2014年7月に監督の契約を解除された清水エスパルスの元監督が、残期間の報酬不払いは不法などとして、同クラブの運営会社を相手取り、82万5千ユーロ(約9300万円)の損害賠償支払いを求め、静岡地裁に提訴したことが関係者への取材で分かった。

 提訴は8月19日付。訴状によると元監督は2011年2月に契約締結。14年2月に16年1月まで2期約2年間の契約を更新した。

 しかし、被告側が14年7月、一方的に口頭で契約の解除を伝達。「クラブ側の都合で契約期間満了前に契約打ち切りする場合、残期間の報酬を支払う義務がある」との契約に反し、14年9月以降の未払いの報酬を支払う義務がある、などと訴えている。

 被告側は当初、報酬3カ月分(15万ユーロ)の支払いを提案したが拒否。元監督はFIFAに申し立てたが、却下されたため、同地裁に提訴したという。

 運営会社の広報担当者は「現時点では提訴の事実も含め答えられない」と述べた。


注目ニュースTOP5(48時間)
  1. ◆悲報◆ジェフ千葉勝ったのにサポが居残り...GM呼び出し揉める(´・ω・`) (1710)
  2. J1、外国選手枠5人でまとまる (1080)
  3. 骨肉腫の元Jリーガー 約束のピッチへ (738)
  4. 日本代表の秘密兵器? 広島FWパトリック、帰化へ"日本語練習ノート"公開で反響 (585)
  5. 元バルサのアルダ、なんと懲役12年6ヶ月が求刑される (441)
注目ニュースTOP5(1週間)
  1. ◆悲報◆ジェフ千葉勝ったのにサポが居残り...GM呼び出し揉める(´・ω・`) (10350)
  2. ファンの皆様へ 弊クラブより重大なお知らせ | 鈴鹿アンリミテッドFC (4626)
  3. ルヴァン敗退の当日に、ツイッターバトルを開始した鹿島アントラーズ・西選手 (3987)
  4. 「負傷しかねない」酷評のJ本拠地、芝フワフワ (3366)
  5. 鹿島アントラーズの本拠地カシマスタジアムがここまで"モツ煮天国"だったとは【アウェイサポが禁断のホーム側初体験】 (3249)


このページについて

このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

ひとつ前のブログ記事は「一発退場の川崎大久保、気持ち切り替え天皇杯へ」です。

次のブログ記事は「神戸ノエスタ バルサ仕様ピッチに!日本初「ハイブリッド芝」導入へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。