サッカー業界バーチャル花見【LIVE】

ここだけの話、連発中。アーカイブは無しなので聞くなら今だけ。


サッカー話を展開中!

合計15本をノミネート。

今明かされる真相

もうこれしかないような。

お昼に食べているのは○○

そうなるのか!楽しみ!

今から来年のJ2リーグが怖い

「この時代に、そんな怖いことが起こっているのか! しかもこれほど酷い光景がずっとテレビで放送されているのに、誰も何も言わないのか? 欧州ならすぐに訴訟が起こって大変なことになっているぞ」

「イタリアはいつも俺に多くのものを与えてくれた。この危機的な状況で、俺は愛するこの国にもっとお返しがしたい」

「このウイルスを撃退するため、俺のチームメイトやすべてのプロアスリート、そして必要に応じて少額にせよ高額にせよ寄付をしたいと思っている人たち、彼らの寛大さを頼りにしている」

「俺たちが協力すれば、俺たちの命を救うために毎日献身的に働いている病院や医師、看護師の助けになれるはずだ。なぜならいま、俺らが彼等を応援しているからだ!」

「一緒にコロナウイルスを撃退して、この試合に勝とうぜ!」

来シーズンの残留争いが地獄。

森保一監督(51)、同女子代表の高倉麻子監督(51)ら指導者のほか、サッカー協会などの会議にも出席しており、各団体への感染拡大が懸念される。

日本サッカー協会の田嶋幸三会長が新型コロナウイルス検査で陽性だったことが17日、関係者の話で分かった。同会長は国際サッカー連盟理事や日本オリンピック委員会副会長など、国内外のスポーツ団体で要職を務めている。

1位は○○に決定!!!

J2民は見るべし。

1日4試合水分補給なし・・・必見!

山本雄大主審のインタビュー記事が話題になりました。

「タトゥーのせいで呼ばれないなら、しょうがないですよ。去年の代表戦は悪い感触ではなかったけど、俺が出たのは所詮 "練習試合"。やっぱり、本チャン(W杯やW杯予選)に出たい。

 

 守備に不安があると指摘されるけど、ちゃんとタックルしてるし、空中戦の勝率とかも見てほしいですね。次のカタールW杯は30歳で、その次のW杯は34歳。そこまで狙ってますよ(笑)」

"国難"の中でJリーグ再開を強行するのか、中断が長引きJクラブのドミノ倒産が始まるのか。進むも地獄、退くも地獄だ。

肉の中ではベスト・オブ・ベストですね。

僕のサッカー遍歴は悲惨としか言いようがないです

2017 ムサエフ (1年目は活躍したが、怪我以降幽霊部員化)
2018 モルベッキ (完全に戦力外だった)
2018 ギレルメ (暴漢・素行不良)
2018 エレン (微妙)
2019 ロドリゲス (素行不良)
2019 ルキアン (ポスト以外は・・・)
2019 ファビオ (何試合出たっけ?)
2019 エベリシオ (素行不良 入団時から既にヤル気ナッシング)

藤本選手は問題のツイートを削除し、『品薄商品しっかり生産されているニュースも出ています。みなさん必要な分だけ購入して、本当に必要な人が購入できないと言う状況はなくなるように、焦らずに早くコロナウイルスがおさまるように全員で協力していきましょう』と新たに投稿しています。

 

サッカーファン必読の内容!

「日本人だから新型コロナウイルスに感染していた疑いがある」との理由でスタジアムから追い出されたと報じていた。

 クラブは「起こったミスを謝罪し、賠償します」とした上で「警備担当者たちは団体客に対し、ロバートコッホインスティテュート(危険性評価の原則と大規模イベントで推奨される対応)に沿った対応で一層厳しくコントロールするように促されていた。現在テーマとなっている大きな流れで、残念ながら私たちの日本人ゲストに対する解釈でミスが起きてしまいました」と警備担当者の解釈ミスだったと釈明した。

するどい指摘で震える!

今だけチャンス。

■2月19日、スーウォンワールドカップスタジアムにてアジア・チャンピオンズリーグ「水原―神戸戦」を観戦。

■「99番」のバスに乗り、スーウォンワールドカップスタジアムを訪問。

■E席(自由席)チケットでスタジアムに入場。

E席1階、車椅子席付近で1930キックオフの試合観戦。

韓国メディア「スポーツソウル」もこれを報じている。追って続報を。

60000強収容スタジアムの威力w

記者達が思わず拍手した 
「J2の中位~下位常連クラブ、J3の大半のクラブは2週間ごとの地元開催試合の入場料収入を日銭として使い回しながらクラブを運営しているのが現実。開催延期と平日代替開催での入場料収入の低下は死活問題となる」(サッカー関係者)  新型コロナウイルスの終息宣言がなされる前に消滅するJクラブが出てきたりして......。 
過去14日以内に韓国、日本、イタリアに滞在歴のある外国人および無国籍者はモンゴルへの入国が禁止され、ビザ申請や発給がストップするという。なお、上記3国をトランジットで通過した者は例外となっている。 
「全力さん」こと加納広明氏はどう考えているのか。 「(Jリーグ)第1節の試合を応援しているときに(サポーター仲間と)『今後は試合開催がどうなるかわからないね』という話はしていたし、今回の決定は仕方ない。サポーターとしては試合が中止にならなくてよかったと思う。リーグが再開されたときは、これからしばらく応援ができなくなるうっぷんを晴らすくらいの声援を送りたい」  Jリーグが目指す最短3月18日に再開となったとしても、23日のJ1神戸―横浜FC戦のように合唱や肩を組んでの応援が禁止(自粛)され、サポーターの一体感や歓喜の瞬間の盛り上がりに欠ける可能性もある。代名詞の"全力スタイル"を発揮できなくなるが「ルールができたら、その範囲内で精一杯やっていきたい。もし逸脱してしまうようなことをやったらクラブに迷惑がかかるので」と語った。 
この結果から、Jリーグが最もクリーンなリーグと言っても異論はないだろう。ただ、CIESは「試合におけるアグレッシブさにおいて、地域的な大きな違いが見つかった」と表現した。その意味では、Jリーグは「もっともアグレッシブでないリーグ」となるのだろうか。    なお、欧州5大リーグでは、イングランドのプレミアリーグが最少(レッド0.13枚+イエロー3.61枚の3.74枚)。リーグ・アン(0.26枚+3.72枚の3.98枚)、ブンデスリーガ(0.19枚+3.94枚の4.13枚)、ラ・リーガ(0.23枚+5.28枚の5.51枚)、セリエA(0.31枚+5.51枚の5.82枚)の順だった。 
大物の予感。よくわかる動画。 
サッカーJリーグは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、来月15日までに予定されているJ1からJ3までのリーグ戦などすべての公式戦の延期を決めました。 
サッカーのJリーグで26日に各地で予定されていたYBCルヴァン・カップ7試合が、新型コロナウイルスの感染拡大により中止になることが25日、関係者の話で明らかになった。 
タイトな日程がよりタイトに。 
えりな&栗田 
当面「ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)のホームゲームも無観客試合を勧告」とする決定も発表された。 
J2開幕前におすすめ 
やっぱり○○だ! 
胸を打たれた。16年だよ、16年。 
昨季は金曜日開催のリーグ戦で7戦全敗。湘南にも2年間未勝利(1分け3敗)で、開幕戦も3年勝てていない。昨季リーグ14位と低迷した浦和が強豪のプライドを取り戻すため、開幕白星で苦手なデータをすべて払拭(ふっしょく)する覚悟だ。 
感染拡大を防ぐために札幌ドームでのホームゲーム開催について対応を検討しております。 つきましては、2月19日(水)から販売しておりましたクラブコンサドーレ会員先行販売を中止し、さらに明日2月22日(土)から発売予定の一般販売につきましても販売を延期いたします。 販売再開に関しましては、対象試合の対応が決まり次第改めてご案内いたします。なお、すでにクラブコンサドーレ会員先行販売にてご購入されたお客様につきましても、払い戻しなどを含め改めてご案内いたしますので、チケット(QRチケット含む)はそのままお持ちください。 皆様には急なご案内となり大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。 
札幌ドームで開催される札幌ーG大阪(3月7日)に関して、村井チェアマンは「日程調整ができるか協議したい」と話した。  
J2番記者さんが「J2の今」を伝えるJ論J2チャンネル、本日スタート 
他サポが見ても楽しい 
心突き動かされる 
タイでU-23選手権でオーストラリア代表の試合を取材していた河治良幸さん。 
10年前  ウイイレ100万本  現在  ウイイレ7万本  何があった・・・・? 
【経歴】 清水市立高部小学校 ― 清水エスパルスジュニアユース ― 静岡学園高等学校 ― 柏レイソル(2002-2005) ― アルビレックス新潟(2006-2010) ― 浦和レッドダイヤモンズ(2011-2016) ― 東京ヴェルディ(2017-2018) ― 東京ユナイテッドFC 
豊富なタレントを抱えるリバプールだが、これからチャンピオンズリーグが再開し、また過密日程を戦わなければいけない。南野はアピールを続ければ、再びピッチに立つ機会がめぐってくるはずだ。 
今年期待の3人。 
バルセロナが保有権を持つものの、現在は所属先を見つけられずにいるという。 
新たにホームタウンである「宇都宮」および「愛称」を加えた名称を公募することとなりました。 「宇都宮」および「愛称」を加えた新しいチーム名称を募集することにつきましては、クラブとして次いくつか目的がございます。 
日本と中国から関心を寄せられ、MLSと中東のクラブからもスカウティングをされている」  キ・ソンヨンのJリーグ電撃参戦が実現すれば、小さくない話題となることは必至だが、果たして、どうなるだろうか。その動静に注目したい。  
もうトップ5ではなく、3番目や4番目の間ぐらいに我々はサッカーの関心度を高め、競技力を高め入っていく 
■料金 1名様:250,000~350,000円(キックオフ時間により異なります) ■申込締切 対象試合開催日の3日前まで ■ツアー詳細 当日のスケジュール、料金等は下記、特設サイトよりご確認ください。  
オジェックもすごい。 
本田は確かにいい選手だ。それは疑う余地はない。しかしその目の前には多くの問題が山積みされている。    ひとつは本田が選んだボタフォゴというチームの問題だ。  この名門クラブは現在、非常に難しい状況にある。とくに財政面の問題は深刻で、クラブはゴタゴタを抱えている。 
「審判がホスト国である韓国をひいきしたことがある」と指摘。グループステージでポルトガルを破って決勝トーナメント進出を果たした韓国について、トーナメント1回戦のイタリア戦で韓国選手がイタリア選手の頭を故意に蹴るもレッドカードが出ず、イタリア選手が韓国選手に倒された別のシーンではイタリア選手がシミュレーションの反則を取られ一発退場させられるという事態を引き起こしたと紹介している。 さらに、準々決勝のスペイン戦でもスペインのゴールが無効と判定されたり、0-0で迎えた延長終了間際にスペインが得たコーナーキックを蹴る前に主審が試合終了の笛を吹いたりといった不可解な判定が相次ぎ、結局PK戦の末にスペインが敗れて韓国がベスト4に進出したと伝えた。 
鹿島のような伝統あるチームなら、このような戦い方はしないだろう。手堅く守備ブロックを作れば、そう簡単にやられないはずだ。神戸、横浜Mの戦力は充実しているが、この試合を見る限り、今季のJ1は混戦になる予感がした。  おまけに最後のPK戦はひどすぎる。9人連続で外すなんて、もはやプロとは呼べない。経験上、PK戦はメンタルの強い選手を5人そろえるもの。お互いに気持ちの弱い選手が出てきてしまったのか。解説のしようがない。 
 
本人もトルコにいたいと言ってます 
 
いい補強をしている。お金の力は大事ですね。 
同配分金は、各クラブ別でスタジアム来場者やライブ配信を行うDAZNの視聴実績を数値化。開幕から5月上旬まで目安とする数節分で、各クラブの数値の比率に応じて原資となる5億円を分配する。Jリーグの木村専務理事によると、欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)などでも導入されている制度。  開幕から数節分の数値による分配金は、東京五輪による中断期間明けに合わせてシーズン中に支払われ、1年間のシーズン通しての数字に関しては、異なる原資から来季以降に分配される見通しという。 
ベッドの横には何枚ものFC東京のユニフォームが飾ってある。橋本さんは同チームの熱烈なサポーター。生活がギリギリなのに、ユニフォームやグッズを買いまくる。趣味にはお金を使いたいようなのだ。 「ファンクラブの会費は年間3万円で、ホームのチケットは手に入るのですが、アウェーの試合はチケットが2500円ぐらいかかるし、交通費やら食事で5000円は飛んでしまいます。近々、釜山と上海で国際試合があるので、その遠征には行きたいです」  台所をみれば、野菜ジュースのパックが大量に置かれている。「基本的に野菜は食べない」というので健康面への配慮なのだろう。冷蔵庫はガラガラで、冷凍室にはタッパーに詰められた米がたくさんある。冷凍ギョーザもあったが「フライパンを焦がして使えなくなり、作れなくなりました」とのこと。 
異質なサッカースタイルを目指したい 
悩みの半分を解決できるという本を見た彼は「2冊買えば悩みがすべてなくなる」と言って2冊購入した。また、自身の著書が100万部売れたことを聞かされると、「そんなはずはない。俺は1冊しか書いてない」と驚いたという。アニメ「キャプテン翼」が大好きだった子供の頃には、日向小次郎のシュートをマネして骨折したという逸話も残っている。 「どれも嘘か真かはっきりせず、作られたエピソードという気がしないでもないんです。ただ、トッティならやりそうと納得してしまうキャラクターなのは確か(笑)。はっきり言って、中田以上の変わり者、天然キャラですよ」(前出・スポーツライター)  愛されキャラのトッティ。ぜひ監督としてピッチに帰ってきてほしいものだ。 
「前のエンブレムの方が良かった」「なぜ改悪するの?」といったコメントが目立っているが、「きっと見慣れるでしょう」といった前向きなものもあり、今後も議論を呼ぶことになりそうだ。  
補強評価:E  14位から巻き返しを図るには静かなオフを過ごしたと言えるだろう。レオナルドとデンは若くて将来性を秘めているものの、J1での実力は未知数。レオナルドが得点を量産すれば上位争いも可能だが、昨季は8試合2得点とスロースターターだっただけに、序盤戦は首脳陣に我慢が強いられることになるかもしれない。 
ドイツ人は寿司しか知らんのかよ 

仙蹴塵記

ベガルタ仙台の話題を中心に日々の出来事を発信するマガジンがスタート。 
扇谷さんは何も言わずただ寄り添ってくださって。 
 パトリックは日本への帰化を熱望しており、かねて「本当にこの国を愛している。自分の心は日本人。W杯でも日本のために戦いたい」と公言してきた。自身のSNS上で、熱心に日本語のトレーニングをする様子を公開するなど、猛烈なアピールを続けている。  日本国籍を取得するためには5年以上続けて日本に居住する必要があるが、パトリックによると、G大阪時代にヒザの負傷でブラジルに帰国してビザが切れ、申請が却下されてしまったという。それでも「まだ諦めていない」と語っており、22年のカタールW杯に向けて帰化の申請を継続する構えだ。 
<アーセナルサポ> ・俺は毎週"精神的苦痛"でアーセナルを訴えるべきだわ  まじかよこれは  
欧州の5大リーグで活躍できるレベルに達してるように見える 
 
この度、DF昌子 源選手が、トゥールーズFC(フランス)からガンバ大阪へ完全移籍にて加入することが決定いたしましたので、お知らせ致します。  
「あぁオレ、カタールくらい行ける貯まり方だな」 
なお裁判所が今回のサッカーファンの主張を受け入れた場合、今後も同じような訴訟が続く可能性が高くなる。当時のユベントス戦は、6万5000席が完売したからだ。 チケット収入だけでも60億ウォン(約6億円)に上ったとされている。 
各クラブの平均年齢(男性比) ▽J1 札幌 46.3歳(62.9%) 仙台 44.8歳(59.4%) 鹿島 39.9歳(59.5%) 浦和 43.6歳(66.7%) FC東京 42.4歳(63.2%) 川崎F 40.9歳(60.3%) 横浜FM 39.5歳(64.0%) 湘南 45.5歳(75.6%) 松本 46.6歳(60.9%) 清水 43.5歳(59.7%) 磐田 40.7歳(59.3%) 名古屋 39.2歳(72.5%) G大阪 40.6歳(59.0%) C大阪 43.9歳(64.6%) 神戸 41.8歳(64.8%) 広島 44.2歳(63.8%) 鳥栖 40.2歳(60.3%) 大分 45.5歳(62.5%) 
セレッソが専門会社を設立して映像制作を内製化する背景には、Jリーグの放映権料の高騰がある。Jリーグは2017年、動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」を提供する英大手「パフォーム・グループ」と10年間で約2100億円の大型契約を締結。予算規模が倍増し、優勝賞金や各クラブへの配分金も大幅に増えた。そこに、目を付けた動きともいえる。  さらに、J1の試合では新シーズンから機械の目でゴールしたかどうかなどを判定する「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」が導入される。将来的には、複数の試合の映像をワンストップで管理するリモートプロダクションの実施も視野に入れているとされ、スタジアム内にスタジオを設けて映像を自前で制作すれば、こうした流れにも対応しやすい。  また、セレッソの場合、一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブが桜スタジアムやヤンマースタジアム長居のある長居公園の指定管理者となっていることも、大きなメリット。映像制作を行う上で欠かせない動線の確保などが、スムーズに行えるからだ。ただ、映像制作にはノウハウも必要で、どこまで高水準の映像を制作できるかが、成否の鍵を握りそうだ。 

浦和レッズ編2020【デジっち】

例年になく真面目だったから今年はガチだな。 
昨シーズン前にもゲーム会社「Cygames」がスポンサーから撤退しており、この状態が続けば経営面にも影響が出かねない。選手、チームスタッフの努力に応え、サポーターが安心して声援を送るためにも、クラブ側の善後策が問われる。 
幅勢vsコンパクト勢 
マリノスの強化部長に昨日会った。 
今季6試合出場にはそんな理由が。 
久保が先発したリーグ10試合は、1勝1分け8敗と勝ちにつなげられていない。本紙が報じたように、17位のマジョルカとしては2部降格を回避するためにも久保の起用を限定的にするとみられる。  ただ、このまま出場機会激減となれば、エースとして期待される東京五輪への影響も必至だ。自身が不在だったU―23アジア選手権は1次リーグ敗退となり、久保への期待も高まるが、その使命を果たせなくなる。サブ脱却には途中出場でもチームを勝利に導くなどインパクトが求められそうだ。 
今回のアントラーズのように必死になって決勝戦へ進んでも、敗れた場合に「罰ゲーム」のような強行日程を強いられるのは明らかに本末転倒となる。アントラーズに限らず、元日に決勝が開催される限りはオフの期間で必ずJクラブ間で多寡が生じ、不公平感の源になっていく。  来年度もすでに決勝戦の元日開催が決まっているが、日程を変更するうえでネックになってきたクラブワールドカップが2021年からは夏場に、しかも4年に一度の開催となることが決まっている。リーグ戦の最終節前後へ天皇杯決勝を前倒しして、すべてのJリーガーがほぼ同時にオフに入れるスケジュールを再考できるまたとないチャンスが訪れるわけだ。 
噂からの正式の早さw 
つっち「浦和の責任を背負えるか?」 
浦和側は「浦和の責任」への理解を求めるんだろうねぇ 
南野とザルツブルクで同僚だったノルウェー代表FWエルリング・ブラウト・ホランドがさっそく結果を残していることが挙げられる。ドルトムントに移籍したホランドはデビュー戦でハットトリックと活躍し、2試合5ゴールと爆発。南野に対しても大きな期待が懸かっているが、現時点で失敗とみなすのは「非常に滑稽だ」と主張する。ザルツブルク在籍時と役割が変わるなか、どこのポジションが一番合うかを見つける必要があると記している。 
俺は応援しないけど! 
負けすぎて好きになる。 
女優の柳ゆり菜(25)がサッカー日本代表FWでイングランド・プレミアリーグのリバプールに所属する南野拓実選手(25)と交際中であることが24日、わかった。所属事務所は取材に対し、「良いお付き合いをさせていただいてると本人から報告を受けております。お互い仕事を優先に考えておりますので、温かく見守ってくださると幸いです」とコメントしている。 
南野拓実(25才)に、初ロマンスが発覚した。お相手は抜群のスタイルを武器にグラビアアイドルから女優へと転身した柳ゆり菜(25才)。2014年のNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』で、半裸で赤ワインを持ったポスターのモデルみどり役といえば、覚えている人も多いだろう。意外な組み合わせの2人は今、日本とヨーロッパの間で"国際恋愛"を育んでいることが、分かった。 
菊池社長は「他のJ1クラブが選手人件費の高騰などで事業規模を拡大する中で追随する必要があった。東京五輪や昨年のラグビーワールドカップの協賛への移行による広告協賛金の減額も大きかった」と話した。  クラブは前身のチーム名、ブランメル仙台だった1996年度に9億4900万円の赤字を計上している。 
 年末に離婚を発表した木下優樹菜との不倫疑惑が浮上した、サッカー日本代表の乾貴士選手。木下との関係を聞くべく、スペインで直撃した。  
獲得するためには移籍金を含めた交渉が必須だが、香川もしくは乾がJリーグ復帰を選択肢に入れれば、手を挙げる準備は進めている。今も欧州でピッチに立ち続けているだけに、それぞれの意思を最大限に尊重しつつ、古巣として動向を追っていく。  
乾と再婚すれば現地に渡って十分にサポートできそうだ」(同)  まさかの急展開がありそうで、今後も木下と乾の関係が注目される。 
「今年は、翔びますよ!」  昨季の悔しさを糧に、2020年シーズン、杉本が完全復活を遂げる。 
「じつは、2020年元日の天皇杯決勝に、ザッケローニ元日本代表監督が来場していた。それだけでなく、昨年12月のJ1リーグ最終節でも、横浜F・マリノス対FC東京の試合を観に来ていたんです。『彼と仲のよい田嶋会長が、"視察" を手配した』といわれています。  昨年まではUAEの代表監督を務めていたが、『UAEでは、ひどい目にあった。給料の遅配は当たり前だし、選手は規律を守らない。その点、日本はすべてが素晴らしい』と協会関係者に漏らすほど、現在も日本協会とは良好な関係。  東京五輪本番で、彼を日本代表の指揮官に電撃復帰させるという選択肢は、非常に現実的。日本サッカーも熟知していますから」(同前)  最近は、日本代表戦でもスタジアムに空席が目立ち、テレビ中継の視聴率も苦戦中。前出のスポーツ紙記者はこう話す。 「ファンの関心を引くために、Jリーグで活躍したかつてのスター選手、ストイコビッチやブッフバルトも候補として挙がっているようだ」  ファンからも、森保続投に疑問の声が上がっている。決断まで残された時間は少ない。少しでも早く、真の "オールジャパン" 体制になれるといいが......。 
悔しかったらレギュラー組を勝ち取ることやな!ブハハハハ 
「森保ジャパンは現状でスポンサーも集まりにくく、コンテンツとして旨味が全くない。U-23代表もA代表も揃って魅力がない上、強さを感じないからだ。  その最大の要因はやはり森保さんが監督として何をやりたいのか、カラーが見えないこと。とにかく指揮官本人のパーソナリティーそのものが暗いし、やる気が感じられないことも森保ジャパンの不人気を大きく助長させている。このままならば、本番の東京五輪もチーム同様に中継する局の視聴率は惨憺たる結果に終わってしまいそうだ。 
信じるか信じないかはあなた次第。 
ネット民の追及により木下ファンを公言していたサッカーW杯日本代表選手でスペイン一部リーグ・エイバル所属の乾貴士が、過去に同じく縦読みで『ゆきなだいすき』とつづっていたことや、お互いのインスタグラムに同じような衣服が映っていたことも判明しています。さらに、『サンジャポ』では有力筋からの情報として、2人が海外で一緒にいたことや、飛行機内で手をつないでいたとの独自の目撃情報も紹介しています」(週刊誌記者)  両番組とも乾の実名は出していないものの、木下の名前は隠していない。このことから、業界内ではすでに所属事務所が木下を見放したとの見方もされているようだ。 
「俺様も2人の子供をもつ父親になった。ずっと年下のチームメイトたちに対して優しくなったかだって? そんなわけあるか、俺は昔よりずっと性悪になって帰ってきたぜ!」 
鈴鹿アンリミテッドは、新たにチーム名「鈴鹿ポイントゲッターズ」と共に、ポイントサポーターズクラブとして生まれ変わります。 選手やチームが勝ち点を奪いに行くという意志はもちろん、ファン・サポーターのみなさんと一緒になってクラブ運営費を稼いでいく全く新しい仕組みです。 新しい名称の元、日本のスポーツクラブ経営をまったく新しい方法で塗り替えていきます。 
しかし、イングランドサッカー協会は"ヘディング禁止"に対して反発しており、デイリー・テレグラフ紙によれば「追随を拒否している」という。「政府筋は、現代のサッカーのボールは昔ほど重くないという事実のため、研究の関連性に疑問を呈した」と記している。  記事では「アメリカでは2015年以降、同様の禁止措置を実施しているが、スコットランドはそのような制限をヨーロッパで最初に課すサッカー協会となる」と総括した。  子供のヘディング禁止を巡り対立がエスカレートしそうな気配も漂うなか、その流れは日本にも及ぶのだろうか。 
大宮が補強に成功 
「情報源によると、ポドルスキはマレーシアを訪れただけである。クラブのオーナーは友人であり、選手としての未来がそこにあるわけではない」と真っ向から否定。そのうえで次のように続けた。 「ポドルスキは最近、自身のキャリアに言及し、『今はとてもリラックスしている。(オファーが)来ても、来なくてもね』と語っている。彼は多くの観点から熟慮して、すでにいくつかのオファーを断った。『街、ファン、スタジアム、プロジェクト、子供たちの通う学校...。すべてがフィットしなければならない』とも明かしている」  神戸の初タイトル獲得に尽力したポドルスキの去就は、日本でも注目されている。残留の可能性も含め、その動向はしばらくの間、ファンの関心を集めそうだ。 
もはや東京五輪まで時間はない。一刻の猶予もない苦境に追い込まれていることを、我々もチームを関係者も再認識する必要がある。 
「負けることも絶対にプラスになる。次のプラスにしなければいけない」と語った。    ただ、今夏に五輪本大会を控え、A代表との兼任による負担増は否めない。これまではA代表最優先の方針で両代表の強化を進めてきたが、田嶋会長は「森保監督を一番いい形でどうサポートしていくか決断しないといけないかもしれない」と述べ、両代表の活動が重なる今年3月は五輪代表の指揮を優先する可能性も示した。 
皆さんからの批判には覚悟していかないといけないと思っている。全面的に今までと同じようにサポートしていきたい。一番大事なのはいかに欧州の選手を連れてこられるか。(兼任の)プレッシャーがふくらんで負担がかかるなら話し合いをすることは考えますが、現状、自分としては変わっていません」と変わらぬ信頼を口にした。 
田嶋会長は「田中碧の時にわざわざ(プレーを)戻してそのシーンを見させて判断させた。にもかかわらずPKのところは戻して見させなかった。整合性に欠ける。ジャッジが変わるとは思っていない。根拠など説明はしてほしい」と語った。 
新しい波が日本にも届きはじめている 
 
衝撃の採点! 
KリーグがASEAN枠を導入、Jリーグには提携国の障壁 
A代表と兼任する森保監督の日程的なドタバタぶりを見ても、アジアで惨敗を招いたJFAの責任は重い。  昨年末、皇后杯決勝が行われた大宮のNACK5スタジアムでは、挨拶する田嶋会長へ痛烈なブーイングが浴びせられていた。 
ドーハの悲劇とポーランド戦パス回しは対になってるんや ドーハの悲劇で敗退はしたが日本サッカー人気は熱くなった ポーランド戦パス回しで先に進んだが熱は冷めた 失った代償は大きい  
〝カッパは存在する〟と信じてやまない丸山桂里奈さんと一緒に、全国に言い伝えられるカッパ伝説に迫ります。 前回反響を呼んだ2019年9月開催の第1弾ツアーですが、最終的に丸山さんの想いに賛同いただいたカッパを愛する多くの参加者に恵まれました。「集合場所が、東京の合羽(かっぱ)橋であること以外は全て秘密」のミステリーツアーでしたが、第1弾の目的地は、現在も「河童伝説」が言い伝えられる〝茨城県・牛久沼〟。残念ながら同地での河童発見はなりませんでしたが、古くから語り継がれ、地域に愛される河童の面影はしっかりと心に刻むことができました。 全国の丸山愛&カッパ愛やまない皆様からの熱いリクエストにお応えし、待望の第二弾ツアーの開催が決定いたしました!始まりの地は再び、東京・合羽(かっぱ)橋。今回は、横浜・横須賀周辺エリアにて、カッパ伝承の残る寺社巡りをします。丸山隊長によるカッパ解説付きになりますのでご期待ください。丸山さんのカッパ愛に賛同される方、本気でカッパを信じてやまない方、「丸山桂里奈」と「カッパ」の魅力にどっぷり浸かっていただける日帰りバスツアー。皆の想いが届けば本当にカッパに出会えるかも... 
静岡学園のOB会の現在の幹事は、川崎フロンターレのMF大島僚太。カズは既に、大島と連絡を取ったことを明かし「できたらね、皆さんのご希望通り(グアム旅行)にいきたいですけど。各選手の進路もあって難しいかもしれない。これから何か考えて」とご褒美を約束した。 
「運営は2週間前にtwitterで出会った大学生の奥山くん」とし「選手もゼロからなので1/24にトライアウトをします」と説明した。  参加する選手には「勝利にこだわる選手に集まって欲しいです」と呼びかけていた。 
元鹿島の関塚氏とあって「古巣とのつながりでジーコ(66)っていう手もあるんじゃないか」と指摘。06年ドイツW杯を指揮した代表監督で現在は鹿島のテクニカルディレクターを務める"神様"の再任もあり得ると分析した。  日本サッカーの将来を左右する森保監督の去就について大きな波紋が広がっているが、今後、どんな結末を迎えることになるか。 
「アグレッシブに行け」と言われても、抜かれた責任を自分一人で負わされるのなら、どうしても出足は鈍くなる。岡崎や町田の出足の鈍さも、そもそもはグループで守る意識の希薄さから、問題が始まっているのではないか。 選手の責任は大きい。チーム戦術に関わる部分はともかく、自分と隣り合う選手との関係性によるグループ戦術は、基本的に選手間で解決しなければならない。そんなことまで一から教える暇は、代表チームにはないからだ。また、そういう構造のチームにしてしまったことについて、森保監督の責任は大きい。チーム戦術はともかく、グループとして守る意識さえ希薄になっているのは、発掘・競争のフェーズとしても問題がある。 
サッカー選手の乾貴士(いぬいたかし)が過去にInstagramに「ゆきな大好き」と投稿していたことが発覚した。 木下優樹菜の言っていた「たかし」とは乾貴士だったのか。仮に愛してるとしても、ファンとしてなのか、本当に愛しているのか、それにより当時結婚しているフジモンは複雑な心境である。 こうした文章の一部を縦読み(または横読み)することをアクロスティックという。 暗号のような意味があり特定の相手に言葉を伝える際に用いる。 
Jリーグクラブからもオファー 
なおもTwitter探偵団たちの調査は続く...  
エメルソンに浦和を背負う責任はあったのか。 
敗因については「攻撃の回数はあまり受けていないと思いますが...カウンターをしっかり止めることができなかった」と言及。「最後の時間帯、苦しくなったときにしっかりしのぐということを試合の前から言っていたところを、やはり勝負勘というものを若い選手たちにはこれから培っていってもらえればなと思います」と選手たちに奮起を促した。 
負けていいとは思っていないから、そこはしっかりと森保と話をしたい 
また「年俸の精度はクラブによる」というのも、長年、固定のクラブを追っているフリーの番記者の知恵が入っている選手名鑑であれば、その精度も上がってくるから。フリーの番記者は、クラブからより詳細な情報が得られるため、異動のあるスポーツ紙記者より正確であるといえよう。  ただし、「億超えの選手たちの年俸は合っていると思いますよ。Jリーグでは、億超えはひとつのビッグイベントなので、この時期は、そこだけはしっかり取材しているはずです」と前出スポーツ記者は語る。  確かに、Jリーグに億超えの選手は、数えるほどしかいない。それはそれで、寂しい限りだが......。 
府が建設を表明してから28年目で、ようやく完成した施設に、関係者が悲願達成を祝った。 
協会会長による緊急視察をきっかけに、代表監督の去就に直結することが多い。その点について田嶋会長は「(森保監督へのバックアップは)どんな試合も変わらない。8月の東京五輪で結果が出るまでは一喜一憂しません」と続投を明言した。  ただU-23代表は本格始動した昨年11月のキリンチャレンジ杯(対コロンビア)で、ホームでありながら完敗するなど、不安定なチーム状況が継続中。「この世代だけでは五輪は戦えない」という判断のもと、日本協会では森保監督の意向で本大会ではオーバーエージ枠の採用にむけて本格的に動いている。  サウジアラビア戦の敗戦は重い。初戦を終えた日本は最下位スタート。12日のシリア戦で連敗すると同組3位以下が確定し、大会初の1次リーグ敗退が決まる。  「あと2つ勝てばいいんですから」と意気込む田嶋会長だったが、今回招集されているメンバーのほとんどが、サウジアラビア戦の体たらくで、五輪本大会ではメンバーに選ばれる可能性は一気に低くなった。監督も選手も五輪イヤー幕開け早々、いきなり崖っぷちだ。(夕刊フジ編集委員・久保武司) 
民放キー局関係者は「森保ジャパンの視聴率は本当にひどい。東京五輪のチームだってそろそろ盛り上がってきてもいいのに、はっきり言って視聴者の関心は薄い。このままではどうにもならないよ...」と怒りと諦めが交じったため息をつく。  森保ジャパンの平均視聴率は右肩下がりで、昨年12月の東アジアE―1選手権では本来注目度が高いはずの日韓戦で7・9%、他の2戦は6%台と"大惨敗"。さらに五輪イヤー初戦で注目が集まるはずのサウジアラビア戦でも8・7%とまたも1桁に沈んだ。 
You Tuber! 
「ロナウドが反省するべきだ。彼のせいで起きたことなのだから。有名人としてイメージを落とすような行動を控え、責任ある態度を見せるべき」「彼は韓国で永遠に『ノーショー・ロナウド』の名で記憶されるだろう」など不満や批判の声が続出している。 
日本人に声掛けて全く来てくれないなら外人獲れよ 
1月13日(月・祝)に行われる巻誠一郎氏の引退試合を独占ライブ配信することを決定しました。 DAZNでは明治安田生命Jリーグ全試合や欧州各国リーグ戦を始めとする多くのサッカーコンテンツを配信しており、この度、昨年1月に現役引退を発表した巻氏の引退試合を独占ライブ配信することになりました。 
中田氏が主催する世界最大級の日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」とコラボレーション。47都道府県全てを巡り、日本酒をはじめとした日本文化の魅力を世界に向けて発信し続けている中田氏が選び抜いた日本酒、最高峰のレストランが監修した日本酒とのペアリングが楽しめるメニューを提供する。 
11/19(火) *8.6% 19:20-21:24 フジ キリンチャレンジカップ vsベネズエラ 12/10(火) *6.8% 19:25-21:29 フジ 東アジアE-1選手権 vs中国 12/14(土) *6.6% 19:25-21:24 フジ 東アジアE-1選手権 vs香港 12/18(水) *7.9% 19:25-21:24 フジ 東アジアE-1選手権 vs韓国 12/28(土) *5.6% 19:20-21:24 NTV キリンチャレンジカップ vsU-22ジャマイカ 
どの流行語が大賞になったのでしょうか? 
メンタルを鍛えるのは辛い経験を重ねるしかない 
交通の便は申し分がない。歴史的にも<サッカーの聖地>と言われ、非常に高いステイタスを誇っている。そんな国立競技場が、装いも新たになったというのにサッカー観戦という視点から見ても、あまりにも凡庸なスタジアムになり下がった。  やはり今夏の東京五輪終了後、トラックを撤去して観客席を増設した方が、新国立を有効活用することができるはずだ。  記者席の場所ひとつとっても、日本のスポーツ界は「陸上競技連盟がリードしている」ことが伝わってくる。新国立の公式戦のこけら落としとなった天皇杯サッカーを取材しながら、サッカー界の無力さを改めて感じた年始めでもあった。 
fsntwwet1.jpg
Twitterでも情報配信中

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。