 (7542)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「カイケのサントス加入が決定」です。

次のブログ記事は「清水エスパルスFW大前元紀の大宮アルディージャ移籍が目前に?意外なところから発覚 | ドメサカブログ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。