2013年2月アーカイブ

 日本サッカー協会は28日に、日本代表がブルガリア代表とキリンチャレンジカップ2013で対戦すると発表した。試合は5月30日に、愛知県の豊田スタジアムで行われる。

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は「ブルガリアとの試合を通じて、W杯最終予選のオーストラリア戦、イラク戦、そしてコンフェデレーションズカップと続く、6月の長いシリーズに向けての準備を進めていきたい。6月は我々にとって大切な1か月であり、この試合が出来る事は非常に有意義で、準備を進めるために大切な試合となる。ブルガリアは、クオリティの高い選手も多く、良いチームだと認識している。イタリアと同組のW杯予選でも、これまで良い戦いをしているチームである」と、対戦決定を喜んでいる。

記念すべきJリーグ最初のシーズンの開幕戦。 この日から日本のプロサッカーの歴史が始まった。
1980年代から日本サッカーリーグの2強として人気や実力が抜きん出ていたヴェルディ川崎(旧読売サッカークラブ)と横浜マリノス(旧日産自動車サッカー部)の一戦。
日本のプロサッカー史に残る開幕戦の逆転勝利を巨大スクリーンで楽しもう!
● 90分フルタイム上映!
● 試合上映後は水沼貴史氏のトークショー開催。試合やチームの裏話も聞ける!
● 当時の応援歌やチャントで盛り上がろう!

まぁ、言うまでもないけど、2002年の日韓ワールドカップの八百長と言えばあの国しか思い浮かびませんけどね。

J2鳥取を運営するSC鳥取は28日、新たな拠点施設として昨年完成した「チュウブYAJINスタジアム」(鳥取県米子市)で、5月19日の山形戦を開催することを断念したと発表した。鳥取市のとりぎんバードスタジアムで実施する。

 SC鳥取によると、観客席数などでJリーグが定めるスタジアム基準を満たしていなかった。今後、スタジアムを整備し、今秋の公式戦開催を目指すという。

 ベルカンプは「銅像を建ててもらえて、光栄に思います。とても誇らしいことです。誰もが私がアーセナルを愛していること、そして素晴らしい時間を過ごしたことを知っています。私と家族にとっても、非常に重要な期間でした。周囲の人たちも素晴らしかった。チームは驚異的で、何年にもわたって多くの成功をつかむことができました。銅像がお披露目されるときは、何としても現地に行きたいと思います。私にとって、絶対に見逃すことができない特別な瞬間になるでしょうからね」と、喜びのコメントを発表している。

レヴィー還暦祝いの赤いやつ着てるとかw

「なぜ中指を立てる? 試合に何か不公平なことでもあったか? 」、「なぜこんなことを? 試合に負けたからか? これはおかしい」と疑問を呈するユーザーや、「もし日本人は民度が高いと思っているのなら、それは夢幻にすぎない」というコメントもあった。

大分トリニータのホームゲームで、来場した対戦相手のサポーターを対象に、市内のホテルや飲食店などでサービスを受けられる「おもてなCity!大分!カード」を発行する。J1で迎える今季は県外から年間2万人以上の来場が見込まれ、観戦とともに市の「食」や「癒やし」を満喫してもらい、観光でのリピーターを増やす狙いだ。

 カードは市内30カ所以上の「おもてなし協力店」の飲食店や宿泊施設で提示すれば、ドリンクや料理のサービスなどの特典や割引を受けられる仕組み。来年3月末まで何度でも利用できる。
 試合当日と翌日は高崎山自然動物公園の入場は無料に。大分マリーンパレス水族館「うみたまご」や温泉施設の入場料が割引になる。

ベニテス暫定監督は27日、FA杯5回戦ミドルスブラ戦後に、今季限りで辞任することを明らかにした。

 ベニテス監督は会見で「シーズンが終わったらチームを去る」と語り、「チェルシーは暫定監督という肩書を私に与えたが、それが大きな誤りだった」とアブラモビッチ・オーナーら首脳陣を批判した。

 同監督は昨年11月の就任したが、解任されたディマテオ前監督を支持するサポーターから批判され続けてきた。24日マンチェスター・シティー戦後には、DFテリーとの衝突が報じられるなど、一部選手との不仲も噂されている。

知られざる中国でのACL舞台裏|宇都宮徹壱

結論から言えば、今回のACL2試合に関していえば、政治的(さらに言えば反日的)な兆候のようなものは、ほとんど感じることはなかった。もちろん、すさまじいブーイングはあったし、中国国歌の「義勇軍行進曲」が歌われることもあった。だが、それらはいずれも「反日」というよりもサッカーの文脈の中に回収可能な事象である。少なくとも、この2試合においては(多少、疑問の残るジャッジはあったものの)、きちんとサッカーが行われていたと見て間違いないだろう。それと付随して、今回の中国取材で気づいたことを2点だけ挙げておきたい。

浦和のプレーについては「かなり汚かった」とし、ラフプレーが多かったと批判。審判についても「重圧のもとで平常心を失い、日本の度重なる明らかなファールをとらなかった」とした。

 そのうえで、広州の選手が「プレッシャーをはねのけ、相手のプレーに激高したり、審判に邪魔されたりすることなく、中国サッカーの栄光に向けた任務を実に見事に全うした」とたたえた。

サンフレは中盤と最終ラインがいいパス出して
よし!行くぞ!ってところで後ろ向いちゃうサイドの選手に失望しました
青山のコメントもそういうことじゃないの

闘莉王、開幕ピンチ

名古屋DF闘莉王が開幕戦の磐田戦を欠場する可能性が出てきた。左アキレスけん痛で26日に引き続き、27日の練習も完全別メニュー。闘莉王は「そりゃあ、出たい」と強行出場に意欲を示しているものの、コンディション次第では出場は難しい。大黒柱を欠いての開幕となれば、チームにとっては大打撃だ。

 開幕を目前に控え、グランパスに不吉な空気が漂ってきた。27日の練習では6対6のミニゲームが行われたが、闘莉王がこれに参加することはなかった。グラウンドの脇を黙々とジョギングすると、腹筋や背筋で汗を流し、早々にロッカールームへ消えた。

 「痛いよ。(アキレスけんの周りが)はれているみたいだ」。弱音とは無縁の男が珍しく痛みを口に出した。「グラウンドが硬かったからかなあ」と闘莉王。キャンプ地の温暖なタイから真冬の日本へ移動し、環境の変化に肉体が悲鳴を上げたようだ。「明日(28日)、病院に行きます。それでどうなるか」と闘莉王。別メニューで回復を待つだけではダメと判断した事実が、アキレスけんの状態の悪さを物語っている。

FC東京"温泉パワー"で開幕ダッシュ

FC東京が"温泉パワー"で開幕ダッシュを図る。3月2日のアウェー大分戦の宿泊先を、温泉で有名な別府に置くことになった。従来は大分市内を利用してきたが、1週間後のホーム開幕戦を見据え、異例の温泉地に変更された。同日カード唯一のナイターで長距離遠征とあって、試合後にも1泊。そのため天然温泉を満喫できる。関係者は「ほかのアウェーでは大浴場のあるホテルは、なかなかない。少しでも疲れをとれるようにしたい」。ただ試合前には入り過ぎないようトレーナーから指導が入る。FW平山相太(27)は「試合後みんなを誘って入りにいきます」。

スタジアムを管理する市公園緑地協会と日本体育施設の職員が、凍り付いたピッチを溶かす作業に着手したのは今月15日。特に手が掛かったのは日の当たらない南側の3分の1の部分だ。土中に敷設されたヒーターを稼働させた上で芝にはジェットヒーターをあて、凍ったピッチを溶かした。
 想定外だったのは先週末の大寒波。試合前々日の24日から芝を覆ったシートを外すため職員全員で雪かきを始めたが、降り続く雪に作業が追い付かない。急きょ25日にサポーターやチームスタッフら約50人の協力も得て除雪を行い、同日午前11時からの公式練習に間に合わせた。
 試合当日の午前8時にシートを外すと、一面緑のピッチが現れた。「上々の出来です」と満足そうに話したのは緑地協会の高橋健二管理係長。日本体育施設の笠井健三さんも「シート全体をはがすまで緑が戻っているか心配だった。まずは良かった」とほっとした表情だ。2人ともこの3日間、スタジアムに泊まり込みでピッチを見守ってきた。

ボルシア・ドルトムントFWロベルト・レヴァンドフスキは、来年の夏までに移籍することになるようだ。ミヒャエル・ツォルクSDによると、同選手は契約延長の意思がないという。ドルトムントのエースであるレヴァンドフスキは、しばらくバイエルン・ミュンヘンへの移籍が取りざたされていた。将来の行き先についてはまだ分からないものの、選手がドルトムント退団を検討していることは間違いない様子。ツォルクSDが、ドイツ『スカイ』で次のように話した。

「ロベルトは契約を更新しない。今年の夏か、2014年の夏には移籍することになるだろう」

長友が半月板損傷、1カ月以上の離脱か

インテルはDF長友佑都が外側半月板を損傷したことを発表した。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、復帰には最低でも1カ月を要するようだ。長友は24日に行われたミランとのミラノダービーで負傷。後半途中に交代していた。同選手は試合後、左ひざをひねったと話しており、現地メディアは次節カターニア戦のプレーは厳しいとしても、長期の離脱にはならないと見ていた。

しかし27日、インテルはクラブの公式サイトで長友のコンディションについて、外側半月板の損傷という検査結果を発表。しばらくの離脱が予想される。

インテルは復帰時期について明確にしていないが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は最低でも1カ月としている。リーグ戦のカターニア戦、ボローニャ戦、サンプドリア戦に加えて、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦のトッテナム戦を欠場することが濃厚。仮に1カ月で復帰できるとすれば、3月30日に開催予定のユヴェントス戦で復帰できるかもしれない。

新生ミゲル・ロドリゴ日本代表の初陣は5月15日(水)代々木競技場第一体育館を予定

昨季まで千葉でコーチを務めた北原次郎コーチは、17日の柏戦を現地で見た。「監督や外国人は代わったが、日本人が残っているので。継続性はある」と分析した上で「手ごわい相手だと思う」と話す。ただ旧知のチームだからこそ、強みを強調する。北原コーチは「うちが福岡や熊本とやった時、チームがどう変わったか分からず、最初の15分はずっとやられていた。ただ、そういう面でも千葉は知っている相手だから」と言った。自己のデータを余すことなく伝え、相手の出足を止め、勝利への足がかりとする。

 何より、チーム状態に手応えを感じている。北原コーチは「千葉にはホームの利はあると思うが、うちも良くなっているから」とうなずいた

関係者は「競技場近くのホテルを予約していましたが、トラブルを防ぎたい中国公安当局が圧力をかけて泊まれなくしたようです」「AFCも動いたがダメでした」と説明。24日の選手到着時には新しいホテルを確保したが、競技場から車で30分以上かかる郊外だった。

DF槙野は「これがACLのアウェーの難しさ。試合の前から戦いは始まっているし、ピーピー言っても仕方ない」ときっぱり。広島とのリーグ開幕戦(3月2日・Eスタ)へ切り替えを図る

柏戦から中3日の過密日程も考慮し、スタメン3人を入れ替えた。しかし森保監督が「前半、少し慎重に入りすぎた。運動量も上がらず、ボールも動かなかった」と振り返ったように機能しなかった。さらに、前半45分。身長197センチのFWピシュルに頭で先制弾を叩き込まれた。GK西川が「日本ではなかなかいないタイプ」と語ったアジアトップレベルの高さに屈した。

 後半は押し込んだが、体を張って守る相手守備陣を崩せず、3年前に続く本拠地で黒星発進。次は同じACL初戦で敗れた浦和とのJ開幕戦が控える。佐藤は「注目される試合だし、切り替えていきたい。自分たちのクオリティーを出し切りたい」と表情を引き締めた。

田中陽がまたゴールを決めた。男子大学生との実戦練習で主力組のボランチとして出場。有吉からのクロスを左足で合わせ、この日もチーム唯一の得点を叩き出した。「右足で蹴ろうと思ったけど、コースが変わったので左足で抑えて蹴りました」と、とっさの判断でも利き足とは逆足で正確に蹴る技術を披露。佐々木監督も「日に日に成長している」と高評価。先発のピッチが見えてきた

指揮官は16年フットサルW杯(開催地未定)でタイ大会のベスト16を超える成績に意欲。そして横浜FCのFW三浦知良に向け「50歳でもコンディションが良ければまた呼びたい。フットサル代表は自分の家と思ってもらっても良い。彼の協力は歓迎だよ」と再挑戦へのラブコールを送った。

 26日に46歳になったカズは「体重が増えて体脂肪率が減ってる」と進化を明言。フットサルW杯では4試合に出場し、フィールドプレーヤー(FP)森岡が「体のケアの仕方とか勉強になった」と振り返るなどピッチ内外で日本フットサル史上初の1次リーグ突破に貢献した。16年大会時は49歳になるが「人間の衣を着た神」と指揮官の信頼は大きい

C大阪は大体大と練習試合を戦い、4-1で勝利。主力組が出場した前半は内容が乏しく1-1のドロー。新潟戦へ不安が残る中、左MFで先発したルーキーFW南野は前半38分に頭で同点ゴールを決めた。「きょうはチームとしてかみ合わなかった」。試合後に反省を口にしながらも、期待の18歳が開幕スタメンに向けて猛アピールした。

 過去にJリーグ開幕戦で得点を奪った高卒新人は、城彰二、高原直泰、田中マルクス闘莉王の3人だけ。いずれも飛躍を遂げて日本代表の中心として活躍したプレーヤーばかりだ。「自分は攻撃的な選手なんで、やっぱりゴールに絡みたい」

鹿島は負傷離脱していたDF岩政が全体練習に合流。19日の練習中に右太腿を痛め、24日のプレシーズンマッチ水戸戦を欠場。別メニュー調整を続けていたが、27日はフィジカル中心のトレーニングで汗を流した。「ケガについては話さないようにしている。自分の口でアウトプットして耳でインプットすれば、ケガを認識して治りが遅くなるから」。独特の理由で患部の状態の説明は避けたが、3月2日のリーグ開幕戦アウェー鳥栖戦には間に合う見通しだ。また、ルーキーDF植田は大津高の卒業式に出席するため、この日午後にチームを離脱。鳥栖戦はメンバー外となる可能性が高い。

初出場の3年前は雰囲気にのまれ、初戦の山東魯能戦から3連敗するなど1次リーグ敗退。今回は成長した姿を見せるはずだったが、いきなり情報戦で後手に回った。試合前にチェックしたのは昨年のVTR。先制点のヘッドを決めた長身のウクライナ人FWは新加入だったため、事前にデータはなかった。対するブニョドコルは富士ゼロックススーパー杯を見て広島を分析。ボールを回されることを覚悟しながらミスを待つ戦略を立て、忠実にミッションを遂行した。

 頼みのFW佐藤にも決定的なチャンスはほぼなかった。1点を追う後半16分、山岸のクロスを頭で合わせたが相手GKの好守に遭った。「相手も集中力を切らさずに守ってきた。一発の部分でやられたのはACLの厳しさ」とエースはうつむいた。

昨年まで2年間、中国の広州恒大でプレー。昨年はACLに出場し、決勝トーナメント1回戦のFC東京戦で決勝点を挙げるなど、計4得点で8強進出に貢献した。「少ない好機を決めるのがACLで勝ち上がるためには必要。自信になった」。移籍後初得点を"凱旋弾"で飾った助っ人は満面の笑みを浮かべた。

 チームにとっても大きな1点だった。プレシーズンマッチの千葉戦、富士ゼロックススーパー杯の広島戦と2試合連続無得点。広島戦後、MF大谷が「攻撃に移りたい時に手詰まり感があった」と話していた通り、今季から導入している3バックは発展途上だった。だが、ネルシーニョ監督は「初戦に向け最大限の準備をしている。良い結果を残す自信はある」と明言していた。その言葉は強がりではなかった。

 ACLでの日本勢低迷を受けて、今季からJリーグと日本協会が移動費補助など資金面で援助。本腰を入れて覇権奪回を狙っているが、26日の仙台はホームでドロー。浦和は広州恒大に完敗を喫した。加えて柏よりも1時間30分前に試合開始となったJ王者・広島もブニョドコルに敗れた。日本サッカー界としては出はなをくじかれたが、柏が何とか面目を保った。

前田 遼一| ジュビロ磐田 Jubilo IWATA

死神・前田の選手プロフィールが非常にわかりやすい件。正直すぎだろう...

柏レイソルのユニフォームを着た方や、FC東京のユニフォームを着た方から「由紀彦よろしくね!」や「由紀彦の応援に長崎行くからね!」って言っていただきました
いろんなチームを経験しているからこそ全国各地に応援してくださる方がいて、ずっと応援してくださるなんて素敵だな~と思って、由紀彦選手にちゃーんと報告しました
 
由紀彦選手、「Jリーグってかんじだね」って言ってました

ACLグループリーグ第1節2日目が27日、各地で行われた。H組の天皇杯王者・柏レイソルはアウェーで昨季中国CSL4位の貴州人和と対戦し、1-0で競り勝った。2年連続2回目の出場となる柏は前半ロスタイムに新戦力のFWクレオが先制点。この1点を最後まで守り抜き、敵地での初戦を白星で飾った。

敵地で奪った貴重な勝ち点3。ここまで日本勢は仙台がブリーラム(タイ)と引き分け、浦和は広州恒大(中国)、広島はブニョドコル(ウズベキスタン)に敗れていたため、唯一の白星発進となった。ちばぎんカップ、ゼロックス杯と零封負けを喫していた柏にとっても大きな勝利。3月13日に行われる第2節では、ホームにセントラルコースト・マリナーズ(オーストラリア)を迎える。


このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。