そこには浦和の戦士達が集う場所でもありました。


タジキスタンサポーターの中心地の迫力がすごい

理事会を開き、2021年開幕の女子プロリーグを新設することを決めた。6~8クラブを想定している参加クラブの要件は今後詰める。現在の国内トップリーグのなでしこリーグは、アマチュアとして存続させる。

 新リーグは日本代表「なでしこジャパン」の強化や女子サッカーの普及に向けた起爆剤として期待され、7月に設立準備室を設置して検討を進めてきた。

最近何かと話題の匂わせ系女子。Jリーガーの彼女や嫁(元嫁)にもいっぱいいるんですよー。ネタとガチな奴があるので楽しんでいってね。
そろそろタイヤ交換って何!?雪道なんて運転できないよ~(><)
来年はあったかい所に行きたいな♪

韓国内のサッカーファンをイライラさせているのが、日本代表MF久保建英の存在とその能力値だ。マジョルカのトップチームでプレーする久保の数値が、ソン・フンミンとあまり変わらないことに韓国サッカーファンが不満を爆発させているという。

チョウ貴裁(チョウキジェ)氏(50)の公認S級コーチライセンスを1年間停止とすると発表した。同日の理事会で決定した。

 チョウ氏のパワハラ問題は匿名の通報があり、Jリーグが関係者への聞き取り調査などを行った上で、公式戦5試合の出場資格停止とけん責の処分を下した。同氏は10月8日に湘南の監督を辞任。クラブは監督復帰を要請していたが、指揮官は調査結果を重く受け止めて復帰を固辞した。

西野は神

この冬の監督人事で興味深いのは、浦和だろう。

「あの高校、やっちゃってください」とか言ってくるヤツもいた

杉本健勇の離脱待ったなし?

過去の事例から移籍が成立する確率が高い

乱闘騒ぎの後に、コロンビアのヒットマンからチラベルト氏の殺害の申し出を受け取っていたという、衝撃の事実を明かした。

アスプリージャ氏によると、2004年に国内の麻薬関連の銃撃戦で死亡したヒットマンは、前述の試合後にチラベルト氏の行動に怒りを見せたのか、アスプリージャ氏の滞在していたホテルに電話をかけてきて、チラベルト氏を殺害していいかとの申し出を行ってきたという。

今季低迷するチームの若返りを図るため、クラブ側は長友の代理人に「契約更新はしない。移籍先を見つけてほしい」と伝えた。

 リーグ3連覇を目指しているガラタサライだが、現在は5勝4分け2敗で6位と不調。欧州チャンピオンズリーグも1分け3敗と1次リーグ敗退が確定した。各紙はクラブ側が長友の200万ユーロ(約2億4000万円)という高額な年俸と、今季パフォーマンスがよくないことを契約更新しない理由に挙げているという。

モンバエルツ監督の性格は最後まで掴めませんでしたね(苦笑)

わかりやすい

「これだけでお金を取れるのでは?」と思える精度である。

高校サッカーに出れる年齢だからな

尹晶煥氏は11年に鳥栖の指揮官に就任し、チームを初のJ1昇格に導いた。17年にはC大阪の監督に就任し、初年度にルヴァン杯、天皇杯の2冠を達成。今季は途中までタイ1部のムアントンUで指揮を執っていた。

「(今の)私の立場から言えば、チームを壊すようなケガなど劇的な出来事が起きない限り、(優勝争いは)終わったと思う」

「チームは完璧なパズルだと思っている。(リヴァプールの)戦い方は選手のクオリティに完璧にフィットしていると感じるよ」

まもなく前売り〆

裏話満載!?

新たに開設した自身の公式SNSには「未知の世界『タレント業』に全力で挑もうと思っています。皆さん、仕事下さい(笑)何でもやって行く所存です(原文のまま)」とつづった。

このたび、坪井 慶介選手が今シーズン限りで現役を引退することとなりましたのでお知らせいたします。

なお、11月16日(土)13:00に開催される2019明治安田生命J2リーグ第41節モンテディオ山形戦試合終了後に、引退セレモニーを行います。

 

「最近、日本は東京五輪で軍国主義の象徴である"旭日旗"での応援を許可した。ここに軍服を連想させるユニフォームを着用することで『(韓国内で)軍国主義の野望を表に出したいのではないか』という心配の声も出ている」とも報じている。

 日本では迷彩風の柄がファッション性の高いデザインとしても認知されていること、新ユニフォームのコンセプトも「日本晴れ」ということから、特に大きな問題ではないように思うが、韓国側はどうしてもこうした受け止め方をしてしまうのかもしれない。

過去の連載の裏話や隠れ設定などを明かしてもらいます。

サッカーライター河治良幸さん登場

フィテッセのスルツキ監督は、本田が2010~13年にプレーしたCSKAモスクワ(ロシア)時代の指揮官。同監督は地元メディアに「我々にとって本田は大歓迎だ。質の高いプレーをもたらしてくれる」と獲得を熱望。一方で「本田が(加入を)望むかどうかだ。彼の兄(代理人)がまだ国外クラブを探している。数日中にはっきりできれば」と契約締結に至るかは本田側次第との認識を示していた。

内容はSNS投稿禁止ですので、安心してお越し下さい。

イングランドサッカー協会は「独立規制委員会は不当な退場であるという訴えを支持した。これにより、ソンはトッテナムの今後3試合への出場が可能」と発表した模様。 通常なら3試合の出場停止になるが、出場可能との判断が下された。 
清宮副会長は「サッカーとの共存は当然のテーマになってくる」と述べ、京都で建設中の府立スタジアムの例を挙げ、12都市にこだわらない考えも示した。将来的に収容1万人程度のホームスタジアムを持つことを参入要件に掲げるといい、国会議員への協力を呼びかけた。 
川崎サポが好きになりそう 
JFA田X幸三会長を攻めきれず、まだタジキスタンに辿り着けないアホーター 
「人間・石川直宏」になれたこと 
(編集委員・久保武司) 
「ソンのプレーが故意ではなかったことは明らかだ。彼にレッドカードが提示されたことは信じられないよ。レッドカードに抗議することもあり得るが、今は分からない」  指揮官は試合直後には抗議するかどうか未定としていたが、現地報道によれば、トットナムは異議申し立てを行ったとされている。これが受け入れられなければ、ソン・フンミンは今後プレミアリーグの今後3試合、シェフィールド・ユナイテッド戦、ウェストハム戦、ボーンマス戦を出場停止で欠場する。 
GK 大迫敬介(広島) 谷 晃生(G大阪) DF 板倉 滉(フローニンゲン) 渡辺 剛(FC東京) 岩田智輝(大分) 町田浩樹(鹿島) 立田悠悟(清水) 原 輝綺(鳥栖) MF 中山雄太(PECズヴォレ/オランダ) 三好康児(アントワープ/ベルギー) 田中駿汰(大阪体育大) 遠藤渓太(横浜FM) 堂安 律(PSV/オランダ) 食野亮太郎(ハーツ・スコッツトランド) 菅 大輝(札幌) 田中 碧(川崎) 橋岡大樹(浦和) 菅原由勢(AZ/オランダ) 久保建英(マジョルカ/スペイン) FW 小川航基(水戸) 前田大然(マリティモ/ポルトガ  
この度、成岡翔選手が今シーズンをもって現役を引退することとなりましたので、お知らせいたします。 
「アントラーズは、何かとハンデが大きい。だからこそ、知恵を絞って考えて、新しいことに挑戦するかが大事なんです」  Jリーグのマーケットは、約1時間で来場できるおよそ30キロ圏内に人口がどれだけいるかが、一つの基準とされる。人口約6.7万人の鹿島町(現・鹿嶋市。スタジアム建設当時)にあるカシマスタジアムは、この30キロ圏内人口が、たった78万人。プロスポーツを興行することはセオリーから大きく反する数字だ。なにせ半分は海に面しているのだから厳しい環境と言わざるをえない。現にFC東京は2200万人を数える。  だからこそ、つねに危機感を持ち、つねに新しいことにチャレンジしてきた。そして今、また新たな挑戦の一歩を踏み出そうとしている。 
その後、場内アナウンスで、サポーターに対してこれ以上の人種差別行為が見つかれば試合を中止すると警告。最終的に、バロテッリは90分間プレーを続け、終盤には1点差に迫る今シーズンのリーグ戦2ゴール目を挙げている。なお、試合はブレシアが1-2で敗れた。 
どう見ても故意の足へのタックルなんだから 擁護のしようが無いわな 結果が相手の選手生命を奪う最悪のものになったが それを差し引いても悪質 
本田は英語で、「ご存じでしょうが、僕は2020年の東京五輪でプレーすることを望んでいます」と改めて東京五輪出場希望を口に。続けて、「だから、強力なリーグでプレーする必要があります。来年の五輪に向けて良い準備をするために。それが僕のビジョンです。今はオファーを待っている状況です」と、レベルの高いリーグでプレーすることを望んでいることを明かした。 
あるサポーターの物語 
東京五輪を目指すU―22代表は、17日に国内初陣となるU―22コロンビア戦(Eスタ)。久保建英(マジョルカ)や堂安律(PSV)らA代表でプレーする五輪世代を合流させる"最強メンバー"プランを明かした。 
関係者を通じて永木にも謝ったという。中村GMは「ダメなものはダメ。(Jリーグ規律委員会の)裁定を待つ」。GK福島春のJ1初先発やMF柏木の2カ月超ぶり先発起用などスタメン5人を入れ替える勝負手が実るどころか、次節5日の川崎F戦をはじめ、リーグ残り3試合のうち1試合以上で指揮できなくなった。 
規律委員会での判断次第では残り試合で指揮官がベンチ入り停止処分になる可能性も出てしまった。 
今季のACLとリーグでまったく異なる戦いを演じていることを指摘。11月に行われるACL決勝ではアル・ヒラル(サウジアラビア)を相手に最多3度目のアジア制覇を目指すものの「リーグでは心配が多い」とし、「最近はリーグ5試合でわずか1勝と、勝ち点の積み上げに苦労している」と紹介した。  そして同紙は浦和が今後、鹿島アントラーズ、FC東京、川崎フロンターレといった上位陣との対戦が控えていることについて「簡単ではない。負担感が大きい。浦和の立場では、ACL優勝に集中することができない状況になっている」と綴っている。 
V・ファーレン長崎の高田明社長が、来月・12月をもってクラブの社長を退任する意向であることが分かりました。 高田社長はおととし4月、V・ファーレンが前の経営体制で1億2000万円の赤字を計上し経営危機に陥る中、クラブ運営を立て直すため、スポンサー企業の一つだった「ジャパネットたかた」の創業者として新たな社長に就任しました。 その後「ジャパネットホールディングズ」がクラブの100%の株式を取得してV・ファーレンを完全子会社化して経営を安定させました。 さらに、おととしには、V・ファーレンを長崎県に拠点を置くチームとして初めてJ1に昇格させるなど、チームの内外の改革を進めてきました。 関係者などによりますと、高田社長は経営再建に先が見えてきたとして来月をもって社長退任の決意をしたということです。 詳しくは今後、クラブ側から発表される見込みだということです。 
この「森マガ」の始まりは、「終わり」でした。 
なんて魅力的な強肩なんだ 
かなり強烈に浦和のフロントを批判していて司会者2人が固まっていた。 
「一般的に、欧州の選手と比べると、日本の選手はメンタルが強くないと思う。日頃からファンやメディア、ライバル選手、指導者から、よい意味でも悪い意味でも重圧を受けている欧州の選手は、それを力に変えて成長しようとする。一方、日本ではそのようなプレッシャーが少ないから、選手の精神力が鍛えられにくいと考えることもできる。  ただ、重圧が少なければ、選手たちは自らをのびのびと表現できるようになる。それもまた事実だし、メンタルがタフではない選手には、批判よりサポートのほうが必要だとも言える。だから、どちらがよくてどちらが悪いとは言えないよね。  同じようなことは、日本人選手のプレースタイルにも言えると思う。たとえば、日本人選手はシュートを選択すべきシーンでもパスを選択しがちだけど、それも確率が高ければ、正しいと言うこともできる。パスの技術を磨いて、ファンが楽しめるようなスタイルが成り立っているのであれば、それもまたすばらしいことだと僕は思うな」  そんな風にJリーグを好意的に捉えているカミンスキーには、お気に入りの選手がいる。  
「実際、僕はブレグジット(イギリスのEU離脱)について99%のことを知らない。首相が誰なのかも知らないよ。見当すらつかないね。興味がないから、何かを言うことはできない。ゴルフをフォローしているんだ。ゴルフで誰が世界ナンバー1選手かは教えることができるよ?」 なお『マルカ』によれば、今夏に移籍の可能性を模索していたベイルは、10月1日に行われたチャンピオンズリーグ、クラブ・ブルージュ戦で招集外となったことをきっかけにして、再びレアル・マドリー退団に向けて代理人のジョナサン・バーネット氏に冬の移籍先を探すよう求めたとのことだ。 
サッカー界にまで届いた内藤の存在感。  テレビ中継もされていたから、この福森の内藤ポーズが内藤ファンの間で、静かに拡散した。熱烈な内藤ファンの1人に試しに聞いてみたら「知っていますよ。福森選手でしょう」という答えが返ってきた。  対戦チームにタイチを含む8人タッグ戦があった10月28日の後楽園ホールで、「ちょっと話題になっているんだけれど、知っています?」と内藤に直接聞いてみた。  内藤は「ああ、それ知っていますよ」と言った。そして写真を見せるとニヤッと笑った。 「直接、会ったことは、まだ、ないんですよ。ツイッターは交わしました。札幌大会の時、知人を介して福森選手からユニフォームをいただいたんです」  内藤は、ポーズを決める福森の写真に丁寧にサインペンを走らせた。福森が発したこのパフォーマンスで、また新しい絆が生まれるのかもしれない。  リング外では大いに盛り上がっている内藤だが、リング内ではここのところ、荒れている。  これまで内藤は、タイチからの挑発をニヤニヤ笑ってのらりくらりとかわしてきたが、タイチに執拗に条件付きのシングル対決を迫られて、10月27日の後楽園ホールで、ついに「やってやる」と口にしたのである。 
ティラミス美味しそう 
客席から撮影されたこのときの動画がSNS上で拡散し、大きな反響を呼んだ。ワールドカップ公式ツイッターもリツイートして反応し、「ラグビー界に衝撃。期待の新星現る。新井選手ナイストライ」との文章を添えて紹介。すぐさま新井自身が、「ありがとうございます。すごい刺激になってます!!毎試合前にラグビーでモチベーション上げてます」とリプライするなど、大いに盛り上がっている。 
J1残留争いに向けての教訓として 
 
 
常に大戦を味わえるチームだからさ。 
2人はヘンク(Genk)ではなく、150kmほど離れたヘント(Gent)へ行ってしまったという。車で2時間ほどの距離だったが、2人がこの勘違いに気づいたのは試合開始の約30分前。スタジアムでの観戦は諦め、地元のカフェで時間を過ごすことになったようだ。  ヘントとヘンク。名前がよく似ていることが、思わぬ悲劇を呼ぶ結果となってしまった。ヘンクを本拠地とし、今回リバプールと対戦したベルギー王者ヘンクは現在、日本代表MF伊東が所属。過去には元日本代表FW鈴木隆行氏もプレーしていた。一方、ヘントを本拠地とするヘントはFW久保裕也が所属している。  なおヘントは、勘違いしてヘントにやってきた2人のリバプールサポーターを24日のUEFAヨーロッパリーグ第3節ヴォルフスブルク戦に招待する粋な計らいを見せている。 
25日に更新したツイッターでは「なぜオファーをくれないんだ。僕はまだアジアでベストな選手の一人だ」とツイートし、ビックマウスは健在。オファーのない現状に疑問を投げかけている。  果たして、本田を獲得するクラブは現れるのだろうか。 
上位陣の広島、鹿島、川崎と29日から8日間で3試合をこなした上に、4日後に敵地・サウジアラビアでのACL決勝第1戦・アルヒラル戦を迎える超過密日程になってしまった。  ACLを制覇した場合は、12月14日からはクラブW杯に出場する。もし万が一、J1で16位に沈んだ場合には12月29日にJ1参入プレーオフ決勝が控えている。 
今年のJリーグアウォーズは都内で開催予定。無料での一般観覧はJリーグ公式アプリ『Club J.LEAGUE』で応募することができ(抽選にて決定)、ライブストリーミングサービス『DAZN(ダゾーン)』ではLIVE配信が予定されている。 
土田はかつて元スペイン代表で現在はヴィッセル神戸でプレーする世界的なスーパースター、イニエスタ選手を「イエニスタ」と呼んだことがある。サッカーを見ていて知識もありそうに見えて、実はそれほどでもないというのが定説だ。  そんな「ビジネスサッカーファン」がサッカーを切り捨てる発言をしたことサポーターからは怒り心頭。ネットには〈2度とサッカーを語るな。サッカーの仕事すんじゃねーぞ〉〈今度はラクビーに寄生するんですか。サッカーには戻ってこないでくださいね〉と厳しい意見が並んでいる。 「土田に批判が殺到するのは、発言だけの問題ではありません。彼は当初、浦和レッズのファンを公言していましたが、途中で地元の大宮アルディージャに乗り換えています。それでもレッズが好きだと話したり、どっちつかずな態度をとってきました。サッカーファンの間では、ひいきのチームを簡単に変えることは恥ずかしいこととされています。それをやった土田は真のサッカーファンとして受け入れられていないんです」(週刊誌記者)  浦和レッズから大宮アルディージャに乗り換えたように、確かに、サッカーファンからラグビーファンにくら替えしてもおかしくなさそうな、この日の土田であった。 
11月14日のW杯アジア2次予選キルギス戦(アウェー)でお披露目される可能性が高い。その流れなら、東京五輪世代のU-22(22歳以下)日本代表はその3日後、17日の国際親善試合キリンチャレンジ杯のコロンビア戦(広島・Eスタ)で初めて着用するとみられる。 
丸山 入場者数はおっしゃる通りこの4年間で上がっています。昨年はワールドカップイヤーで日程がかなり偏り、平日の試合が例年より80試合ほど多かったのですが、それでも前年(2017年)を上回ることができました。J1のクラブが18クラブになった2005年以降でワールドカップイヤーに前年の平均を超えたのは初めてです。今年も第1節からずっと節平均が2万人超えで、例年第2節、第3節で少し落ちる傾向がありますが、今年はそれほど落とさずにここまで(第26節終了時点)平均2万1000人前後をキープしております。中でもゴールデンウイーク5/3、4の第10節は節平均で2万9000人近く入りJリーグ史上最多記録となりました。   
ビジターサポ向けフリーペーパーはなぜ誕生したのか? 
杉本健勇が食べたパスタとは? 
最終的には気持ち 
。僕に対しての暴言は、いくらでもありますよ。 
全く集客努力しないんだもん やばいよ普通に 
藤田オーナーはミーティングで「2024年のJ1制覇」「2025年のACL制覇」を公言していた。J1を制覇するような体制を整えるためには、最低でも50億円レベルの年間予算が必要になる。Jリーグに限らずスポーツビジネスは成長産業で、それを見越すとより大きな金額を想定するべきだろう。  筆者の解釈を加えるなら「2018年度に7億5千万円だった売上を、6年で10倍にする」くらいの含みを、オーナーは示唆していた。要は「2024年までに売上を十倍にする」ストーリーだ。  一企業一個人が年に60億、70億を負担するならば話は早い。しかしそれは持続可能性が乏しいし、それだけのスポンサーフィーを出す経済合理性はない。収入と支出のバランスが大きく崩れれば、成長どころかクラブの存続がむしろ危うくなる。町田を深堀りできていないクラブが「東京」「日本」「世界」を開拓できるのだろうか?そこは率直にって疑問だった。 

若手育成へエリートリーグ J20年から導入へ

20年の東京オリンピック(五輪)期間中はJリーグは中断することになっているが、プレシーズンマッチの開催は容認されることになった。また若手育成のために創設するリーグ戦の名称が「Jリーグ エリートリーグ」に決定。導入時期を21年から20年に変更し、現時点で11クラブが参加を希望していることが確認された。 
2人の逸材を獲得した川崎Fの向島建スカウトは、満足そうに笑う。 「もしもドラフトがあれば、2人を同時に取ることなんて、できなかったですね」 
「私は空腹で過ごし、畑で仕事をし、裸足でプレーし、学校には行かなかった。現在、私は人々を助けることができる。学校を建て、貧しい人々に食料や衣類を与えることをより好んでいるよ」 
首から肩にかけて痺れが酷くなり、とうとう椅子にかけて授業を受けるのも困難な状態に陥る 
独特な乾杯方法。 
長年、育成年代における指導や環境の問題を追ってきたスポーツライターが問う。 
コールリーダーはどうやって決めるの? 
3年前、悪い意味でのサプライズを起こし、世界最高峰の舞台に立つことができなかった日本。 
選手からのジャスティスはなかったです 
凛としている! 
【監督 曺貴裁 コメント】 湘南ベルマーレに関わる全ての関係者の皆様に改めて深くお詫び申し上げますとともに、本日をもって監督の職を辞することを報告致します。 これはクラブ側と重ねて協議をさせて頂いた上での結論であります。 今回のJリーグ裁定にて処分が決定し、関係者の皆様のご心情に触れ、改めて自分の指導者として、人としての力の無さを痛感致しました。 この反省からもう一度初心に立ち返り、受け手が感じる気持ちに深く寄り添い、共に歩んでいける真の強さを身に付けなければいけないと思います。 トップチームの監督を含めた15年間このクラブの関係者の皆様に本当にお世話になり、感謝の念に堪えません。 辛いこと、嬉しいこと、たくさんの経験をさせて頂きました。このような長年の歩みに関わって頂いた選手、スタッフ、サポーター、スポンサー、株主の皆様、トップチームを夢見る子どもたち、全ての方々に御礼を申し上げますとともに、このような形での退任となりましたことを心よりお詫び申し上げます。 【株式会社湘南ベルマーレにおける処分】 ◆代表取締役会長 眞壁潔 下記、代表取締役社長水谷尚人と同額を一般社団法人Ring Smileに寄付(報酬を得ていないため) ◆代表取締役社長 水谷尚人 減給(月給50% 3ヶ月) ◆スポーツダイレクター 坂本紘司 減給(月給50% 3ヶ月) 
クラブは指揮の継続を要請していたが、本人の意志が固く、新監督の選定を進めている。  Jリーグは匿名の通報を受けて約60人の関係者から聞き取り調査を実施し、4日に処分を発表した。同日に記者会見したチョウ監督は、現場復帰について「僕がこうしたい、ああしたいということをこの場で申し上げても、全く説得力がない」と態度を保留していた。  チョウ監督は2012年に就任し、今季が8年目。 
浦和レッズ対湘南ベルマーレの誤審はどうすれば防げたか? 
セルジオ越後の特殊能力に僕はそのとき気づいたんだ。 
結論として「チョウ氏にはパワーハラスメントに該当する言動その他不適切な言動が多数存在したこと、チョウ氏によるそのような言動により被害を受けた者が少なくないこと、チョウ氏の言動や被害の発生に対してフロント幹部は適切な対応を怠っていたことなどを認定・評価する」と指摘し、パワハラが存在したことを認めた。  聞き取りで出てきた発言の中にはチョウ監督が「否認するものも多数認められた」というが、調査チームは「関係者供述等を総合して判断すれば、事実を認定できると考えた」とした。その上で「Jリーグ及び湘南ベルマーレとして、責任ある関係者に対して厳正な対応を採るとともに、職場環境の改善と再発防止を図る必要があると考える」とリーグ、クラブによる処分の必要性にも踏み込んだ。  一方で「チョウ氏の指導方法やその熱意等について賞賛する選手その他の関係者も少なくないことなどからすると、指導方法等には良い面があったことも否定し難い」とも言及。「Jリーグの指導者が過度に委縮等して、スタッフ及び選手のためになすべき指導等が行われなくなるような事態とならないことを希望する」と配慮している。  Jリーグは4日午後1時30分から報告書に関する記者会見を開始。詳細な内容、またリーグによる処分・対応などはあらためて詳報する。 
ソンフンミンもついこないだ吉田と仲良く喋ってたぞ ソンフンミンはザキオカとブンデスでもプレミアでも良く喋るって言うてたな 
トレードマークは必ず目を引いてしまうような豊満なバストであり、ナポリのファンからは「胸を見せろ」と大合唱を受けた。そこで見せたジェスチャーが大きな話題に...。 
同メディアは浦和がJリーグで13位に低迷していること、また先日天皇杯4回戦で4部相当のJFLのHonda FCに敗れていることとともに、驚きとして伝えた。 
南野拓実 CL2試合 1ゴール3アシスト  
「もはや浦和レッズ、そしてアジア屈指の悪魔のスタジアムである埼玉は、中国サッカーにとっての天敵だ。これまで広州恒大、上海申花、上海上港などがこの牙城に挑んだが、2分け7敗と惨憺たる結果に終わっている。今回のセミファイナル第1戦でも圧倒的なホームサポーターの重圧にさらされ、広州恒大の選手たちは本来の力を発揮できなかった。不甲斐なくも完封に抑え込まれ、ひとつは挙げておきたかったアウェーゴールを逃がしたのである。完敗と認めざるを得ないだろう」 
元イングランド代表リネカー氏がツイート「もし対戦相手なら笑いこらえるの大変」 
現地の人にとって、自分の愛するクラブの監督や他の選手まで攻撃されるのはたまったものじゃないでしょうね。久保建英のために行っている行動だとしても、それが誤ったものであれば、久保建英自身にも振り返ることをお忘れなく。 
Jで普通だった守備の対応とは違うプレーをする選手が多いこと 
現在鹿島は、リーグ戦首位のFC東京を勝点1差で追っており、優勝争いの真っ只中で中盤の重要なピースを2枚失うこととなった。   
負傷を抱えながらプレーを続けるシーズン後半戦だが、興梠は「怪我は順調に治っているし、チームの力になるプレーをしたい」と、コンディションに問題がないことを強調した。 
「第4回レフェリーブリーフィング」の内容が広くまとまっており、勉強になった。 
これが続くようならばJリーグは終わる 
29日に開催したF東京戦で、賞味期限切れの商品を販売していたと発表した。会場外の売店で販売した「松本山雅FCポテトチップ」に、9月3日に賞味期限を迎えた「わさび&和牛味」と、同19日だった「山賊焼き味」が含まれ、計31個が売られた。購入者からの指摘で判明した。  松本は商品の交換や返金に応じるとし、「健康被害の可能性は低いと製造元に確認している。お客さまに多大なるご迷惑をお掛けしたことを深くおわび申し上げます」とコメントした。  
やっと判別出来るように  
ドルトムント香川の時にそういうのダメって学んだやろ 何回繰り返すんやこいつら 
久保のタッチ数10 GKのタッチ数22 
サポーターに侮辱されたオリヴェイラ監督は"クソくらえ"と叫びながらこのポーズ 
試合後はサポーターが出口に集結。選手バスも約45分間、停車した。 
21日にアウェー宮崎でホンダロックに3―1で快勝するなど、4連覇が懸かるJFLでも目下16戦負けがなく(13勝3分け)首位快走。井幡博康監督(45)は「(浦和の)カウンターに注意し、自分たちのプレーができれば」と真っ向勝負を挑む。 
村井満チェアマンは「以前は21年からと話していたが、様々なスピードアップを経て合意を得ているという状況」と話した。  さらに「(導入を決めたのは)ひとつは世界での潮流の話。世界と戦うために足並みを揃えないといけない。20年からに早めたのは、VARのトレーニングがFIFAで定められている基準がある。その目途がつくかがポイントだったが、そこの目途がついた。ファンやサポーターからの声もあった。いずれ導入するのであれば急ごうという結論になった」と説明した。 
10月上旬をめどに一定の方針を示せれば」と見通しを明らかにした。  リーグは7月初旬に匿名の通報を受け、8月中旬から弁護士チームによる調査を開始した。監督本人や関係選手らへの聴取は既に終了し、内容を分析している段階だという。弁護士チームからの結果報告を受けた後、裁定が必要と判断された場合は裁定委員会で処分を決定する。 
 
まさに、残留戦線の今。いい記事だった。 
3年と月日が彼らにある影響を及ぼしていた。 
フロント力の差がよくわかる動画 
都並監督が思い描くヴェルディと浦安の関係とは 
浦和レッズYouTuber 
ファルカン采配は25年前も世界のスタンダードだった。しかし当時の日本にその認識はなかった。なんでそんなメンバーを選ぶのか。ベストメンバーを組もうとしないファルカンに多くの人が疑心暗鬼になっていた。そして日本はいまなおそれに近い状態にある。旧態依然たる姿とはこのことである。森保監督は年に何度か欧州を視察して回っているようだが、その程度では世界観は膨らまない。スタンダードは身につかない。いっそファルカンから教えを乞えばと言いたくなる。いまの森保監督の感覚ではW杯は戦えない。僕は強くそう思う。 
嘘発見器恐るべし 
本田GMもそのくらいの長いスパンで、チームを強化しているように思える。 
数々の逸話を聞きたくてロック総統をお呼びしたのだった 
「今日から始まる2次予選、田嶋(幸三)会長は厳しいと言っているけど、僕はそうでもないと思います(笑)。ここまで"個"で通用する日本代表チームというのはなかった。ただ、"個"というのはやり様によっては抑えられる可能性があるんです。いままでは親善試合とかで、そこまで研究して抑えにきたチームはないんですよね。研究されても弱いチームが相手ならぶち破れる。  ただ、この先最終予選に行った時に、対戦相手に研究されて、初めてでどうしようとならないかという不安があって......。余計な不安かもしれませんが」   
1万人を超える香港サポーターが試合開始前の中国国歌演奏中に大ブーイングを浴びせた。 サポーターらはイランの国歌には拍手を送る一方、中国国歌には腕でバツ印をつくるなどした。英語で「香港は中国ではない」と書かれた幕も掲げられた。 
VARはスローで判定しないって初めて知りました。 
特に最後の方の部分はどこのチームにも考えさせられることじゃないかな 
本当は久保を先発で使いたいのだろうが、そうなると堂安をどう使うかが難しくなる。現時点ではクラブのステータスから見ても、PSVの堂安の方がマジョルカの久保より上と言わざるを得ない。 
点は取らず金は取る杉本健勇 
こうやってアジアの情報も簡単に得られるようになった。ありがたいことだ。 
久保建英らの意識の高さと貪欲さを目の当たりにし、前田は時代の変化を痛感している。 
「海外に行くことが成功じゃない。(海外の)ビッグクラブで結果を残すことが成功。それができるように、自分自身まだまだやっていきたい」。かつてはセリエA名門のインテルでプレーし、11-12シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは8強入りも経験。昨季はガラタサライで7シーズンぶりのCL出場を果たし、今季も2年連続で参戦する。 
神戸は17年度の52億3700万円から倍近く増え、世界的司令塔の影響力が数字でも証明された形だ。  イニエスタ選手が加わった昨年7月以降、チケットは完売が続き、18年度の入場料収入は前年度比約1・6倍の8億4千万円に。レプリカユニホームなどの物販収入も約2倍の3億8800万円に拡大した。  とりわけ大きな柱となったのがスポンサー収入で、17年度の33億5200万円から62億800万円に急増した。クラブによると、増収分の多くは、インターネット通販や通信、金融など国内外で70超のサービスを展開する親会社・楽天とそのグループ企業からの収入という。 
「ボローニャは、弱冠20歳ながらも非常にひた向きで、素晴らしいフィジカルやテクニックを持つ青年を発見した」と言及。「紙上」ではサイドバックだが、場合によって2人のセンターバックとともに3バックを組むシニシャ・ミハイロヴィッチのシステムに触れ、「単なる"サイドバックに適応したセンターバック"以上の力を証明している」と称えた。 続いて、「トミヤスは右サイドで攻撃にも上がる」と綴り、ヴェローナ戦での攻撃への貢献度にも注目。「日本人選手の相手陣内のパスは、セリエA第1節全体で最多となる64本を記録」したことを紹介した。スパル戦においても、「ドリブル成功は7回中5回。78%のパス成功率に加え、CKから惜しいヘディングシュートもあった」とし、ボローニャの攻撃において、「並外れた数字」を残していると強調した。さらに「最も注目すべき点は、セリエAでの2試合において1度もドリブル突破を許していないことだ」と綴り、守備力も高く評価した。 
直近のリーグ戦は3試合で14失点。J1ワーストの総失点は56となり、篠田監督は「顔を上げて次の準備をしたい」と、険しい表情で話した。3試合勝ちなしで、プレーオフ圏内の16位鳥栖とは勝ち点2差となった。 
「お前ら日本人は神や!」と逆にお礼を言われたようだ。本田は「普通のことして感謝されて、日本の文化を誇らしくなった日」と振り返っている。 
チームは6-0の大勝。唐山はJ3出場4試合で早くも6得点となっている。 
長友選手、平さんは「三瓶さんが楽しめないんであれば」と帰国を快諾してくれたとのことです。  また、トルコ移住を決めた際の心境を「自分の中で運命を感じてしまって」と振り返った三瓶さん。東野さんから「どれくらいで違うなと思ったんですか」と聞かれると、「あの~、結構早めだったんですけど」と三度笑いを誘っており、松本さんからは「アースマットでももうちょっと持つからね」と秀逸なツッコミも。その後は終始イジられる展開となりましたが、三瓶さんが故郷である福島県の「住みます芸人」を1年間で辞めていた過去にスポットライトが当たると、軽いお説教タイムに突入していきます。  中居さんからは、「終わらせ癖がついてしまうのは......」「どこのお仕事もどこの場所も、自分が100%合うとこなんてないんですから」など大人なアドバイスも送られましたが、三瓶さんはなぜか仏頂面でかたくなな態度。松本さんから新ギャグを作ることを提案されるも態度を崩さずにいると、指原さんから「今ので分りました、態度が悪いです」「みんなともっと前向きに接さないと......」など、人格の根本的な部分を指摘するような鋭い言葉も飛び出していました。大後輩にお説教されちゃった。  それでも態度を変えない三瓶さんは、中居さんから「今なにしたいの?」という振りに対して、「帰りたいです」とダメ人間キャラとしては100点の返しを披露。スタジオは爆笑に包まれ、芸人としての仕事はしっかりと果たしてコーナーを終えていました。三瓶さんの謎に包まれた内面が垣間見える放送だった......。 
クラブとしてどのような指針をもって戦うべきか選択が必要 
アルビのキャプテンとして何に苦悩していたか 
男装してスタジアム入場を繰り返していた女性ら4人が当局に逮捕され、波紋が広がっている。観戦許可をめぐっては、女性の権利拡大を主張する保守穏健派のロハニ政権と、保守強硬派との間で意見が対立している。  イランでは1979年のイスラム革命以降、サッカーなど、人気のある男性スポーツを女性が競技場で観戦することができなくなった。禁止する法律はないが、痴漢や暴力を受けるのを防ぐための措置という。  だが、2017年末ごろから、付けひげや胸に布を巻くなどして男性を装って、スタジアムに入場してサッカーの試合を観戦する女性が続出。その姿が相次いでSNS上に投稿された。最も頻繁に「男装入場」の舞台となったテヘランにあるイラン最大のスタジアムの名前にちなんで「アザディ(自由)の女性たち」と呼ばれた。  だが、関係者によると、過去に男装姿で入場を繰り返し、ネット上にその姿を投稿していた会計士のザフラ・ホシュナバズさん(27)ら女性4人が今月13日、当局に逮捕された。 
以前は移籍したばかりの欧州組に対し、クラブに慣れることを優先し、招集を見送っていた。その時は「なるほど」と思った。だが、今回は堂安、中島、久保ら新天地でまだ立場を確立していない選手を呼んでいる。ブレている。シーズン序盤にクラブを離れて、彼らが出番を失う結果になったら、長い目で見て日本代表にとっての損失になる。 同時に、この時期こそ彼らに代わって新戦力を試せるチャンスだ。W杯2次予選はしびれる相手じゃないはず。この時期に選手層を厚くし、チームを底上げしないで、いつするつもり? 最終予選が始まったら、もうそんな時間はない。それに2次予選にベストメンバーで臨んで、自分たちのサッカーができたと喜んで、勘違いしてほしくない。 
今夏はJから欧州挑戦に踏み切ったり、欧州内で移籍した選手が非常に多かった。その点はやはり配慮すべきではないか。その筆頭が久保建英。先週22日にレアル・マドリーからマジョルカへのレンタル移籍が決まったばかりで、まだ公式戦に出ていない。9月1日のバレンシア戦でピッチに立ったとしても、直後に帰国を強いられるのは、新チーム適応の妨げになりかねない。  フローニンゲンからPSVへの移籍が28日に合意に至ったばかりの堂安律にしても同様だろう。新天地に赴いて間もない香川真司(サラゴサ)や中島翔哉(ポルト)も多少なりともリスクがあると言わざるを得ない。彼らのようにプレー環境が変わったり、チーム内序列が固まっていない選手は当面、招集を回避してクラブでのプレーに専念させる方が、長期的に考えても本人たちのためになるはずだ。 
「ドクターからは(全治)4週間と聞いている」と明かした。今後、MRI検査で状態を再確認する予定。指揮官は「私の感覚では(9月14日)松本戦か(同18日)カップ戦(天皇杯4回戦)に。最悪でも(同28日)川崎Fのアウェー戦はいけると思う」。 攻撃の軸としてより存在感を増してきただけに痛手は間違いない。 
キングカズvs朝日新聞記者 とある日韓戦の試合後、朝日新聞の記者が国旗、国歌斉唱の時に1人だけ胸に手を当てて声に出して歌うカズにこんな質問をした。 「韓国では日の丸や君が代には過去の軍国主義の象徴という意味もあるのをご存じですか」 するとカズはこう切り返した。 「自分の国の国旗や国歌に敬意を表さない人が他国に対して敬意を表す事ができますか」 記者は反論できなかった  
これは神回 
 
「中国代表のユニホームを着用しないことで、中国に対する気持ちを表現しています。そもそも中国のサッカーは笑い話だらけというのもあります」(別の香港人男性) 
浦和戦で相手が3人がかりで取りに来ても、僕自身はそんなにプレッシャーは感じなかった。それに3人に囲まれても抜け出せばスカスカに空いてきちゃうのがJリーグ。ドイツの場合は1人をかわしても、2人目3人目が来ていて『うわ、全然スペースないな』と感じるから。チームとしてのプレスのかけ方がうまいんだと思う。そういうところの違いはきちんと意識しないといけない」と酒井はあえて苦言を呈したのだ。 
すでにドイツサッカー連盟(DFB)もポドルスキ招集を検討しているという。  ドイツ紙『ビルト』によると、ポドルスキは「もちろん、僕は五輪に出たいと思っている。もしDFBが興味を持っているなら、それについて話し合う準備ができている。僕は選手として大きな大会など多くの経験をしてきた。日本も知っていて、若い選手たちと上手くやれるはずだよ」とコメントしたという。 
元ギニアビサウ代表でポルトガル国籍を持つFWイズマ(28)が27日、J1松本山雅の練習に参加した。J1残留争いが続くリーグ戦は残り10試合で、松本山雅は残留に向けた戦力として加入手続きを進める方針だ。 
三上悠亜好きなのかよ、イスンウ 
沢山褒めたので山田康太選手を返してくれないか。 
fsntwwet1.jpg
Twitterでも情報配信中

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。