観衆508人の衝撃(えのきどいちろう)

現場は出来る限りの対策を行っているが・・・


凄さの秘密がわかる。

江坂の凄さがわかる。

橋岡(浦和)、田中(川崎)が今夏の欧州移籍が有力視

磐田サポ、ガンバサポ、FC東京サポおすすめです。

槙野選手についてもとことん語る

各クラブはどんな対応をサポーターに求めているのか?

全所属クラブで単年契約にこだわってきた理由

青山が浦和へ移籍しなかった理由。

J2再開前に見てテンションを上げる。

イエローウォールより埼スタ北ゴール裏。

有名曲ずらり。

残り5つも有名クラブ。

ぶちギレオヒサル読んできた

FWには華がある

試合のモヤモヤが残ってる人は是非どうぞ

動作がわかりにくい他アプリ開いてやるというのがストレスになる

名チャントばかり。

阿部勇樹以外で揉める

外食ができるようになったら1番に行きたいお店

心ない誹謗中傷から選手を全力で守ってあげることはすごく大事

存分に語っていただきました。

金崎は現在、熱は36・3度に下がっているが、愛知県内の病院に入院している。金崎以外の選手やスタッフで異常を訴えている者はいないという。

 チームは今後の全体練習を中止し、全選手を自宅待機として、濃厚接触者の有無の確認や施設内の消毒を行う。今後の練習再開等については白紙としている。

FOOTBALL TODAY KANAZAWA

ツエーゲン金沢情報を中心に、たまには石川県全体に広げたサッカー情報をお届けするWEBマガジンスタート。

再開前に昨年を振り返ってテンションを上げる!

意外な順位!?

マスコットの来場もNGとする方針が示された。 
お得意様のFC東京がいる! 
7/4再開ならば無観客試合は2試合のみ? 
存分に語っていただきました。 
時間を持て余し、日雇いのバイトを2回くらいしたかな。 
なぜ浦和なのか気になるねぇ 
J2再開に向けて復習を。 
そんな理由が。 
「彼は髪の毛を維持するため、2018年に植毛を受けたと噂されている。しかし、日曜日にコッツウォルズでのショッピング中に撮影された写真では、ベッカムの髪の毛の薄さが目立っていた」と記している。  車から降りた私服姿のベッカム氏を激写。以前より薄くなった頭部にクローズアップし、「自分のトレードマークである帽子をかぶらずに、抜け出した」と説明している。 
○○さんについていこう! 
「浦和に期待するほどバカじゃないですよ...」って発言したのを、メディアにねじ曲げられた。 

toto対象Jリーグを国が支援検討

Jリーグが経営危機に陥れば、助成事業そのものが揺らぐ可能性もあり、検討対象になる模様。同じく全国地域に根ざしたリーグ運営で、totoの新たな対象として検討されているバスケットボールBリーグも同様だ。 
ドイツのルール地方で亡くなったと思われたカンバが発見されたという。カンバの元妻は事故後に多額の保険金を受け取っており、検察官はこの事故自体が仕組まれたものである可能性もあるとして、現在元妻を調査している模様。33歳になったカンバは、エネルギー供給会社の技術者として、今もなお健在だと報じている。  生存していることをカンバが意図的に隠していたのかどうかは、定かになっていない。まるでフィクションのようなこのニュースに、多くの人が驚愕しているようだ。 
J2が見たくなる 
想像以上の大変さで一気に老眼になった仙台時代 
圧倒的存在感を放つ栃木SCのある選手 
新型コロナの影響で選手の二極化が進む 
1日、セリエAに所属する全クラブが再開を目指すことで合意した。 
家族のそばにいる為に、タイミングをよく見極めてすぐに戻りたい 
サッカーメディアの重鎮、霜越隼人社長登場。LIVEなう。 
LIVEなう。 
橋本社長&えとみほさん出演なう 
スタートしました! 
ネットでの投げ銭とは、サイト上に作られたボタンをクリックすることで、寄付ができるシステム。映像で試合を見ながら、選手の好プレーに対して寄付を行うような、新たな観戦スタイルが生まれるのかもしれない。 
柴犬のもふもふがたまらない。そして名前の由来がすごい。 
「YOUは何しに日本へ?」で有名なドイツ人レッズサポが語る 「JAPANESE ONLYのゲートで応援してやろうと思ったんだ」 
(中田氏は紳士的な対応で未遂に)、ギャラの支払いもおかしく、そのような経緯があり、困難極まりない芸能界での事務所移籍を決意しました〉 
「鳥肌がたつ」 「俺らも格好良いと思っている」 「雰囲気最高」 
こうした巨額の投資の狙いは、楽天グループが社運をかける携帯電話事業「楽天モバイル」を成功に導くため。  今月から本格始動した年間1000億円もの大事業の浮沈が、そのままバルセロナやイニエスタとの契約更新の行方を決めることになる。イニエスタとの契約満了は来年だが、更新したいなら1年前から交渉を始めるのがサッカー界の常識だ。三木谷会長は楽天モバイルを軌道に乗せ、スーパースターを神戸につなぎ止められるだろうか。(夕刊フジ編集委員・久保武司) 
「クラブを維持するためには、毎月1.5億円から2億円が掛かります。このまま自然体で何もないまま進んでいくと、9月から10月くらいにキャッシュがなくなります。つまり、倒産すると。そのキャッシュをいかに集めていくかということを、最優先でやらなければいけないと思います」  これまでJリーグのクラブが、このまま行けば早晩経営の危機に瀕すると各メディアで報じられてきた。ただJリーグによると、4月15日時点では「リーグ戦安定開催融資」の申請はまだないということだった。 
杉本健勇の2980円超え 
実際に消化した試合で得た勝ち点を、最も多く試合を消化できたクラブの試合数に合わせて換算し、上乗せする。消化試合数を無視して、単純に総勝ち点数の多い順で決める方法とともに検討されている。  期待値制は、Jリーグが、最優先に掲げる「できるだけ多くの試合消化」の意欲をそぐ可能性があることや、実際に戦って得た点ではないことなど、今後議論の余地が多い。Jリーグは現在、6、7、8月と3つの段階で再開へのシミュレーションを開始。12月末までの限られた日程の中で取捨選択をし、リーグ戦の成立を目指していく方針だ。 
後列14番がマウリシオでその前にいる8番は多分フェリペ・コウチーニョ 
まもなくスタート! 
「DAZNと2017年シーズンから10年・総額2100億円の放映権料の契約を結んだJリーグだが、総試合数の70%以上を放映できないと<放映権料を大幅に減額させられる>ともっぱら。Jリーグの命綱であるDAZNとの放映権料は、是が非でも死守しないといけない。どうやったら70%以上をクリアできるのか、これが最大の懸案事項となっているのです」 
ドイツ人サポーターが浦和レッズを好きになったきっかけとは? 
J1で練習を続行しているのは北海道コンサドーレ札幌とサガン鳥栖の2クラブのみとなった。 
前半戦は無料でライブ中! 
田中達也はワシントンから"タナキーニャ"と呼ばれていたのか笑 
Jリーグが見たい! 
「ママ!ママ!大変!」って見せてきたページがこちらです 
 
具体的でわかりやすい 
田嶋会長の声は説得力がある。 
さすが西部さん。わかりやすい。 
ナイスな3チーム 
Jリーグは動画配信サービスDAZNとの契約に直結するリーグ戦だけは死守しなければならない。試合ができず収入が途絶えれば、J2とJ3では運転資金もままならなくなるクラブも。リーグは救済する立場だがDAZNとの契約に影響が及べば共倒れになりかねない。 
いまでも忘れられない平壌で開催された北朝鮮戦の中継 
アツマーレ効果がすごい! 
あと3年で決定力抜群な日本代表FWが爆誕!!! 
村井チェアマンは委員会後に行われたメディアブリーフィングで「専門家の提言を受ける形で、再開日程を白紙に戻すことで合意した。次の再開日程等については2週間刻みでの検討をしていたが、(各カテゴリーそれぞれ)1か月以上の間隔を空ける」と述べた。 
 
ウルグアイ地元紙「Ovacion」の情報を基に、カバーニの神戸移籍合意を報道。「トルステン・フィンク監督の下、アンドレス・イニエスタやトーマス・フェルマーレンらと共闘する」としたうえで、「セレッソ大阪でプレーした偉大なるディエゴ・フォルラン以来の日本でプレーするウルグアイ人プレーヤーになる」と伝えた。 
これはなんとかしてほしい問題。 
「ほかのスポーツは年齢の制限なんてありませんよ。サッカーだけ23歳っていうのはサッカーのある意味わがまま、それが24になろうが、25になろうが知ったこっちゃないということです」と、無関心の姿勢を貫いた。  
国民に対して「ウオッカを飲んで、同ウイルスと戦うように」と提案していると、報じている。 また、3-2でFCミンスクが勝利したダービーマッチを含む同国1部リーグの試合は、ロシアやイスラエル、インドなど10カ国で放送されたという。 

サッカー業界バーチャル花見【LIVE】

ここだけの話、連発中。アーカイブは無しなので聞くなら今だけ。 
サッカー話を展開中! 
合計15本をノミネート。 
今明かされる真相 
もうこれしかないような。 
お昼に食べているのは○○ 
そうなるのか!楽しみ! 
今から来年のJ2リーグが怖い 
「この時代に、そんな怖いことが起こっているのか! しかもこれほど酷い光景がずっとテレビで放送されているのに、誰も何も言わないのか? 欧州ならすぐに訴訟が起こって大変なことになっているぞ」 
「イタリアはいつも俺に多くのものを与えてくれた。この危機的な状況で、俺は愛するこの国にもっとお返しがしたい」 「このウイルスを撃退するため、俺のチームメイトやすべてのプロアスリート、そして必要に応じて少額にせよ高額にせよ寄付をしたいと思っている人たち、彼らの寛大さを頼りにしている」 「俺たちが協力すれば、俺たちの命を救うために毎日献身的に働いている病院や医師、看護師の助けになれるはずだ。なぜならいま、俺らが彼等を応援しているからだ!」 「一緒にコロナウイルスを撃退して、この試合に勝とうぜ!」 
来シーズンの残留争いが地獄。 
森保一監督(51)、同女子代表の高倉麻子監督(51)ら指導者のほか、サッカー協会などの会議にも出席しており、各団体への感染拡大が懸念される。 
日本サッカー協会の田嶋幸三会長が新型コロナウイルス検査で陽性だったことが17日、関係者の話で分かった。同会長は国際サッカー連盟理事や日本オリンピック委員会副会長など、国内外のスポーツ団体で要職を務めている。 
1位は○○に決定!!! 
J2民は見るべし。 
1日4試合水分補給なし・・・必見! 
山本雄大主審のインタビュー記事が話題になりました。 
「タトゥーのせいで呼ばれないなら、しょうがないですよ。去年の代表戦は悪い感触ではなかったけど、俺が出たのは所詮 "練習試合"。やっぱり、本チャン(W杯やW杯予選)に出たい。    守備に不安があると指摘されるけど、ちゃんとタックルしてるし、空中戦の勝率とかも見てほしいですね。次のカタールW杯は30歳で、その次のW杯は34歳。そこまで狙ってますよ(笑)」 
 
"国難"の中でJリーグ再開を強行するのか、中断が長引きJクラブのドミノ倒産が始まるのか。進むも地獄、退くも地獄だ。 
肉の中ではベスト・オブ・ベストですね。 
僕のサッカー遍歴は悲惨としか言いようがないです 
2017 ムサエフ (1年目は活躍したが、怪我以降幽霊部員化) 2018 モルベッキ (完全に戦力外だった) 2018 ギレルメ (暴漢・素行不良) 2018 エレン (微妙) 2019 ロドリゲス (素行不良) 2019 ルキアン (ポスト以外は・・・) 2019 ファビオ (何試合出たっけ?) 2019 エベリシオ (素行不良 入団時から既にヤル気ナッシング)  
藤本選手は問題のツイートを削除し、『品薄商品しっかり生産されているニュースも出ています。みなさん必要な分だけ購入して、本当に必要な人が購入できないと言う状況はなくなるように、焦らずに早くコロナウイルスがおさまるように全員で協力していきましょう』と新たに投稿しています。   
サッカーファン必読の内容! 
「日本人だから新型コロナウイルスに感染していた疑いがある」との理由でスタジアムから追い出されたと報じていた。  クラブは「起こったミスを謝罪し、賠償します」とした上で「警備担当者たちは団体客に対し、ロバートコッホインスティテュート(危険性評価の原則と大規模イベントで推奨される対応)に沿った対応で一層厳しくコントロールするように促されていた。現在テーマとなっている大きな流れで、残念ながら私たちの日本人ゲストに対する解釈でミスが起きてしまいました」と警備担当者の解釈ミスだったと釈明した。 
するどい指摘で震える! 
今だけチャンス。 
■2月19日、スーウォンワールドカップスタジアムにてアジア・チャンピオンズリーグ「水原―神戸戦」を観戦。 ■「99番」のバスに乗り、スーウォンワールドカップスタジアムを訪問。 ■E席(自由席)チケットでスタジアムに入場。 E席1階、車椅子席付近で1930キックオフの試合観戦。 韓国メディア「スポーツソウル」もこれを報じている。追って続報を。 
60000強収容スタジアムの威力w 
記者達が思わず拍手した 
「J2の中位~下位常連クラブ、J3の大半のクラブは2週間ごとの地元開催試合の入場料収入を日銭として使い回しながらクラブを運営しているのが現実。開催延期と平日代替開催での入場料収入の低下は死活問題となる」(サッカー関係者)  新型コロナウイルスの終息宣言がなされる前に消滅するJクラブが出てきたりして......。 
過去14日以内に韓国、日本、イタリアに滞在歴のある外国人および無国籍者はモンゴルへの入国が禁止され、ビザ申請や発給がストップするという。なお、上記3国をトランジットで通過した者は例外となっている。 
「全力さん」こと加納広明氏はどう考えているのか。 「(Jリーグ)第1節の試合を応援しているときに(サポーター仲間と)『今後は試合開催がどうなるかわからないね』という話はしていたし、今回の決定は仕方ない。サポーターとしては試合が中止にならなくてよかったと思う。リーグが再開されたときは、これからしばらく応援ができなくなるうっぷんを晴らすくらいの声援を送りたい」  Jリーグが目指す最短3月18日に再開となったとしても、23日のJ1神戸―横浜FC戦のように合唱や肩を組んでの応援が禁止(自粛)され、サポーターの一体感や歓喜の瞬間の盛り上がりに欠ける可能性もある。代名詞の"全力スタイル"を発揮できなくなるが「ルールができたら、その範囲内で精一杯やっていきたい。もし逸脱してしまうようなことをやったらクラブに迷惑がかかるので」と語った。 
この結果から、Jリーグが最もクリーンなリーグと言っても異論はないだろう。ただ、CIESは「試合におけるアグレッシブさにおいて、地域的な大きな違いが見つかった」と表現した。その意味では、Jリーグは「もっともアグレッシブでないリーグ」となるのだろうか。    なお、欧州5大リーグでは、イングランドのプレミアリーグが最少(レッド0.13枚+イエロー3.61枚の3.74枚)。リーグ・アン(0.26枚+3.72枚の3.98枚)、ブンデスリーガ(0.19枚+3.94枚の4.13枚)、ラ・リーガ(0.23枚+5.28枚の5.51枚)、セリエA(0.31枚+5.51枚の5.82枚)の順だった。 
大物の予感。よくわかる動画。 
サッカーJリーグは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、来月15日までに予定されているJ1からJ3までのリーグ戦などすべての公式戦の延期を決めました。 
サッカーのJリーグで26日に各地で予定されていたYBCルヴァン・カップ7試合が、新型コロナウイルスの感染拡大により中止になることが25日、関係者の話で明らかになった。 
タイトな日程がよりタイトに。 
えりな&栗田 
当面「ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)のホームゲームも無観客試合を勧告」とする決定も発表された。 
J2開幕前におすすめ 
やっぱり○○だ! 
胸を打たれた。16年だよ、16年。 
昨季は金曜日開催のリーグ戦で7戦全敗。湘南にも2年間未勝利(1分け3敗)で、開幕戦も3年勝てていない。昨季リーグ14位と低迷した浦和が強豪のプライドを取り戻すため、開幕白星で苦手なデータをすべて払拭(ふっしょく)する覚悟だ。 
感染拡大を防ぐために札幌ドームでのホームゲーム開催について対応を検討しております。 つきましては、2月19日(水)から販売しておりましたクラブコンサドーレ会員先行販売を中止し、さらに明日2月22日(土)から発売予定の一般販売につきましても販売を延期いたします。 販売再開に関しましては、対象試合の対応が決まり次第改めてご案内いたします。なお、すでにクラブコンサドーレ会員先行販売にてご購入されたお客様につきましても、払い戻しなどを含め改めてご案内いたしますので、チケット(QRチケット含む)はそのままお持ちください。 皆様には急なご案内となり大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。 
札幌ドームで開催される札幌ーG大阪(3月7日)に関して、村井チェアマンは「日程調整ができるか協議したい」と話した。  
J2番記者さんが「J2の今」を伝えるJ論J2チャンネル、本日スタート 
他サポが見ても楽しい 
心突き動かされる 
タイでU-23選手権でオーストラリア代表の試合を取材していた河治良幸さん。 
10年前  ウイイレ100万本  現在  ウイイレ7万本  何があった・・・・? 
【経歴】 清水市立高部小学校 ― 清水エスパルスジュニアユース ― 静岡学園高等学校 ― 柏レイソル(2002-2005) ― アルビレックス新潟(2006-2010) ― 浦和レッドダイヤモンズ(2011-2016) ― 東京ヴェルディ(2017-2018) ― 東京ユナイテッドFC 
豊富なタレントを抱えるリバプールだが、これからチャンピオンズリーグが再開し、また過密日程を戦わなければいけない。南野はアピールを続ければ、再びピッチに立つ機会がめぐってくるはずだ。 
今年期待の3人。 
バルセロナが保有権を持つものの、現在は所属先を見つけられずにいるという。 
新たにホームタウンである「宇都宮」および「愛称」を加えた名称を公募することとなりました。 「宇都宮」および「愛称」を加えた新しいチーム名称を募集することにつきましては、クラブとして次いくつか目的がございます。 
日本と中国から関心を寄せられ、MLSと中東のクラブからもスカウティングをされている」  キ・ソンヨンのJリーグ電撃参戦が実現すれば、小さくない話題となることは必至だが、果たして、どうなるだろうか。その動静に注目したい。  
もうトップ5ではなく、3番目や4番目の間ぐらいに我々はサッカーの関心度を高め、競技力を高め入っていく 
■料金 1名様:250,000~350,000円(キックオフ時間により異なります) ■申込締切 対象試合開催日の3日前まで ■ツアー詳細 当日のスケジュール、料金等は下記、特設サイトよりご確認ください。  
オジェックもすごい。 
本田は確かにいい選手だ。それは疑う余地はない。しかしその目の前には多くの問題が山積みされている。    ひとつは本田が選んだボタフォゴというチームの問題だ。  この名門クラブは現在、非常に難しい状況にある。とくに財政面の問題は深刻で、クラブはゴタゴタを抱えている。 
「審判がホスト国である韓国をひいきしたことがある」と指摘。グループステージでポルトガルを破って決勝トーナメント進出を果たした韓国について、トーナメント1回戦のイタリア戦で韓国選手がイタリア選手の頭を故意に蹴るもレッドカードが出ず、イタリア選手が韓国選手に倒された別のシーンではイタリア選手がシミュレーションの反則を取られ一発退場させられるという事態を引き起こしたと紹介している。 さらに、準々決勝のスペイン戦でもスペインのゴールが無効と判定されたり、0-0で迎えた延長終了間際にスペインが得たコーナーキックを蹴る前に主審が試合終了の笛を吹いたりといった不可解な判定が相次ぎ、結局PK戦の末にスペインが敗れて韓国がベスト4に進出したと伝えた。 
鹿島のような伝統あるチームなら、このような戦い方はしないだろう。手堅く守備ブロックを作れば、そう簡単にやられないはずだ。神戸、横浜Mの戦力は充実しているが、この試合を見る限り、今季のJ1は混戦になる予感がした。  おまけに最後のPK戦はひどすぎる。9人連続で外すなんて、もはやプロとは呼べない。経験上、PK戦はメンタルの強い選手を5人そろえるもの。お互いに気持ちの弱い選手が出てきてしまったのか。解説のしようがない。 
fsntwwet1.jpg
Twitterでも情報配信中

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。