2013年1月アーカイブ

35分×3本で行われた練習試合の1本目は0-2、2本目と3本目はともに0-1。水戸は筑波大から3本を通じて1点も挙げられずに、合計0-4と完敗を喫している。

今回日本代表に選ばれたことは
凄く光栄です。

A代表は小さい頃から自分の目標であり
ひとつの夢でもあります。

レベルの高い選手達とプレーできることは幸せなことです。


ただ参加するだけではなく結果を残せるように頑張ります。

おーつゆーき。

英紙ガーディアンは「ほかにも11のクラブからオファーがあったが、最終的にPSGを選んだ」と報じており、BBCは「2週間以内に練習に合流する見込み」としている。

 ベッカムは昨年12月に米MLS、LAギャラクシーを退団。新たな移籍先の候補としてモナコ、アーセナル、UAEのアルナスルなどが挙がったが、現在チャンピオンズリーグ(CL)の16強まで勝ち上がっているPSGに決めたようだ。

柏レイソルは31日、千葉・柏市民文化会館で2013シーズンの新体制発表会を行い、トップチーム新体制および選手背番号が発表された。横浜FMから完全移籍で加入したMF 谷口博之とMF狩野健太は、前所属と同じ29番と14番、新潟から完全移籍で加入したDF 鈴木大輔は4番に。注目の両外国人は、広州恒大(中国)から期限付き移籍で加入したFWクレオが11番、釜山アイパーク(韓国)から完全移籍で加入のDF キム・チャンスが27番を付ける。また、熊本へ移籍したFW北嶋秀朗が付けていた9番はFW工藤壮人が背負うことになった。

浦和レッズやFC東京が興味を示していると報じられていたダルコ・ボドゥルがSKシュトゥルム・グラーツからデンマークのオーデンセBKへ移籍することが両クラブから発表されました

見逃してしまったあなたに。

今回の試合に招集された23名のメンバーのうち、Jリーグ所属の選手は8名のみ。実に15人もの選手がヨーロッパから招集された。オランダでプレーする大津祐樹が初招集される一方で、常連のDF駒野友一、MF中村憲剛らは今回のメンバーからは外れている。

 「今日発表した23名の中には、ヨーロッパで良いシーズンを過ごしている最中の選手たちを多く含めた。Jリーグの選手たちは、まだ2013年のトレーニングを開始したばかりだ。駒野と憲剛を呼ばなかったのも、ヨーロッパの選手を多く入れるためだ」

ファンのみなさまへ【お詫び】 | F.C.TOKYO

社員による経費の不正流用について
この度、当クラブの経理担当部長が2005年から2012年にわたる8年間、約2,300万円の会社の経費を私的に流用したことが判明し調査した結果、本人もすべてを認め全額弁済することとなり、本日解任し、同日付で懲戒解雇となりました。このような不祥事を起こし、FC東京を応援していただいているみなさまにご迷惑をおかけしましたこと、また信頼を大きく損なう事態となりましたことを深くお詫び申し上げます。
クラブといたしましては、原因究明・再発防止策の策定し、すでにチェック機能を強化して業務を実施しております。また、本件における包括的責任を取るため、社長の阿久根が報酬の20%を3か月間自主返上いたします。
今後はこのようなことが二度と起きないよう、再発防止策の徹底とクラブ内の行動規範の再徹底を図ってまいり、今回のことを糧としてより正しく、みなさまから強く、愛されるクラブになりますよう努めてまいる所存です。今後とも変わらぬご支援・ご声援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
東京フットボールクラブ株式会社 代表取締役社長 阿久根謙司

なお塚本アンバサダーは、引き続きリハビリを継続しつつ活動を行って行く予定です。

足立梨花「Jリーグ特命PR部女子マネージャーを務めさせて頂きありがとうございました。この三年間、女子マネを通していろいろな経験をさせて頂きました。人に伝えるという難しさ、知識不足、至らない点は多々あったと思いますが本当に刺激を受けたことが多く、楽しい日々でした。本日でJリーグ特命PR部は卒業ですが、女子マネの経験を生かし、日本一Jリーグに詳しい女優として、これからも熱くて面白いJリーグを盛り上げて行きたいと思います!」

林卓人(仙台)と水本裕貴(広島)も選ばれる。

Jリーグではタスクフォースをつくり、現状の春秋制と秋春制に移行した場合、どちらがメリットが多いのかを議論しました。タスクフォースが出した結論は、「移行したほうがメリットが多い」ということでした。

2022年ワールドカップには日本も立候補していた。

ヤキモフスキー「ヤキと呼んでくれ。マケドニア語で『強い』という意味なんだ」

同紙は、酒井がこれまでドイツのサッカーに馴染めなかった理由をコミュニケーション能力としている。その例として同紙は、最近のエピソードを紹介。チームメートのヤン・シュロイトラフ、ラース・スティドル、コンスタンティン・ロイシュとレストランへ行ったとき「魚、肉料理、チキンのどれにする?」と聞かれて、酒井は答えられなかったそうだ。

ピッチ外の言葉の問題はスマートフォンなどで乗り越えられるが、ドレッシングルームでの会話には参加できず、いまいち溶け込めていない姿がよく見られるという。しかし、最も重大なのは、ピッチでミルコ・スロムカ監督の指示を実行できないことだと同紙は指摘した。

『自分を動物に例えると?』という変化球の質問をぶつけられると「ワニです」と答え、その理由を「ワニは水の中に引きずり込み、勝利に持っていくことを得意としている。自分も得意とする空中戦や地上戦での1対1という得意なところに持ち込み、相手を仕留めたい」と説明した。

イングランド・プレミアリーグ、ウィガンの日本代表FW宮市亮(20)が今春、早大に入学することになった。Jリーグは30日、早大人間科学部eスクール(通信教育課程)のスポーツ特別選抜枠で、FW豊川雄太(18)=鹿島=、MF中原彰吾(18)=札幌=、GK岡田明久(18)=水戸=の3選手が合格したことを発表。宮市はJリーグ所属ではないが、関係者によれば、個人で申し込んで同学部に合格したという。

U18鈴木新監督が体罰一蹴 真剣に楽しく

経験豊富な指揮官は、穏やかな表情で口を開いた。「怖さでどうこうはしない。今日は楽しかったという状況をつくるのが仕事。代表の世界では結果を求められるが、過程も大事」。鈴木監督は、柔道界でも発覚した体罰を一蹴した。

 02年にFW中山、MF藤田、名波らを擁する黄金期の磐田を日本一に導き、その後育成の仕事も務めた。この2年は日体大の監督として母校を関東1部に復帰させた。トップ、育成、大学...。「全てを知る指導者が一番良い指導者だと思う」。自らが持つ幅広い経験に対して自信を示した。

 日本は現在、U-20W杯出場を3大会連続で逃しており、この世代は課題が山積みだ。4大会ぶりの出場権獲得は「責務」となるだけに重圧はあるが、「勝つためだけでなく、この年代をA代表につなげるためにどうするかを考えつつ、結果も出す」と言い切った。

 「ザッケローニ監督も言っているが、世界と戦うためにはまずは個人。個人でダメならグループ。それでダメならチームで戦う。オールマイティーよりスペシャリスト」。点取り屋の中山、司令塔の名波、センス抜群の藤田、守備職人DF服部らスペシャリストをそろえた磐田を想起させる。

 日体大で20歳前後の大学生を指導した経験も生きる。「サボれば厳しく言うけど、僕はたたかない。ベンチでガーッと言うと守備ができて攻撃ができない選手が、守備までできなくなる」

香川がルーニーに絶妙アシスト!

30日に行われたプレミアリーグ第24節、マンチェスター・ユナイテッド対サウサンプトンの一戦は、2ー1でホームのユナイテッドが勝利した。ユナイテッドMF香川真司は、74分までプレーして1アシストを記録。サウサンプトンDF吉田麻也はフル出場、同FW李忠成はベンチ入りしたものの出番はなかった。

プレミアリーグで初めてとなる日本人対決がキックオフから実現する形となった今節、ユナイテッドの香川は左サイドハーフで先発した。

試合は波乱の立ち上がり。開始3分、いきなりアウェーのサウサンプトンが先制点を決めた。ユナイテッドは中盤でのミスがありボールを失うと、サウサンプトンにボールを運ばれる。ユナイテッドはキャリックが戻ってボールを奪い返したものの、雑なバックパスをロドリゲスに狙われ、GKデ・ヘアの前で奪われた。

開始早々追いかける立場となったユナイテッドだが、その後は主導権を握る。5分、ルーニーが出したペナルティーエリア内へのスルーパスに香川が走り込むが、これはわずかに長く、GKがCKに逃れる。しかし8分、同じ2人の関係で同点弾が決まった。

敵陣右よりの位置でユナイテッドのパスがインターセプトされると、中央に転がるボールは香川のもとへ。これを見てルーニーが裏へ走り出すと、香川はダイレクトのパスを選択。吉田の横を抜けてペナルティーエリア内に入ったボールをルーニーがしっかりと決めて、すぐに1ー1となった。

神戸が"黒いメッシ"マジーニョ獲得へ

神戸が、ブラジルの名門パルメイラスからMFマジーニョを1年間の期限付き移籍で獲得することが決定的となった。昨季札幌を退団し、練習生としてチームに加わっていたMF高柳一誠も獲得する方向。

 マジーニョは身長165センチの左利きで"黒いメッシ"と呼ばれ、攻撃的MFやFWとしてプレーする。1年でのJ1復帰を目指す神戸は、昨季までのエースFW大久保嘉人が川崎に移籍。得点力アップのため、前線の補強を目指していた。

長澤の父・和明氏といえば磐田の監督を務めた人でもあるが、当時の話に及ぶと、「もうずいぶん昔ですけど!」と大笑い。昨年12月に引退を表明した中山氏は父の教え子。同氏が家に遊びに来たときの思い出にふれ「ゴンさん(中山氏)が生田智子さんと結婚して、2人で家に来て下さったときに『本当に綺麗だな。すごいな、女優さんって!』と思って...」と当時を回顧。「ゴンさんが夢を見させてくれたから自分も芸能界に入ったのかなって思うと、導いてくれた人なのかなって感謝してます」とゴン夫妻の影響があったことを明かした。

 中山氏とのCMなどの共演の可能性については、「子供のころも短い時間だったけど、すごく遊んでくれて、面倒を見てくださった。そういう日が来るのを祈っています」と笑顔でラブコールを送った。

ブンデスリーガのゲームでは、ATを取らず、45分を経過した時点ですぐに前半終了を命じることが頻繁に見られる。後半も各国リーグに比べて、AT表示は短いことが多い。DFBはこのシステムを見直し、負傷や選手交代で止まった時間を正確にATで取り戻すよう、レフェリーに指示を出したようだ。

DFBで審判を担当するルッツ=ミヒャエル・フレーリヒ氏は同紙の質問に対し、「その通りです。これからはより正確に考慮します」と認め、以下のように話した。

「しかし、ただ選手交代ごとに30秒のATが加算されるのではありません。各行為について、どの程度の時間で行われているかを正確に識別することを求めています。ゴールセレブレーションも同様に適応します。すべてにおいてスムーズに進行するようでしたら、ATをさらに加える理由はありません」

『シュポルト・ビルト』の調査によると、イングランドのプレミアリーグでのATは平均で4分13秒、イタリアのセリエAは3分50秒、スペインのリーガエスパニョーラ・プリメーラ・ディビシオンは3分23秒とのこと。これに対して、ブンデスリーガは2分5秒と、ATが極端に短いことを指摘している

ウィガンの日本代表FW宮市亮が痛めていた右足首じん帯の治療のため、日本に極秘帰国していたことが分かった。マルチネス監督が29日のストーク戦後の会見で明らかにした。

 同監督は「亮は日本で治療していた。明日(30日、英国に)帰ってくる。それから(試合に出られるかを)判断する。復帰時期は分からない」と話した。昨年11月に負傷し、今月中旬には、2月早々に復帰の見込みとしていたが、白紙に戻った。ウィガンではFWコネも負傷離脱しており、宮市の早期復帰が望まれている。

日本、ドイツともに登録期限は31日。ギリギリのタイミングでまとまった移籍だった。ポツダムとの交渉窓口は姉・優季。メールや電話で連絡を取り続け「日々(気持ちの)浮き沈みが...」と焦りを感じた時もあった。この日の午前8時半。ドイツにいる姉の「そういうことだから」という電話の声で起こされた。午前3時ごろにも姉から電話があったが爆睡中で気づかず、「そういうこと」が何なのか戸惑った。だが、慌てて届いていたメールを読むと「(来る時は)日本食よろしく」とのメッセージ。じわじわと喜びが広がった。

 契約は半年。「半年後に話しましょう、と。だから半年が本当に勝負」と勤務先も退社して勝負する。現地では「リズムを乱したら怒られる」と姉とは同居せず一人暮らしで頑張るという。

 ポツダムのシステムは4―3―3で、現時点では姉との2トップは難しい状況にある。だが、史上初となる姉妹での欧州プレーヤー誕生&同一チーム所属に「姉と一緒にプレーする場ができたのはうれしい」。愛されキャラの末っ子・亜紗乃が大きな一歩を踏み出した。

広島のFW佐藤が若手の奮起を促した。今季初実戦のFC KAGOSHIMA(九州リーグ)戦は主力とユース所属4選手を含む若手の混成メンバーで臨み1―0で勝利。佐藤は「ウチのスタイルは育成。その中で結果も求めていく。トップチームに来た以上はユースではなく一選手として接する」と話し、リーグとACLの二足のわらじを履く今季の鍵を握る存在が若手であることを示唆した。今季の選手数はACLに出場するJ1の4クラブでは最少の26人だが、育成クラブの力をフル回転させ過密日程を乗り越える

「森島さんに"つけてほしい"と言われたときは泣きそうになった。誰にも負けない8番をつくっていきたい」。昨年末にはニュルンベルクから完全移籍での正式オファーが届いた。関係者によると、年俸などは清武と同等クラスの好条件だったという。「正直、海外に足を踏み入れてみたい気持ちがあった。でも、それが8番をもらえるチャンスと重なった」。オファーが来た数日後に森島氏の自宅で会食。その席で「曜一朗に8番をつけてほしい」と言葉をかけられ、残留への決意は固まった。

 会見に同席した森島氏の前で「タイトルのために戦う」と決意も新た。エースとしての自覚を胸に新シーズンに挑む

柏は千葉県柏市内で始動し、FW工藤が得点力アップによる代表入りを誓った。昨季チーム最多13得点を挙げた22歳のストライカーは「昨季以上の成績が最低ライン。15得点を超えていきたい」と目標を設定。さらに「国内から代表に選ばれればJリーグも活気づく」と力を込めた。課題にはポジショニングを挙げ「どこにボールが出てくるとか周りの選手の特徴をつかまないと。話し合いながら連係して」と強調。対話力アップで成績向上を狙う

鹿島のDF岩政が今オフに中国リーグ大連阿爾濱(ダイレンアルビン)から獲得オファーを受けていたことが判明した。潤沢な資金を誇る大連阿爾濱には元バルセロナのMFケイタや、パリSGから移籍したFWオアロが在籍。近い将来のアジア制覇を目標に掲げ、日本屈指のセンターバックに白羽の矢を立てた。

 岩政は「魅力的なオファー」と心を動かされたが「運命の流れが残留に傾いている気がした。キャリアの中でもう一度、鹿島を優勝させたい」と残留を決断。28日に断りを入れ、鹿島との契約延長で合意していた。14年W杯出場を目指し「代表では右センターバックの3番手。鹿島で序列を覆すパフォーマンスを見せたい」と意気込んだ

この度、東北社会人リーグ2部に所属するラインメール青森FCは"県都青森市からJリーグへ!"を2013年度のチームスローガンとし、青森県サッカーの普及活動の一環として、今回このようなサッカー教室を開催する運びとなりました。当クラブは、サッカーを通じて青森市の活性化をはかり、県都青森市からJリーグクラブの誕生に向け、日々活動をしております。皆さまからの支援や応援があるからこそ、クラブの発展へ繋がります。今回のイベントにおいては、子供達の身体の発達、サッカーというスポーツを体感、そして元ブラジル代表のテクニックを披露致します。サッカーというスポーツを始めるキッカケや、もっと夢中になれる機会を提供いたします。皆さまからのご参加をお待ちしております。


このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。