2010年10月アーカイブ

『ワースト脱出!!1万人チャレンジDAY』として開催されたこの日の試合。
水戸はクラブ初の観客数1万人を超え、10181人がケーズデンキスタジアム水戸に来場した。

サッカーのオランダ1部リーグで30日、吉田麻也が所属するVVVフェンロはホームでフローニンゲンに3―5で敗れた。吉田は守備的MFとして後半30分に出場し、移籍後の公式戦デビューで3点目に絡んだ。(

アンダーエージの監督選びも明快な選考基準や公約設定、目標を打ち出した上で「なぜ、この監督になったのか」という理由を積極的にアナウンスすべきだろう。監督を選ぶ手順を公明正大にすること以外に今回の敗戦の責任の取りようはない。

J1清水の長谷川健太監督(45)が今季限りで退任することが30日、分かった。2005年に清水の監督に就任し、6シーズンにわたって指揮をとってきた。クラブ関係者によると、11月2日にも正式に発表する予定という。

最終戦を制したベレーザが王座奪還

「人生で最も悲しい誕生日」

松本山雅は松本市で22日に行われた現地ヒアリングでリーグ側が「宿題」として求めた、県の支援姿勢を記した文書の提出やJ2昇格を想定した来季予算の組み直しなどを急いでいる。ただ、大東チェアマンは「山雅は(入会要件のJFL4位以内の)成績がどうなるか分からない」と指摘。大月社長は「チームが必ず結果を出してくれると思っている」と話した。

イタリアのメディアによると、カッサーノはイタリア代表の座を失う恐れもあるという。代表では規律面の問題がある選手を招集しないという倫理規定があるとのことで、カッサーノはサンプドリアとの関係を修復できなければ、11月の国際親善試合でメンバーに選ばれないかもしれないとのことだ。

それにしても、日本のセンターバック不足は深刻である。これは、今大会に臨んだ選手に限ったことではなく、この世代全体、いや、日本全体に共通する問題だ。

FIFA.com - Diego Maradona at 50

FIFA公式サイトがマラドーナ50歳の誕生日を祝福

ピントの笛のような音はよく聞こえません

ピントは20日の試合中、ゴールに向かってきた相手FWに対し、審判の笛のような音を出した。そのためこの選手はオフサイドと勘違いし、走るのをやめた。

年間5000万円を月割にすると一月約417万円。日本人男性の平均寿命78歳まで生きると総額25億円ほどになると言う。

クラブは30日にカッサーノに電報を送り、謹慎処分と契約解除を伝えた。

カッサーノがこれを拒んだ場合、イタリアリーグに裁定が委ねられることになる。

ちょっと気になる事。|橋本英郎公式サイト「絆」

悲しい出来事が一つ......、
それは、ガンバオフィシャルマガジンの今月号で
いろんなランキングが発表されてるねんな。
その中で、
サポーターが選ぶ
ガンバ魂がある選手に、
俺と二川の二人がランク外やってん.........!!

副審の位置がおかしいです。

「この予言タコ野郎、俺はお前が死んでうれしいよ。W杯で負けたのはお前のせいだ!」

J関係者は、タコ確保に奔走。29日夜までに、築地に水揚げされるタコの買い付け予約を済ませた。予想日は11月1日。

いっそゴールしないほうがいいんじゃないかという気にさえなる、大失敗の予感。万一ダダすべりの際には、スタンドからオレオを投げてツッコミを入れるなど、サポーターのバックアップも要検討かもしれませんね。

ギグスにUAEから破格オファー

UAEのクラブが獲得を表明しており、推定年俸1000万ポンド(約13億1000万円)規模の大型オファーを用意しているという。

Jリーグ側が頭を痛めているのは、水増しが「大宮だけではなく他のクラブでも行われている可能性がある」という点。処分を早急に科すことができない理由がここにある。

 ただし大宮の場合、親会社から"天下り"でやってきた幹部が主導していた。すでにその幹部たちは親会社に戻っている。責任者だった渡辺前社長が再び「有給」という形で大宮に残ることになったのは、どう考えても不可解だ。Jリーグの大半のクラブの社長が、いまだに親会社からの天下り人事でやってくる現実もある。

UEFA規律管理委員会は29日、途中中止となっていたUEFA EURO 2012予選のイタリア対セルビアをイタリアの3-0の勝利とすることを決定した。

J関係者は、タコ確保に奔走。29日夜までに、築地に水揚げされるタコの買い付け予約を済ませた。予想日は11月1日。パウル君同様、水槽に磐田と広島のマークを付けた2つの"タコ壺"を用意し、どちらに入るかで勝敗を予想するという。

ロナウジーニョ W杯予選以来の代表復帰

ブラジル代表のメネゼス監督は29日、MFロナウジーニョ(ACミラン)を11月17日にカタールで行われるアルゼンチンとの親善試合に招集することを発表した。ロナウジーニョは昨年4月にペルーと対戦したワールドカップ(W杯)予選以来の代表復帰となる。

元トルコ代表のFWイルハン・マンスズ(35)が、フィギュアスケートでの14年のソチ五輪出場を目指している。

さらに、前節・神戸戦で自己タイとなる今季11ゴール目を記録し、新記録にもリーチをかけた。30代に突入してなお、青天井の進化し続けるレフティーは、「衰えは感じないし、そこに経験がどんどん積み重なっている。体のケアはしたいし、そうすればもっと成長できる」とどん欲だ。

「モリーニョ監督は偉大な指揮官だが、彼の言動には謙虚さと敬意に欠けるところがある」

ザッケローニ監督が原委員長とともに欧州行脚にでかけてしまえば国内は完全に空き屋状態。ますますサッカーの話題が減る一方だ。話し上手の新監督の"使い方"を間違えている日本協会は、完全に宝の持ち腐れである。 (夕刊フジ編集委員・久保武司)

株式会社 協同ホームページ

KYODO GROUPは、
スポーツ事業の発展に
力を入れています。


このページではFOOTBALL-STAIONブックマークが注目した記事のhatenaブックマークとTwitterでのコメント100件を表示しています。

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2013年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。