レトロなビジョンがグリーンアリーナの良さ


リアルな浦和サポの日常が感じられて良かったな

長谷部にチーム最高の「2」を付けた。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

「彼は、本当に35歳になったのか? ルーカス・ヘーラーに対するセンセーショナルな防御を見せ、守備で主権を握った。ボールに対する最も優れたアクションを見せていたのは、長谷部だった」

 18日に35歳になったばかりの元日本代表の主将は、ドイツで着々と信頼を積み上げ、今なお成長を続けているようだ。

青山敏弘選手がアラブ首長国連邦で開催されている「AFCアジアカップ UAE 2019」のSAMURAI BLUE(日本代表)チームから、右ひざ痛のため途中離脱することになりましたので、お知らせします。

サンフレッチェ広島所属の青山敏弘選手がアラブ首長国連邦で開催されている「AFCアジアカップ UAE 2019」のSAMURAI BLUE(日本代表)チームから、右ひざ痛のため途中離脱することになりましたので、お知らせします。

キ・ソンヨンは、負傷のため今大会の残りの試合を欠場することになった。アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトや韓国メディアが伝えている。

 キ・ソンヨンは大会初戦のフィリピン戦に先発出場したが、ハムストリングの負傷のため58分で交代。グループステージ残り2試合のキルギス戦、中国戦は欠場していた。

Jリーグがニールセンスポーツに委託した調査によると、タイでのJリーグの認知度、興味率は1年半前のブンデスリーガと同等まで上昇している。

昨年12月24日の夜に体調不良となり、自宅のある埼玉県内の病院へ救急搬送されました。検査の結果、脳内に腫瘍が見つかり、転院後の12月31日に腫瘍の摘出手術を行いました。約2週間の入院を経て、現在は次の治療に向けて準備しております。今後は1月23日に再入院して再発防止のために治療に専念します。サッカーファミリーとして、横山選手が元気にピッチに戻って来てくれると信じて応援していきましょう。

W杯優勝したのかな?

静岡の英雄かなんかなの?北川って

サッカー以外の競技に熱視線を送るのは今大会が初で「(昨夏の)W杯ロシア大会まではほとんど外に出ていませんでしたからね。(ルールが)分からないところもけっこうありました。(テニス界から)サッカー界が見習うべきところもあると感じました」と語った。

レジェンドのサプライズ登場に、集まったファンからは「え~!」と歓声が起こった。サポーターからのコールに照れた表情を浮かべた小笠原氏はまず、「みなさんがあっての自分のサッカー人生だったと思います。自分のミスで負けた試合もあり、退場して負けてしまった試合もあるし、あと1歩で逃したタイトルもたくさんあり、本当にがっかりさせてしまったこと、申し訳なく思っています」とあいさつ。ファンから「そんなことねーぞ!」と否定の声が飛ぶと、珍しくおどけた様子で「ありがとうございま~す!」と応じ、和やかなやりとりにファンからは笑いも起こった。

扱うのが難しそうな人が何人かいたほうが、化学反応は起こりやすい

全冠達成を目標に掲げるアジアチャンピオンの鹿島は、元日本代表DF内田篤人(30)が新キャプテンに就任することが19日に明らかとなった。チームはこの日、昨年のACL優勝の報告会と2019年シーズンの必勝祈願を鹿島神宮で行った。

そんな汰木ですらイケメン扱いされなくなるレベルのイケメンがいた山形というクラブ

「スポーツ韓国」は「失われたフェアプレー精神...日本の色褪せた幻想的ゴール」と題して特集。塩谷がシュートモーションに入った瞬間、相手GKの左横でムサエフがうずくまる瞬間の画像を掲載するとともに、ムサエフが直前のプレーでDF三浦弦太(ガンバ大阪)と接触があったことに触れ、独自の見解を述べている。

「相手選手が倒れている状況であれば、ボールを外に出して治療を受けるようにすることが一般的だ。(塩谷の一撃は)十分拍手に値するゴールだった。しかし、失われたフェアプレー精神のために、その輝きは損なわれた」

 韓国メディアは塩谷のゴール自体は称賛しつつも、該当シチュエーションにおける"フェアプレー"の在り方について独自に主張していた。

えとみほさんの上司とは?素晴らしいコラム。

【 画像 】イニエスタ、官邸へ!

三木谷だけコラだろこれ

関西1部のFCティアモ枚方は18日、G大阪から元日本代表MF二川孝広(38)を完全移籍で獲得したと発表した。二川は1999年にG大阪の下部組織からトップに昇格。2016年にJ2東京Vに期限付き移籍するまでの17年、G大阪でプレーし、J1通算430試合47得点の記録を残した。昨季はG大阪からJ2栃木に期限付き移籍し、7試合に出場。今回は自身初めての完全移籍となり、ユース時代から22年、籍を置いてきたG大阪のレジェンドがクラブを去ることになる。

 J1から数えて5部に相当するリーグに所属する枚方は将来的なJリーグ加盟を目指し、鹿島などで活躍した元日本代表MF野沢拓也らJリーグ経験者7人を獲得。積極的な補強を進めている。「高い技術」「豊かな発想力」を持つ二川と野沢が中盤で組むとなれば、Jリーグでは見られなかったファンタジスタの共演が実現し、観客を魅了するサッカーを展開できそうだ。

刀剣乱舞には、「へし切長谷部」なる刀剣男士が登場する。これは南北朝時代前後に活躍した刀工・長谷部国重の作とされる刀剣をもとにしたキャラクター。キャラにはそれぞれ「刀帳番号」と呼ばれる数字が振られているのだが、へし切長谷部の場合には「118」。その語呂にちなんで、ファンたちは1月18日を「長谷部の日」と呼び、キャラへの思いをツイートしている。

一方、サッカーで「長谷部」といえば、ドイツのブンデスリーガ、フランクフルトでプレーする長谷部誠選手(35)が思い浮かぶ。長年日本代表を務め、18年のロシアワールドカップ(W杯)でもキャプテンとして活躍したが、大会終了後に代表引退を表明。こちらは、1月18日が誕生日だ。

刀の長谷部と、サッカーの長谷部。その「意外な共通点」に、ツイッターでは刀剣乱舞ファンを中心に驚く声が出ている。

そのことが彼らが得た大きな財産である。

日本協会が、20年東京五輪以降は国際Aマッチの試合をサッカー専用スタジアムでのみ開催する意向を持っていることが関係者への取材で分かった。これまでは日産スタジアム、長居陸上競技場など陸上トラック付きの競技場で数多く国際試合を開催してきたが、ハード面でも世界基準を目指していく。

 日本のサッカー界が、ハード面でも世界基準に近づくかもしれない。関係者によると、日本協会が、20年東京五輪以降の国際Aマッチを、サッカー専用スタジアムのみで開催することを検討していることが判明した。サッカー観戦が日本以上に文化として根付いている欧州などの地域では既に、試合が専用スタジアムで行われるのは当たり前。若いうちから多くの選手が海外移籍を果たし日本代表も本気でW杯上位を目指すようになった今、新たな時代に突入する。

 背景にあるのは、各地で構想、建設が進む専用スタジアム化の流れだ。各Jクラブが動いており、例えばJ2長崎では長崎市内に、直接試合を観戦できるホテルなどを併設する大型多機能複合施設の構想が浮上。20年から工事に着手し、23年の完成を目指している。また京都では亀岡市で球技(サッカー、ラグビー、アメフット)専用の京都スタジアム(仮称)の工事が進む。他にも岡山が5年以内にサッカー専用スタジアムを実現したいという意向を表明し、広島でも建設への動きがある。20年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場も、大会後は球技専用に改修されることが決まっている。時代の波が、後押ししている。

 現時点でもパナソニックスタジアム吹田をはじめ、カシマスタジアム、埼玉スタジアムなど既に使用されているサッカー専用スタジアムも全国各地にある。17年には福岡県にタッチラインとの距離わずか8メートルという臨場感あふれる球技専用のミクニワールドスタジアム北九州が完成した。02年、W杯日韓大会の決勝ブラジル―ドイツ戦が行われた日産、その1次リーグ最終戦チュニジア戦で森島、中田が決めた長居。数々のドラマが生まれた舞台が使われなくなることになるが、時代の変化に不可欠な改革となるかもしれない。

北川航也 6 下がり目の位置で起点となった。思い切りの良いシュートなど積極性も○

18歳はちょっぴり戸惑いながら「20歳にならないと帰化はできない。まだ2年あるので、両親とも話していきたい。どうなるか分からないけど、今の夢はチリ代表です」と明かした。

 卒業後は東北社会人リーグ1部のいわきFCへ加入する。数えると"J5"に当たる下部リーグ。外国人枠扱いとなるため、J1などでは出場機会が限られるが、いわきFCの外国人選手はバスケスを含めて2人。J1をしのぐ練習環境も見て、急がば回れの心意気で、海外移籍を含めた飛躍を狙う道を選んだ。

▼日本が勝利し首位通過の場合

→カタール、サウジアラビア

▼日本が引き分け以下で2位通過の場合

→オーストラリア

移籍金30億で既にクラブ関で合意
年俸8億円越えの複数年契約

世界的名手が背番号を欲しがる男、三田

「私がドレッシングルームに入るからって、選手はパンツを履く必要ない。私はプロフェッショナルよ。当然、スタメンを選ぶときは、彼らのあそこの大きさで決めているわ」

 ・・・からかう記者を沈黙させる鋭いカウンターだった。

アルキバンカーダはスタジアムの石段、観客席を意味するポルトガル語。

元バルセロナでレウスのFWイサック・クエンカ(27)が、J1サガン鳥栖でプレーすることを決めたとスペイン紙ASが報じた。

代表選手に渡された金メダルは本物の純金ではなく、金色で塗装された偽物で、簡単にコーティングが剥がれるようなメダルだったという。  それ以来、アジアカップで優勝を逃し続けていることから、"偽メダルの呪い"と言われているようだ。1961年から2019年までの間に、14回アジアカップが開催されている。しかし、予選敗退やグループリーグ敗退などで、58年間タイトルを逃していた。 
2位の方が移動少なくて済むんやろ? 1位でサウジなら2位でオージーの方がええわ 
関係者によりますと広島市などが絞込みの協議に入っていて中央公園広場が最終候補地になる方向です。広島市の松井市長は早ければ来月にも決めたいとしています。一方、湯崎知事は3者で候補地の比較検討中で現段階で決定時期などは決まっていないと話しました。 
2020シーズン シャツ背中 
今年もこの仲間たちと、イタリアで頑張ります。 
もっと広い視野と細かい洞察でJリーグを横断的に扱う企画をやろう 
イーコマース事業などさまざまなネット関連事業を手掛ける楽天が15日、J1神戸のFWルーカス・ポドルスキとパートナーシップ契約を結び、同選手がグローバル・ブランドアンバサダーに就任すると発表した。  「ファンのためのデジタル化と革新」というミッションをかかげている。手始めにドイツでの楽天マーケットプレイスで、ポドルスキのプライベートファッションブランド「シュトラーセンキッカー」のオンラインショップを数カ月以内にオープンする予定としている。 
私、巻誠一郎は2018シーズンをもちまして引退することにしました。 プロサッカー選手として16年もの間プレー出来たのも、沢山の方々に支えていただき、育てていただいたおかげだと思ってます。今は感謝の気持ちしかないです。 僕はジェフユナイテッド市原でプロとしてのキャリアをスタートしました。 当時はプロのレベルの高さについて行けず、本当にプロでやっていけるのか不安で2〜3年くらいプレー出来たらいいかなとか思ってた事を思い出します。 そんな僕がこれだけ長い間プロサッカー選手としてプレー出来るとは、僕も含めて誰が思ってたでしょう か、笑。 サポーターがクラブを育て、選手を育てる! 少なくとも僕はサポーターの皆様に育てていただきましたし、人間としても成長させていただきました。 サッカーからは普段の準備の大切さ、最後の1分1秒まで全力でプレーする事の大切さ、最後まで諦めない事の大切さ、自分を出し切る事の大切さを学びました。 僕の人生の師はサッカーであり、サポーターや応援してくださる皆さんでした。 嬉しい時も苦しい時も辛い時も皆さんと共に歯を食いしばり歩んだ事は僕の大事な財産です。 本当にジェフ、ヴェルディ、ロアッソと素晴らしいクラブでプレー出来て、今は感謝の気持ちでいっぱいです。 そして、最後に生まれ育った熊本のクラブでプレーさせていただけた事は本当に幸せでした。 今後はサッカー界の発展の為に出来る事や熊本の県民の皆様の役に立てるような事を中心に微力ながらやっていければと思ってます。 具体的な事はまた改めて皆さんに報告させていただけたらと思います。 先ずは16年もの長きに渡り、ご声援いただき本当にありがとうございました。 
U―22日本代表MF板倉滉がイングランド・プレミアリーグのマンチェスターC入りする。関係者によると複数年契約での完全移籍。昨季リーグ制覇した名門に日本人が加入するのは初めてで、近日中にも正式発表される。英国の就労ビザが取得できるまで他クラブに期限付き移籍する可能性もある。  東京五輪世代の期待の星が、世界的ビッグクラブ入りを果たす。関係者によると、昨季プレミア覇者のマンCは186センチの高さに加え、対人の強さと足元の技術も併せ持つ板倉の実力と将来性を高く評価。U―21日本代表として出場した18年のトゥーロン国際大会やJリーグの出場試合など1年以上徹底マークしていた。実力を見極めた上で複数年契約でのオファーを提示した。  マンCは世界的名将のグアルディオラ監督の下、ベルギー代表MFデブルイネやイングランド代表FWスターリングらを擁し、昨季はリーグ史上初の勝ち点100で4季ぶり5度目の優勝を飾った。常勝クラブを築き上げるため世界中の有望な若手を獲得する強化プランを打ち出しており、センターバックとボランチを高いレベルでこなせる板倉が合致した。  プロ4年目の板倉は、昨季川崎から仙台に期限付き移籍。ボール奪取力と得点力に磨きをかけ、リーグ24試合で3得点を挙げた。年代別代表で国際経験も豊富のため海外志向は強く「日本の良さである組織としては戦えるが、個人にフォーカスを当てると世界との差を感じる。東京五輪の前にA代表に選ばれるように活躍したい」と語っていた。  過去にJクラブから直接欧州のビッグクラブに移籍した例はMF稲本潤一(G大阪→アーセナル)だけ。英国の就労ビザが取得できるまで他クラブに期限付き移籍する可能性はあるが、川崎の下部組織出身の21歳が1年後に迫る東京五輪を見据え、海を渡る決意を固めた。 
川崎のU―22代表MF板倉滉がプレミアの名門マンチェスターCに移籍するた。現地メディアによれば移籍金は100万ポンド(約1億4000万円)で複数年契約。同クラブが世界中の若手有望株を集結させるプロジェクトを推進する中、20年東京五輪の主力候補にも大きな期待が寄せられている。当面は労働許可証の関係で他チームで武者修行する予定だ。  東京五輪のホープに、世界屈指の名門から白羽の矢が立った。川崎の下部組織で育った板倉は、早くから将来を嘱望され、昨季期限付き移籍した仙台でその才能が一気に開花。身長1メートル86を誇る大型ボランチで、センターバックもそつなくこなす。約1年半後に控える東京五輪では、主軸として活躍が期待されている。関係者によると、マンチェスターCは「将来性を高く評価している」という。地元メディアによれば、移籍金は100万ポンド(約1億4000万円)と高額で、まさに期待値の高さが表れた形だ。  マンチェスターCはいわずと知れたプレミアの強豪。昨季も名将のグアルディオラ監督のもと、通算5度目のリーグ優勝を果たした。08年にはシティーフットボールグループを創設。14年には横浜の一部株を取得するなど、世界的なブランド確立を目指している。現在は世界中の若手有望株を集結させる一大プロジェクトも推進中で、板倉は多くの名前が記されたリストから厳選されたという。  板倉はA代表経験がないため、プレミアリーグでプレーするために必要な英労働許可証が取得できない可能性が高い。今後は他リーグに武者修行する可能性が高いが、川崎アカデミー出身のあふれる才能が、まずは世界的名門の扉をこじ開けた。 
オランダ・エールディビジのフローニンゲンはマンチェスター・シティからDF板倉滉がレンタル移籍で加入することを発表した。昨季、川崎から仙台に期限付き移籍していた板倉。川崎からマンチェスター・Cに完全移籍したうえで、2020年夏までの期限付き移籍でフローニンゲンに加入することになった。  フローニンゲンは公式サイトに板倉が英語で話す動画も掲載。「偉大なクラブであるフローニンゲンに加わることができてとてもうれしいです」と笑顔で話す板倉は15日にオランダに到着する予定だという。  東京五輪世代の板倉はセンターバックだけでなく、ボランチもこなすユーティリティープレイヤー。186cmの長身を生かした対人の強さには定評がある。フローニンゲンには日本代表MF堂安律も所属しており、オランダで東京五輪世代コンビが誕生することになった。  川崎の下部組織出身の板倉は15年にトップチームに昇格。16年にJ1で2試合、17年にJ1で5試合に出場し、昨季は期限付き移籍先の仙台で24試合出場3得点を記録した。各年代別代表にも名を連ね、17年のU-20W杯、昨年のAFC U-23選手権、アジア競技大会にも出場した。 
スポーツマンシップとか持ち合わせてないわけね 
DF長友佑都【6・0】迫真の無表情演技でPK献上を阻止  
香川が希望するスペインのクラブからは、まだ具体的なオファーはないとしている。また、スペインリーグ機構(LFP)の規定により各クラブ許されるEU圏外選手の保有は3名に制限されており、これが問題になるとの見解を示した。それに加え、冬の移籍市場閉幕までに最低でも17日間の滞在も必要になると報じている。 
櫛引の櫛引が... 
ドルトムントMF香川真司は今シーズン後半戦をフランスのボルドーで過ごすことになるかもしれない。フランス『beIN Sport』の記者が伝えている。ルシアン・ファーヴル監督の下で出場機会を得られず、ドルトムントからの移籍を希望する香川だが、ここにきてレンタルでリーグ・アンの名門ボルドーに加わる可能性が浮上。『beIN Sport』のエリック・バレール氏によると、クラブ間では6カ月間の期限付き移籍で基本合意に至っているという。 ボルドーはリーグアン第18節消化時点で勝ち点22を獲得して13位に位置。経験豊富な攻撃的MFを探しているとみられる同クラブだが、香川本人とはまだ合意に達していないとのこと。今冬でのスペイン移籍の意思を度々口にしてきた同選手は以前、セビージャからの関心が伝えられていたが、この話は具体的に進んでいないとみられる。 ボルドーへのレンタルが実現すれば、マルセイユのDF酒井宏樹、ストラスブールのGK川島永嗣、そして先日トゥールーズに加わったDF昌子源に続いて、同リーグでプレーする4人目の日本人選手となる。香川の選択に注目が集まる。 

サガン鳥栖 スポンサ ー契約終了のご報告

2015年7月から3年半にわたり、オフィシャルスポンサーとしてサガン鳥栖を応援してまいりましたが、1月末日をもちまして、スポンサー契約を終了させていただくことをご報告いたします。 チームのホームタウンである佐賀県が、弊社代表取締役社長渡邊耕一の出身地であるというご縁から、サガン鳥栖への支援を通して、地域の皆さまが元気になれるイベントの開催やコンテンツの提供により、ホームタウンの佐賀県、ならびに、鳥栖市を盛り上げたいという思いをもって活動してまいりました。 ユニフォームやホームスタジアムへのロゴ掲出にとどまらず、試合を観戦される皆さまのコミュニケーション促進や思い出づくりのサポートを行う中で、サポーターの皆さまのサッカーに対する情熱に触れ、郷土愛を育成する一助を担えたことを大変嬉しく思います。 1月末日をもってスポンサー契約は終了させていただきますが、サガン鳥栖を応援されているサポーターの皆さまには、これまで弊社に対しても、多数のあたたかいお言葉をいただき、心から感謝申し上げます。 末筆ではございますが、これからのサガン鳥栖の更なる飛躍を心よりお祈り申し上げます。 3年半、本当にありがとうございました。 2019年1月13日 株式会社Cygames 
新たに左SBとアタッカーが来る見込みで、それがナバウトかもしれないと。 
「酒井宏樹と酒井高徳は兄弟だと思っていたよ。あれ、今回は高徳がいないな」「内田篤人は元気か?まだ老け込む年じゃないだろ?」―。なぜそれほどまでに詳しいのか。尋ねると、苦笑いが返ってきた。「日本に何回負けたと思ってるんだ!なぜ毎回、日本と同組になってしまうんだろうか...」  
高校進学を前に浦和レッズ、セレッソ大阪、横浜F・マリノスといったJクラブのユースからオファーが届いた。熟慮した末に全国の舞台に近く、2種年代の最高峰プレミアリーグでも戦う青森山田が、さらに成長していくうえでベストの環境だと決断した。  しかし、バスケスを待っていたのは、試合にまったく出られない日々だった。バスケスの能力を認めながらも、Aチームでプレーさせなかった意図を黒田監督はこう説明する。 「どうしても左足に固執するし、すべてバイロンにボールが集まる状況でプレーしていた影響で、守備を教えられたこともなかった。だからこそ干しながら『それじゃあプロに行っても通用しないぞ』と言って、右足や守備を練習させました。努力を積み重ねてきたことが、いまに至る一番大きな要素でしょうね」  卒業後はJ1でもJ2でもJ3でも、ましてやJFLでもなく、今年から数えてJ5にあたる東北社会人サッカーリーグ1部を戦ういわきFCへ加入する。日本語を流暢に話し、日本で暮らした時間のほうが長くなったバスケスだが、プロの世界では外国人枠内で競争を余儀なくされる。  外国人選手は即戦力であることを常に求められる。だからといって、日本への帰化も考えていない。生まれ育ったチリへの憧憬の思いを込めながら、バスケスはこんな未来を描いている。 「自分はチリがすごく好きだし、プライドのようなものも僕のなかにはある。将来は海外でプロとしてプレーしたいし、チリ代表入りも目指したい」 
日本サッカー協会公認A級コーチ 
 
2019/01/11(金) 14:58:05.45 ID:cEcDo0p6d 東京から米本が来ます 
女子サッカー選手がファンにとっての「アイドル」であること自体は悪いことではない。だが、どのような「アイドル」と位置付けられているかは重要な視点だ。 
大迫は、昨年12月に発症した同箇所の負傷から6日に合流したばかり。3日間で調整して1次リーグ初戦のトルクメニスタン戦に間に合わせ、0-1の後半に2得点して白星発進に貢献していた。一方、苦戦したことでフル出場を強いられ、痛みがぶり返したとみられる。日本は2日後に第2戦オマーン戦を控えているが、エースの離脱となれば大きな痛手となる。 
2014年 青木加入→栗鼠降格 2015年 高木加入→清水降格 2016年 遠藤加入→湘南降格 2017年 ラファエル・シルバ加入→新潟降格 2018年 武富加入→柏降格 2019年 山中加入→NEW! 2019年 杉本加入→NEW!  
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)に対して、ラスベガスの警察が性的暴行事件の捜査として同選手のDNA提出を要求していると、11日付の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。 2009年にラスベガスで女性に性的暴行を働いたとしてロナウドは、翌年に公表しないとの条件で37万5000ドル(約4150万円)を支払い、和解したとドイツのメディアが伝えていた。だが、後に被害者とみられる女性が暴露したことがきっかけとなり、捜査が再スタートされたと報じた。 
【J1リーグ】 ■第1節 2月22日(金) セレッソ大阪vsヴィッセル神戸(ヤンマー) 2月23日(土) ベガルタ仙台vs浦和レッズ(ユアスタ) 鹿島アントラーズvs大分トリニータ(カシマ) 川崎フロンターレvsFC東京(等々力) 湘南ベルマーレvs北海道コンサドーレ札幌(BMWス) ジュビロ磐田vs松本山雅FC(ヤマハ) ガンバ大阪vs横浜F・マリノス(パナスタ) サンフレッチェ広島vs清水エスパルス(Eスタ) サガン鳥栖vs名古屋グランパス(鳥栖) ■第2節 3月2日(土) 浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌(埼玉) 横浜F・マリノスvsベガルタ仙台(日産ス) 清水エスパルスvsガンバ大阪(アイスタ) 名古屋グランパスvsセレッソ大阪(パロ瑞穂) ヴィッセル神戸vsサガン鳥栖(ノエスタ) 大分トリニータvs松本山雅FC(大銀ド) ■第3節 3月9日(土) 北海道コンサドーレ札幌vs清水エスパルス(札幌ド) 松本山雅FCvs浦和レッズ(サンアル) 3月10日(日) FC東京vsサガン鳥栖(味スタ)  
テニスとサッカーのスーパースターが、夢のコラボだ! 14日に開幕するテニスの4大大会今季初戦、全豪オープン(メルボルン)の関連イベントが11日、会場で行われ、世界9位の錦織圭(29=日清食品)と、オーストラリアAリーグの強豪メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑(32)がダブルスを組み、プレーした。 
琉球サッカープレス 
昨年のポルティモの#10 
大型補強が続く浦和が、新助っ人としてポルトガルの名門ポルトからブラジル人MFエヴェルトン(26)を期限付き移籍で獲得する。今季はポルティモネンセに期限付き移籍しており、日本代表MF中島翔哉の同僚としてプレー。リーグ戦は14戦に出場1得点、4アシストの活躍を見せていた。  エヴェルトンは身長1メートル81の長身ながら足元の技術に優れ、主にトップ下、ボランチが主戦場。12年に母国のフルミネンセでプロ生活をスタートし、14年からポルトガルでプレーしていた。浦和では昨季も中盤は柏木、青木らが絶対的存在だったが、負傷で欠くと戦力ダウンは否めず、MFの戦力拡充が急務とされていた。  FWファブリシオ、DFマウリシオともプレー経験を持ち、新天地でもコミュニケーションの問題はない。期待の新助っ人加入は近日中にも正式発表される見通しとなった。 
今季のJ1リーグの開幕カード(2月22~24日)で、昨季王者の川崎はホームでFC東京を迎え撃つことが分かった。J史上2度目の3連覇へ、いきなり「多摩川クラシコ」でスタート。この日、都内でイベントに参加したエースFWの小林悠は得点王のタイトルも狙うことを誓った。またC大阪はMF山口蛍が移籍した神戸との"因縁対決"が実現した。  川崎は熱狂の多摩川クラシコで新シーズンのスタートを切ることが決まった。2月22~24日に行われるJ1開幕全カードがこの日までに判明。昨年王者はホームの等々力で、ライバルのFC東京を下し、スタートダッシュを狙う。  川崎は今オフ、3連覇はもちろん、ACL初制覇など「複数タイトル」を目標に掲げ積極補強を行った。12年ロンドン五輪得点王の元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンをはじめ、C大阪から元日本代表MF山村、広島からDF馬渡らの獲得に成功。昨年末の左眼窩底骨折から完全復活を期す小林もこの日「これだけ戦力がそろってタイトルを獲れなかったら自分たちの責任」と自信をのぞかせた。  一方、FC東京は長谷川監督が就任して2年目。昨季は前半戦こそ上位争いを演じたものの、終盤に失速して6位で終了。それだけに今季での挽回を期している。  リーグ戦の多摩川クラシコは過去、川崎Fが14勝8分け10敗と勝ち越しているが、両者の意地と意地がぶつかる試合は激戦必至。いきなり開幕で実現する一戦はいつも以上に盛り上がりそうだ。「優勝するかしないかは、自分たち次第。主将として何でも言い合えるチームにしたい」と話す小林も、自身2度目の得点王へ向けて開幕戦ゴールは譲れない。 
完治までの期間は不明だが、専門誌キッカーは10日付で「今季絶望」と報じた。 
平均視聴率が12・0%だったことが10日分かった 
当クラブでは、慶南FC(韓国・Kリーグ1)から、チョ ヨンチョル選手(29)の移籍加入が内定いたしましたので、お知らせいたします。  

武藤友樹選手 現役引退のお知らせ

武藤友樹選手が、2018年シーズンをもって現役を引退することになりましたので、コメントと併せてお知らせいたします。 
状況が急転したのは、年が明けて正月三が日を過ぎてからのこと。 
スペイン人監督のルイス・カレーラス率いるサガン鳥栖が、元バルセロナのフォワード、イサアク・クエンカの獲得を狙っているとのニュースを、スペイン各紙が報じている。  クエンカは、多くのバルササポーターが強く記憶している選手だ。  バルサのカンテラ(下部組織)でプレーしていた頃にその才能をジョゼップ・グアルディオラによって見出され、トップチームに呼ばれるようになったのは2011年。20歳でトップチームデビューを果たしたそのシーズンには、公式戦30試合に出場した。  しかも、ラ・リーガ16試合、コパ・デル・レイ6試合、チャンピオンズ・リーグ(CL)7試合、クラブワールドカップ1試合と、全コンペティションで起用されているこのデータが、ペップをはじめとする首脳陣の信頼の厚さを物語っている。  そして、このシーズンのハイライトのひとつであったCL準々決勝第2レグのミラン戦で、グアルディオラがアレクシス・サンチェス(現マンチェスター・ユナイテッド)をベンチに座らせ、クエンカをフル出場させたのは、いまでもファンの間で語り草になっている。  その年にクエンカが出場したCL7試合でのアシスト数は4。当時グアルディオラはクエンカについて、「彼は多くの女性には好かれないかもしれないが、ピッチの上では完璧に仕事をこなす。完璧にだ。彼には周囲(の選手)を輝かせる能力がある」と冗談を交えながら、手放しで褒めている。  クエンカは、2012年にバルサのトップチームと3年契約を交わし、将来を有望視されていたが、その年の5月に右膝を負傷し、2013年1月まで約8か月の戦線離脱を余儀なくされ、復帰後はアヤックスにレンタル移籍。一度は戻ってきたものの、ルイス・エンリケを新たに招聘したチームに彼のポジションはなく、2014年夏にバルサを離れた。  その後、デポルティボやグラナダなどに所属し、2018年夏、イスラエルのハポエル・ベエルシェバから、生まれ故郷の老舗クラブ、レウス(スペイン2部)へ移籍したが、ラ・リーガの規約で決められている最高年俸を超えているのではないかとの「疑惑」があることから登録が許可されず、今シーズンはまだ1試合もプレーしていない。  まだ27歳という若さながら経験豊富なクエンカ。かつてグアルディオラもその才能を認めたこのサイドアタッカーの移籍が正式に決まれば、チームメイトとなる点取り屋のフェルナンド・トーレスにとっても、朗報と言えるだろう。 
『Voetbal België』はベルギー1部シント・トロイデンが川崎DF板倉滉を獲得するかもしれないことを伝えた。 板倉はU-12から川崎の下部組織に在籍し、2015年にトップデビュー。昨年は出場機会を求めてベガルタ仙台へ期限付き移籍し、リーグ戦24試合3得点を記録した。 現在21歳の彼は森保一監督が兼任する東京五輪代表チームでも主力と考えられており、昨年のアジア大会では準優勝に大きく貢献している。 今回の記事に詳細は綴られていないが、シント・トロイデンは今冬にDFがクラブを去っており、また、アジア市場のさらなる拡大を考えているという。板倉と川崎との契約は2020年1月31日までで、市場価値は70万ユーロ(およそ8700万円)と紹介されている。 そんな板倉は7日、移籍期間満了に伴い仙台を退団することを発表し「ここで培った経験を生かして新たな環境でチャレンジしていきたいと思います」と発言していた。 日本企業のDMMが保有するシント・トロイデンには現在、冨安健洋、遠藤航、鎌田大地、関根貴大、小池裕太と日本人5選手が所属している。 
昨季まで札幌に所属したFW内村圭宏が、JFLのFC今治へ完全移籍することが分かった。10年に加入した札幌では9シーズンでJ1、J2通算236試合出場で59得点を挙げ、チームの中心選手として2度のJ1昇格に貢献した。昨季限りで契約満了となり、昨年12月にJPFAトライアウトを受けるなど、現役続行を希望していた。 

【甲府】FWドゥドゥが福岡から復帰へ

甲府から昨季福岡に期限付き移籍していたFWドゥドゥが復帰することが決定的となった。近日中にも正式発表される見込みだ。ドゥドゥは柏や母国ブラジルのクラブを経て2016年途中に甲府へ加入。同年はJ1リーグ戦11試合出場4得点。翌17年は29試合出場5得点を記録し、10番を背負うなど活躍した。昨季はJ2福岡へ期限付き移籍し、36試合出場10得点という記録を残していた。  甲府は9日に、昨季チームトップの11得点をたたき出したFWジュニオールバホスとの契約更新を発表。元J1得点王のFWピーター・ウタカの獲得も既に発表されており、強力攻撃陣で2年ぶりのJ1復帰を目指していく構えだ。 
札幌に加入したMF中野嘉大が新天地での飛躍を胸に期した。仙台から完全移籍し9日、札幌・宮の沢でDF福森らとの自主トレに参加した。ランニングでは先頭を走る意欲に満ちた1日を終え「チームが更に上がって行く中心に自分がなれたら一番いい。そこを目指してやっていきたい」と定位置取りへの思いを示した。  仙台との契約は残っていたが「新しいところでやりたかったし、ミシャさんの下でプレーしたかった」とミハイロ・ペトロヴィッチ監督の指導を熱望した。「これまでも常に自分たちが主導権を取るスタイルを目指してきた」。打ってつけといえる札幌の攻撃的サッカーで、持ち味の高い個人技とスピードに磨きをかける。  左サイドの即戦力として期待されているが、慢心はない。「楽しみもあるがゼロからのスタート。去年の札幌はスタメンが固定されていた印象なので、その中に入っていかなければいけない」とアピールの必要性は感じている。14日に始まるタイキャンプから積極的に存在感を示していく。  練習時のグラウンドはマイナス0・4度と、真冬日だった札幌。「寒さは得意じゃないから。できれば北には行きたくなかった」と苦笑したが、札幌のサッカーに魅力を感じ、最北の地を選んだ。「勉強になることも多いと思う」。魅力に満ちた札幌で、快足のサイドアタッカーが勝負をかける。 
今季のJ1開幕カード(2月22~24日)で、大型補強を実施した神戸がC大阪と敵地で対戦することが分かった。神戸はこのオフに元スペイン代表FWで、10年南アフリカW杯で得点王に輝いたダビド・ビジャの獲得に成功。国内では鹿島から元日本代表DF西大伍、G大阪から元同DF初瀬亮を引き抜いた。対戦相手のC大阪からは、ロシアW杯で3試合に出場したMF山口蛍を完全移籍で獲得。山口は古巣に対して「大きな決断をして出てきた。自分が出ることをいろんな人が重く受け止めてほしい」と話すなど遺恨を残した。神戸からはMF藤田直之がC大阪に移籍したこともあり、いきなり大注目の一戦となる。  神戸はホーム開幕戦となる第2節で鳥栖と対戦することも判明した。鳥栖にはビジャと同じくスペイン代表で活躍したFWフェルナンドトーレスが在籍。神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタとの対決が早くも実現する。 
浦和が横浜DF山中亮輔を完全移籍で獲得することが明らかになった。複数の関係者によれば、この日までに条件面などで大筋合意した。13年ぶりリーグ制覇、2年ぶりACL制覇を目指す上で左サイドの戦力拡充は重要なポイントとなっていた。一両日中にも正式発表される。  浦和が、またも大型補強に成功した。今度は国内屈指のレフティー。横浜のDF山中を完全移籍で獲得することが確実となった。19年の始動を約1週間後に控え、条件面などで大筋合意。リーグ奪回とACL制覇を目指す今季、周囲から"ロベカル級"とも言われる悪魔の左足を持つ25歳が赤いユニホームに袖を通す。  山中は昨年11月のキルギス戦で国際Aマッチデビューした新鋭。史上最速となるA代表デビューから2分でのゴールは記憶に新しい。横浜では32戦4得点、7アシストの活躍で攻撃の多くが山中を経由した。また強烈なFKも持つ。就任2年目のオリヴェイラ監督が今季から導入する可能性もある4バックでは左SB、従来の3バックならば左ワイドをハイレベルでこなす。  昨年6月のW杯ロシア大会はテレビ観戦し、日本代表への思いも強くなったという。ポスト長友と言われ、昨夏にはトルコ1部のバシャクシェヒルから正式オファーが届くなど、欧州からも動向が注目されていた。日本代表のキルギス戦で左太腿を負傷、現在、開催中のアジア杯の日本代表からは漏れたが、左サイドとしては国内屈指の存在だ。  クラブ幹部は「チームが成長するには2チーム分の戦力、世代交代が必要」とし、今オフの補強を活発化させてきた。左サイドは宇賀神友弥も健在だが、戦力拡充は重要なポイントの一つだった。既にC大阪からFW杉本健勇、柏からDF鈴木大輔ら代表経験者を獲得。再び20代の代表クラス獲得に成功した。一両日中にも「浦和・山中」が誕生する。 
浦和が横浜FMのDF山中亮輔を完全移籍で獲得する。関係者によると横浜FMは全力で慰留に努めたが、将来的に海外移籍も見据え、その上でACLに出場する浦和への移籍を決断した。契約は複数年で、国内では極めて高い2億円超とみられる移籍金は満額が支払われる。  左サイドバックを主戦場とする山中は積極果敢なプレーと強力な左足のシュートが持ち味で、昨季は32試合出場4得点を記録。日本代表の森保一監督も「左利きを生かした攻撃で、スペシャルなものを持っている」と高く評価し、昨年11月には日本代表に初選出された。初戦となった同20日のキルギス戦では、日本代表デビュー最速となる開始108秒での代表初得点を記録した。今回のアジア杯ではメンバー入りしなかったが、22年カタールW杯を目指す森保ジャパンの貴重な戦力だ。  浦和の左サイドには日本代表経験があるDF宇賀神友弥がいるが、オズワルド・オリヴェイラ監督は「競争力のあるチームになると期待している」とACLに出場する今季に向け、さらに選手層を厚くする狙いがある。 
契約は複数年で、2億円超と見られる移籍金は満額支払われる 
GK権田修一 4・5 コーチングの声聞こえない。厳しい DF酒井宏樹 5・5 安定だが一か八かの選択も時に必要 DF吉田麻也 5・0 凡ミス多い。中沢の域には達してない DF槙野智章 5・5 閉塞を「声」で変える役目があるはず DF長友佑都 6・0 前半ポジショニング迷子も無事修正 MF冨安健洋 5・5 大器の片鱗は見せるもまだ片鱗 MF柴崎岳 5・0 ボールタッチ数は多い。それだけ MF堂安律 6・5 ミスで失点絡むも汚名返上のゴール MF南野拓実 5・0 気合は伝わるが足に伝わっていない MF原口元気 6・5 我を抑え、落ち着いて同点弾アシスト FW大迫勇也 7・5 苦しい時にチームを救うのがエース 森保一監督 5・5 大迫先発で初戦重要度を選手に示す FW北川航也 5・0 交代1枚目は期待の表れ。だが裏切る 
温野菜派は耳鼻科に行け 
 
Q. およそ1か月半後には開幕となります。遠藤選手、今シーズンの意気込みをお願いします。 遠藤「初戦の横浜F・マリノス戦でいいスタートを切るために......え?まだだめ?いまの無しで。まだオッケーじゃない?11日?きょうは9日?」 
黒人に対して『監督として指揮できる』っていう信頼はこの世界に存在しないし、僕ら(黒人)は二流の民族だと認識されていると感じる」  黒人監督がいないわけではない。現在のカメルーン代表監督を務めるのは、元オランダ代表MFのクラレンス・セードルフであり、欧州でもパトリック・ヴィエラ(ニース)やティエリ・アンリ(モナコ)らが、トップリーグのクラブで指揮を執っている。  だが、ビッグクラブなどで指揮を執る黒人監督はいまだ少ない。この問題に関して、元アーセナルのMFであるポール・デービスは、英公共放送「BBC」で、「サッカー界は多くの才能をみすみす腐らせている」と語っている。 「黒人はその多くが、『自分は指導者になれない』と感じている。黒人選手と話をすると、『たぶんうまくいかないだろう。指導者になるためのトレーニングを6年、もしくは7年やっても、たいした仕事には就けないと思う』と言っている」  そうした"見えない差別"とも戦い続けてきたのが、他でもないエトーだ。それだけに、セカンドキャリアで監督となり、周囲の考えを改めさせるような采配を振るう姿を見てみたいところだ。 「選手としてヨーロッパで成功したから、僕は指導者としてもヨーロッパで勝ちたい」と意気込むエトーの引退後のキャリアには、大いに注目したい。 
「日本で4番目のカテゴリーから下克上を目指す為に、他クラブがしたことのない新しいチャレンジが必要」と、前監督の退任の意向を聞いた2日後に女性監督の起用を決めたという。Google検索、スポーツエージェント、代理人の話を聞いた結果、ドミンゲス監督に白羽の矢を立てた。  同監督は男子のトップチーム率いた経験はないものの、2013年から4シーズン、スペインのアルバセテ・バロンピエで女子チーム監督兼GMを務め、昨季はアトレティコ・トメロッソの女子チームの監督を務めた。2007年から2シーズンはアルバセテ・バロンピエでで男子の∪6~∪12のコーチを務めた経験がある。  
清水がブラジル1部パルメイラスMFレナト・アウガスト(26)の獲得に動いている。Jリーグ関係者の話を総合すると、交渉は順調で細部を詰める段階だという。身長185センチのボランチで、昨季はブラジル2部パイサンドゥに期限付き移籍し34試合5得点。清水はMF白崎が鹿島に移籍しており、ボランチの補強を進めていた。 
昨季まで札幌U―18のコーチを務めていた元札幌MF砂川誠氏が、今季から札幌U―14のカテゴリーを担当する。現役引退の翌16年から札幌大サッカー部のコーチを務め、昨季はユースを指導。幅広い年代の指導経験を生かし、今季からは中学生年代の育成に力を注ぐ。  砂川氏は昨年、「ペトロヴィッチ監督の指導を間近で見られるのも大きな理由の一つ」として札幌からの指導者オファーを受諾。U―18のコーチとして川口前監督を支えた。指導の傍らトップチームの練習も頻繁に見学しペトロヴィッチ監督のサッカーを熱心に勉強。今季から指導するU―14にも"ミシャイズム"を伝えていく考えで「ミシャのエッセンスを交えながら自分のエッセンスを加えていきたい」と話した。  プロとして20年間にわたってプレーしてきた砂川氏。自身の経験から「プロになるために中学生年代の大事さはよく分かっている」と力説する。トップチームへつながる重要な年代の指導を担当。砂川氏は「アカデミーという団体の中で、トップチームにつながる選手を育てていきたい」と意気込みを語った。  ペトロヴィッチ体制になった札幌は、昨季J1でクラブ史上最高の4位と躍進。今季からそのトップチームを下から支えていく。 
磐田MF中村が今季チームに残留することが明らかになった。昨季が契約最終年で昨年12月の東京VとのJ1参入プレーオフ決定戦後に「(来季は)どうなるか分からない。白紙」としていたが、この日までに残留を決断した。  昨季は右足首などのケガに悩まされ、リーグ出場は16試合止まり。国内では自身初のシーズン無得点に終わったが、クラブはピッチ内外で貢献の高い司令塔に延長オファーを出していた。同世代のDF中沢やGK川口氏、MF小笠原氏ら、横浜や代表のかつてのチームメートが引退を決断する中、6月に41歳になるレフティーは今季もユニホームに袖を通す。 
京都DF闘莉王は現役続行する見通しだ。9日の始動には合流しないが、関係者によると、来日は13日前後の予定で到着後に今季の契約書にサインする流れ。日本代表でセンターバックでコンビを組んだ中沢、名古屋でもともに戦った楢崎が現役引退を発表したが、37歳は盟友たちの思いも背負い今季もピッチに立つ。 
「ケータイいじってんじゃねえ!」と怒号が飛ぶ 
現役引退に際し、クラブ公式HPを通じてコメントを発表した。 「2018シーズンをもって24年の選手生活を終えることになりました。新しい年になり、新シーズンへ向けてスタートを切ろうとするこの時期にこのような発表になったこと、最後にゴールマウスの前でプレーする姿をお見せできず終わってしまったことを、申し訳なく思います」 「横浜での4年、名古屋での20年、良いことも悪いことも全てが夢のような経験、最高のサッカー人生で後悔はありません。2つの愛するクラブ、横浜フリューゲルスと名古屋グランパスで一緒にプレーした全ての選手、現場のスタッフ、クラブスタッフ、関係者の皆さん、また、長くプレーしてきた日本代表においてもともに闘った仲間やスタッフ、協会関係者の方々。いつも支援していただいたパートナー企業の皆さん。多くの皆さんのおかげでここまでプレーすることができました。その全ての方たちから刺激をもらい成長させてもらえたことに感謝の気持ちでいっぱいです」 「そして何より、新人だった頃から応援してくれたフリューゲルスサポーター、99年に移籍してきた不器用で若かった僕を受け入れ、信頼して、愛してくれた名古屋グランパスのサポーターの皆さんにはいくら感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。これからはプレーヤーとしてではなく、違った形でクラブや日本のサッカーの発展のために力を尽くせていけたらと思っています。24年間多くのご声援をいただき本当にありがとうございました」 

大宮花伝とは

大宮アルディージャをこよなく愛する人へのウェブマガジン 

フットボールシンガポールとは

フィリピン、タイに続いてディープな世界へ。 

板倉、期間満了で退団

仙台はDF板倉滉の川崎からの期限付き移籍期間が満了し、退団すると発表した。関係者によると、海外に挑戦する意向を示しているという。板倉は神奈川県出身。川崎から昨季加入し、186センチの長身を生かした空中戦の強さと精度の高いロングパスでチームを支えた。  昨季はリーグ戦24試合出場3得点、YBCルヴァン・カップ(ルヴァン杯)と天皇杯は各4試合出場。U-21日本代表として昨季のアジアカップ準優勝にも貢献した。クラブを通じて「仙台で過ごした時間は選手として成長を実感できる有意義なもので、来て良かった。培った経験を生かして新たな環境でチャレンジしたい」とコメントした。 
横浜MのDF中澤佑二が現役を引退する意思を固めた。関係者によると、クラブは契約延長オファーを提示したが、慢性的な膝の痛みで満足なプレーができないことで決断に至った。練習参加生から1999年にV川崎(現・東京V)入り。2002年、横浜Mに加入し03、04年のリーグ連覇に貢献するなどクラブの顔として活躍。日本代表でも06、10年にW杯2大会連続出場。「ボンバー」の愛称で親しまれた守備の要がプロ生活20年、不惑の節目にピッチを去る。 不惑のボンバーがユニホームを脱ぐ決意を固めた。関係者によると、中澤はクラブから延長オファーを受けたが、膝の痛みで納得のいくプレーができないこともあり、昨年末までに現役を退くことを決断。近日中にクラブから正式発表される。  高校時代はプロになる目標が周囲に笑われるような無名選手。98年にV川崎に練習生として参加し、翌99年にプロ契約を結んだ。アフロヘアで爆発したような髪形から"ボンバー"の愛称が定着。187センチの長身と高い身体能力で空中戦に無類の強さを発揮した。日本代表として06年ドイツ大会と10年南ア大会にW杯連続出場。DF闘莉王とのCBコンビは史上最強との呼び声も高い。DF登録では歴代最多となる代表通算17得点をマークした。  昨季は膝の慢性的な痛みに苦しみ、昨年8月19日の鹿島戦でメンバー外になり、フィールドプレーヤー歴代最多連続出場(199試合)とフルタイム出場(178試合)の記録が途切れた。同9月に左膝を手術したが回復は思わしくなく「ジャンプもできない」と嘆いた。それでも「誰よりも頑張る上司がいれば、部下も頑張る」と残留を争う中でチームを鼓舞。12月1日の最終節・C大阪戦では約3か月半ぶりに実戦復帰。ホーム・日産スタジアムの大歓声を浴び、キャプテンマークを巻いて立った8分間が、現役ラストゲームとなった。  J1通算593試合出場は歴代3位。昨季限りで現役引退したGK川口能活、MF小笠原満男に続きまた一人、日本サッカーのレジェンドがピッチを去る。 
横浜DF中澤佑二が現役引退を決意した。近日中に発表される。長年抱える左膝痛などの影響で、昨年8月にGKを除くフィールドプレーヤーでは歴代最多だったリーグ戦連続出場記録が199試合、連続フル出場が178試合でストップしていた。横浜は新シーズンに向け契約延長を求めたものの、「納得できる状態でなければ戦えない」と潔くスパイクを脱ぐことを決断した。  高校時代はプロになる目標が周囲に笑われるような無名選手だった。卒業後に留学したブラジルでは用具がなくなり、練習中はパスが回ってこなかった。契約がかなわず帰国すると、母校で練習。苦難と挫折を味わいながら夢にしがみついた。年齢を偽り、後輩と出たV川崎(現東京V)との練習試合で得点。練習生からプロ契約にこぎ着けた。02年に横浜に移籍し、03年からのリーグ連覇に貢献。日本代表でも長く活躍し、日本サッカー史に残るセンターバックにのし上がった。  普段の生活からプロフェッショナルを貫いた。ストレッチや体のケアに時間を割き、酒や揚げ物、スナック菓子などは一切、口にしなかった。チームの精神的支柱としても、ピッチ内外で存在感を発揮。加入間もない若手を食事に連れて行き、プロサッカー選手としてのイロハを説いた。  近年は慢性的な左膝痛に悩まされており、シーズン開幕前には「最後の一年」とキャリアの終焉が近いことを示唆していた。昨季限りで引退したGK川口能活(J3相模原)、MF小笠原満男(鹿島)に続き、一時代を築いた名選手がまた1人ピッチを去ることになった。 
信じるか信じないかはあなた次第。 
中島翔哉くんも子供の頃に出てたんですよ 
驚きの前に、相変わらず斜め上やなって思った(笑) 
サウジアラビアでのプロモーション活動を終えて米国に戻ったルーニーは、公の場で酩酊し悪態をついたとして身柄を確保され、その後自己誓約により保釈されており、4日に罰金25ドル(約2700円)と裁判費用を支払ったという。  ルーニーの代理人は「フライトの間、ウェインは処方された量の睡眠剤とアルコールを摂取し、その結果到着したときは酩酊状態だった」と話した。 「彼は近づいてきた警察に軽犯罪の容疑で逮捕された。直後に法で定められた罰金を支払い空港で解放された。この件はすでに決着している。ウェインはこの件に関し彼自身の見解を出す意向だ」  なお、D.C.ユナイテッドはルーニーの逮捕を認識していたと発表している。「われわれはこの件に対するメディアの関心を把握しているが、これはウェインのプライベートな事柄だと考えており、D.C.ユナイテッドとしては内部で処理する予定だ」 
ヴィッセル神戸でプレーすることを嬉しく思います。自身の成長とチームへの貢献のために移籍してきました。チームの目標を達成するため、そしてたくさんの方に心から応援してもらえるように選手、スタッフとともに頑張ります。よろしくお願いします。 

西選手がヴィッセル神戸に完全移籍

「8年間の在籍期間でサッカー選手として、また、人間として成長させて頂きました。今回、より大きな成長を求めて、移籍します。選手、スタッフ、地域の皆様、応援してくれた全ての皆様、本当にありがとうございました。とても楽しかったです」  
負傷者リスト ・大迫勇也 ・中島翔哉 ・浅野拓磨 ・遠藤航 ・青山敏弘 ・守田英正 これもう野戦病院だろ・・・ 
マハダビキアって高原のHSVでの同僚だよな懐かしい 
ネタは「合コンで女性がJリーガーに引っかからない心構え」。最初にチヤホヤせず、相手の契約方式を確認するの大事と訴え、推定30億円以上の年俸を手にしているイニエスタら高給を手にするA契約なら「どんどん行って」。一方、C契約なら年俸60万円なんて選手もいる事情を明かしながら「こういうのが声を掛けてきたら"Jリーガー詐欺"の可能性があります」と語り、自分を指さして笑いを誘った。 
この度、ジェフユナイテッド千葉に所属しておりました近藤直也選手が、完全移籍で東京ヴェルディに加入することが決定しましたので、お知らせします。 近藤選手のプロフィールおよびコメントは下記をご参照ください。 
FW佐々木竜太、DF三原向平、MF能登正人の3人を完全移籍で獲得した。6日、公式HP上で発表している。  現在30歳の佐々木は鹿島アントラーズや湘南ベルマーレといったクラブを渡り歩き、東京ユナイテッドFCから南葛SCに加入した。プロ通算111試合10ゴールを記録している同選手は移籍に際し、クラブ公式HPで次のようにコメントを発表している。 
日本語字幕ありの親切さ! 
ちゃんと分かりやすくしてるな 良い会社じゃないか 
日本サッカー協会(JFA)は5日、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)とMF守田英正(川崎フロンターレ)が怪我のため離脱し、代わってMF乾貴士(ベティス)、DF塩谷司(アルアイン)を招集すること発表した。 
玉田選手、角田選手など移籍金のかからない大物選手の補強に成功 
 
「何がヘビーメタル・フットボールだ、ばーか!」 「ヘビーメタル・フットボール」とは、リバプールのドイツ人監督ユルゲン・クロップが、戦術的に柔軟でスピーディーな攻撃を貫き、ファンをエモーショナルな気分にさせる自身の標榜するスタイルを例えた造語だ。L・ギャラガーは、これを皮肉ったのである。  ただ、いまだリバプールが首位であることに変わりはない。ゆえにL・ギャラガーの元には、「誰がトップなのかをお忘れか?」「ストーン・ローゼズがライブをした時以外、お前らのスタジアムが沸いたのを聞いたことがない」「首位になってからものを言えよ」など、多くのコップ(熱狂的なリバプール・ファンの総称)から非難の声が相次いだ。  過去にも、愛するシティに関する話題に首を突っ込んでは、お騒がせなロックミュージシャンらしい歯に衣着せぬ発言で"炎上"のネタを振りまいてきたL・ギャラガー。そんな男のつぶやきは、今回も"燃えた"。 
鹿島の好青年たちと気が合いそうな風貌だな 
ベイルの負傷による途中交代は、2013年夏の加入以降これが実に14度目となっている。 
この度、FC今治のトップチームに駒野 友一選手の入団が決定しましたのでお知らせ致します。 
報道によると、金崎は現在ポルトガルに滞在しているとのこと。2日に行われたポルティモネンセ対ベンフィカの試合をスタジアムで観戦したようだ。『レコード』は、日本代表FW中島翔哉とFWジャクソン・マルティネスとの3ショットを掲載している。  中島の退団報道が絶えないポルティモネンセ。最近では金崎とチームメイトの日本代表GK権田修一の獲得が取り沙汰されていたが、果たしてポルティモネンセはどういった動きをみせるのだろうか。 
30年W杯の日中韓朝4カ国共催構想について語った。 鄭会長は「26年W杯を米国、メキシコ、カナダの3カ国が共同開催するように、W杯出場国が増え規模が大きくなり、1カ国で開催するのは難しくなってきている。南北が団結し2カ国(日本と中国)を説得しなければならない。十分に挑戦する価値があると思う」と述べた。  
私は東京ユナイテッドの選手兼コーチと共に、東京大学ア式蹴球部のコーチをしていました。 今日、ネット上でア式蹴球部のブログが話題になりました。知らない方はスルーしてください。 私は自己弁明もしませんし、誰かをかばうこともしません。ただ、(ある意味)第三者として見えた景色を正直にお話しましょう。 一部の情報だけで想像を巡らせて、それで勝手に物語を作っては人を叩くのはやめてください。今の時代、疑問に思えば直接聞くことだってできます。私も逃げも隠れもせず、分かることはお話しますから、是非、誰かを叩くならちゃんと情報を得てからにしてください。 私は2017年と2018年の2年間、東京大学ア式蹴球部のコーチも兼務しておりました。ただ、実際には2017年しかア式は見ておりません。理由は今日のブログを読むまでよく知りませんでした。 2018年はユナイテッドとア式が離れて活動していました。 「なぜそうなったのか聞かなかったのか?」 一切聞いておりません。 

今しかない。俺しかいない。

私には心の底から本気で、ある出来事を、ある人間を恨んだことがあります。今でさえ、冗談おかしくその頃のことを話したりほんと嫌いだよねーみたいに言われているが、冗談ではない。 あるJリーグを目指す社会人チームのことをUと表すこととする。 
ザンビアで、しかも契約すらしてないとか... 
ついにクリロナの境地へとたどり着いた長谷部キャプテン  
12月31日(月)に、那須選手YouTubeチャンネルにイニエスタ選手が前回に引続き登場!今回は対決コンテンツとなっています。ぜひご覧ください。 
帝京長岡(新潟) 6-0 高知西(高知) 大津(熊本) 5-0 桐光学園(神奈川) 東福岡(福岡) 4-0 浦和南(埼玉) 岡山学芸館(岡山) 4-0 遠野(長野) 
同紙によると、バルセロナはプレシーズンのインターナショナル・チャンピオンズ・カップに19年は出場せず、いくつかのプレシーズンマッチを行うよう調整中だという。  19年夏は7月22~28日の間に神戸、チェルシーと日本で対戦する見通し。中国でも2試合が計画されている。 
大槻さんのコメントは今読んでも素晴らしい 
色々な事があった2018シーズン 
ぼったくりすぎwwwwwwww 
「(国内組は)オフだからしょうがないけど、体のキレを含めて、まだみんな戻っていないなと思った。2日から向こう(UAE)に行くけど、海外組はコンディションを調整して、国内組はコンディションをもっと上げていかないと。負荷のかかる練習をやっていかないといけない」。チーム全体でコンディションにバラつきがあることに危機感も覚えているようだ。  優勝した11年大会、ベスト8敗退に終わった15年大会のいずれも経験している長友は「アジアカップの独特の雰囲気、難しさは経験ある人しか分からない」と表情を引き締める。「初戦から精神的に"勝てるだろう""70%、80%でも勝つだろう"という気持ちで臨んだら足元をすくわれる」。本番前の親善試合で結果を残し、意気揚々と本番に乗り込んだ11年大会当時とチームの置かれた状況が「似ている」と感じている32歳のベテランは「11年もギリギリの戦いで勝ち上がって優勝した。今回も気をつけないといけない」と力を込めた。  
J2水戸は30日、MF白井永地(23)が同日午前9時30分ごろ、千葉市内で乗用車を運転中、信号待ちで停車していた乗用車と接触する事故を起こしたと発表した。けが人はなかった。 
『しょうがない』という日本語には考えさせられた。それはあきらめるという知性なのかもしれない。フットボールよりも重要なことはある。健康や家族はそうだろう。ただ、プレーしている間の『しょうがない』はあり得ない。失点して、『しょうがない』はあってはならないんだよ。次の日、切り替えるというのはわかるが...... 
コーチの手倉森誠は、本田圭佑がCKを蹴ろうとした瞬間、ベンチから叫んだ。     「蹴っちゃダメだ!!」 しかし、CKはGKクルトワにキャッチされ、ベルギーのカウンターが始まった。  
ツイッターでマルシャルがトレンド入りしてるのなんで? 誰か教えて 
新指揮官は、2つの意見について「サポーターの意見はどっちなんだろう? どっちも、は通用しない。それならチームにも一体感を求めるべきでは無い。我々はつながっているから言わせてもらう、公共の場で名指しで呼び捨てにして評価する...それが京都人の風習だとしたら残念で仕方ない サンガが昇格出来ないのも理解できる」と投稿。 続いて「他人を名指しで批判するなら最低限のマナーとルールがある事を教えよう! 自分の立場と役割と責任と名前を明らかにしてから批判すること。批判する目的を明確にしその目的のために自分は何をするのかも付け加えること。どこの誰かも明かさずに他人を批判だけするのは卑怯(ひきょう)の極みとしか言えない」と痛烈に書きつづった。 
クラブによると、日程は2019年1月24日から2月7日の2週間を予定しており、この間にプレシーズンマッチとして1月28日にMLS(メジャーリーグサッカー)で昨季10位に入ったコロンバス・クルーSCと、1月31日には、MLS昨季3位でメキシコ代表のカルロス・ベラなどを擁するロサンゼルスFCと対戦。そして2月2日にトロントFC、2月5日にオレンジカウンティSCと対戦することが決定している。(すべて現地時間) 
開業後も誤算は続いた。ギラヴァンツの成績不振だ。J2にいたギラヴァンツは、開業年のシーズンにJ3降格。18年シーズンは、J3全17チーム中最下位に沈んだ。「供用開始前のJ3降格決定は正直、想定外だった」。市の担当者は明かす。 
このような改革を考えていくにつれ、「高校サッカー界が高体連(全国高等学校体育連盟)から独立した組織であれば、もっと柔軟に動けるのに......」という思いが強まってきます。 
この度、湘南ベルマーレより高山薫選手が大分トリニータへ完全移籍加入することが決定いたしましたので、お知らせいたします。 
移籍については様々な選手に相談したようだ。「内田選手、遠藤選手には背中を押してもらい、その中でも小笠原キャプテンに相談をした時、『お前が活躍して勝ち取ったオファーだろ!誰になんて言われようと、行きたいなら迷わず行け!!』と言われ、この言葉で勝負しようと決めました。いつか、小笠原キャプテンのように逞しくなるために」と明かしている。  
高校サッカーでも最近はいいバス乗ってるのに... 
中田氏は「お疲れ様!」と短くツイート。言葉はそれだけだったが、前列中央に眼鏡をかけてキャップをかぶったリラックスモードの小笠原が陣取る食事会の写真を掲載した。小笠原の左隣に座った中田氏は右腕でしっかりと小笠原の肩を抱き、小笠原の右隣では98年から15年まで鹿島でプレーした元日本代表MF本山雅志(39=J3北九州)がピースサイン。その隣には元日本代表GK曽ヶ端準(39=鹿島)、後列には元日本代表FWで今年6月まで鹿島でコーチを務めていた柳沢敦氏(41)や鹿島OBの元日本代表DF名良橋晃氏(47)、元日本代表DF内田篤人(30=鹿島)、日本代表FW大迫勇也(28=ブレーメン)ら豪華なメンバーがズラリと並んだ。 
このたび、川崎フロンターレ所属(北海道コンサドーレ札幌へ期限付き移籍中)の三好康児選手の期限付き移籍での加入が決まりましたので、コメントと併せてお知らせいたします。移籍期間は、2020年1月31日までとなります。なお、三好康児選手は2019シーズン公式戦にて川崎フロンターレとの対戦には出場できません。 
引退後の進路については鹿島に残ることを希望した。「やはり鹿島アントラーズに育ててもらった。自分は恩返ししていきたい気持ちが強くなった。これからアントラーズが強くなるために、成長するために、何かためになるものを見つけていきたい」。 
このたび、V・ファーレン長崎から鈴木 武蔵選手が完全移籍加入することになりましたので、お知らせいたします。 
玉田選手がV・ファーレン長崎へ加入することが決定いたしましたのでお知らせいたします。 
このたび、工藤 壮人選手がサンフレッチェ広島より期限付き移籍加入することとなりましたのでお知らせいたします。なお、期限付き移籍期間は2020年1月31日までとなり、レノファ山口FCがサンフレッチェ広島と対戦するすべての公式戦に出場できません。 
引退の決意を固めてクラブに切り出したのはクラブW杯期間中。最終戦のリバープレート戦翌日の23日夜、最後の夕食の席でチームメートに伝えた。大会後まで黙っていたのは「フェアな勝負をしたかった」から。引退が伝われば"温情"で出場機会があるかもしれない。それを避けた。勝利にこだわる男らしく、同僚との"勝負"にも、最後までこだわった。  いつかピッチ上でチームに貢献できなくなった時は、チームのために身を引こうとずっと心に決めていた。ケガを負っても「肉を食えば治る」と放った言葉は有名。その丈夫な体が今季は悲鳴を上げた。膝に水がたまり激痛が走った。ただ試合の出場はできた。だから決して膝は引退理由でない。今季はJ1で14試合の出場。主力だった16年に比べれば半減していた。小笠原にとっては、試合で貢献できなくなった今が、退く時だった。 詳細は未定だが、鹿島としてはレジェンドに対し、何らかのポストを用意する予定という。近日中に会見を行い、改めて自らの口で経緯を説明する。 

満男さん - 中村憲剛 公式ブログ

満男さんとの対戦は2004年、J2優勝の勢いのまま勝ち上がっていった天皇杯、アウェイで逆転負けをしたのが最初だったと記憶しています。 そこから今までずっと自分にとって鹿島アントラーズとの対戦は、イコール「小笠原満男」との戦いだと思っていました。 チームスポーツであるサッカーにおいて、対個人でモノを語るのは基本的には無しだと今でも思っているんですが、フロンターレの前に常に立ちはだかる鹿島の先頭にはいつも満男さんがいました。俺は勝手にこの人を自分が超えなければ勝つことができないと思ってここまで戦ってきました。 その考え方に異論がある人ももちろんいると思います。でも正直にいえばそれだけ自分にとっては圧倒的な存在なんです。「小笠原満男」は。 俺にとって毎試合目の色を変えて削りに来る満男さんをいかにして超えるかお互いせめぎ合う、それが自分にとって対鹿島の全てだったと言っても過言ではありません。 鹿島と、そして満男さんと試合をするのは年に数回あるかないかですが、戦う毎に自分の力が引き上げられた実感がありました。 満男さんの存在がなかったら今の自分は無かったと思います。歳が1つしか違わない満男さんがバリバリやっている姿は常に自分にとって刺激でしたし、ここまでサッカーを続けている原動力のひとつでした。 その満男さんが今日引退を発表されました。 突然のことで正直驚いています。プレーする上での張り合いがひとつ無くなった、はっきり言ってそんな気持ちです。それでも残された側として満男さんの分も頑張りたいとそれも勝手に思っています。 
不屈の精神力は私がこれまで出会った誰も持ち合わせていないものでした。2008年に膝の大怪我をして、その前と後では明らかにプレーが変わりました。キックのキレも以前よりは落ちたように感じました。 しかし、そこから彼は這い上がり、這いつくばって、10年を日本のトップクラブで過ごしました。「這いつくばって」はもしかしたら適切な言葉ではないかもしれません。でも、正直に言って、あの足でここまでミツオさんがやってこられるとは私は思わなかったのです。 今だから言えますが、2013年をもって鹿島を退団することに決めた理由の一つが、ミツオさんの健在ぶりでした。変わりゆく鹿島の中で、ベテランが多すぎると感じていた私は、ミツオさんとの勝負だと勝手に決めていました。 ピッチ上で若い選手をまとめる役は一人で充分。ミツオさんか僕か。私は昌子や山村に負けたという感覚より、ミツオさんに負けたと思ったのです。 鹿島を出てからは外から鹿島を見てきました。「いつまでミツオさんに頼ってる」。そう思う時は少なくありませんでした。それは、他の選手が不甲斐なかったのではなく、ミツオさんが偉大すぎたのだと思います。 アジア制覇が置き土産となりました。引き際などを考える人には思えないので、アジア制覇と引退が重なったのは、きっと運命みたいなもので決められたのでしょう。 ミツオさんぽくない、美しすぎる引退劇は、彼の功績に相応しいものだと思います。 
MF青山敏弘(広島)は「常に憧れもあったし、目指すべき存在だった。残念ですね」と言葉を詰まらせながら話した。  同じポジションのライバルだが、「話したことないですし、話すべきじゃない、そういうオーラを出されていた」と明かす。「プロとして、常勝軍団で先頭に立ってやられてきたので、そういう厳しさは絶対必要なんだなといつも思っていました。試合になると厳しさというイメージしかないので、負けたくなかった。その分自分も成長させていただいたと思います」と振り返った。  DF槙野智章(浦和)は「Jリーグきっての経験のある選手、顔だと思っていますし、何よりも代表選手としてチームを引っ張ってきていただいた選手。寂しく思っています」と感想を述べた。「いろんな下の世代の選手に伝えていけることっていうのが満男さんなりの鹿島での勝ち方、タイトルの取り方っていうのもあると思います。僕自身も話とかサッカーに対する考え方を聞いてみたいですね」と話した。 
自身のインスタグラムで「今でも忘れない。プロデビュー戦、2―0で負けてるガンバ戦のフリーキックのシーン。交代で入ると同時に俺にスーッとパスをだしてくれた。あのパスがなかったら今の俺はない。練習を休むことは絶対なかったし、口数は少ないけどいつも背中で引っ張ってくれるキャプテンでした!!俺はそんなキャプテンが大好きです(^ ^)長いプロ生活ごお疲れ様でした」と感謝。「#どこにいようが俺のキャプテン」「#来年は俺が引っ張る」とハッシュタグを付けた。 
「満男さんは多くを口では語らない。プレーの中から得るものはたくさんあった。流れを読んだり、緩い空気、甘い空気を察するのは人一倍早くて、檄を飛ばすことも多々あった。1人の選手として成長させてくれた大先輩ですね」  現役引退については、この日まで「知らなかった」という。それでも、「僕が(鹿島に)いた時もちょくちょく怪我があった。膝の怪我が悪化したのかな。心配ですし、のちの人生に響かなければいい」と話した。 「僕はまだ全然(現役を)できるじゃないかとは全然思わない。満男さんがいろんなことを考慮した結果。元チームメートとして、1人の選手として、満男さんがした決断について尊重したいし、お疲れさまでしたと言いたいです」 
fsntwwet1.jpg
Twitterでも情報配信中

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。