日本は1人多くなりリードしているにもかかわらず、おそらく事前のプラン通りに縦へ、前へと出ていく。ボールを繋ごうと前に出てくるコロンビア相手なら効果的だったかもしれないが、状況はすでに変わっていた。日本の攻撃はコロンビアのブロック守備にかかり、カウンターを食らう。ここに、組織としてコロンビアとの差が出てしまった。試合前のプランが崩壊した両者だが、日本は組織としてどう動くかが定まらなかった。 1点リードで1人多いという状況にもかかわらず、リスクのある難易度の高い縦パスを通そうとし、それを読まれて回収され、リスクの代償を払わされる。その"不必要なリスク"を個のハードワークと頑張りで何とかカバー。ポゼッションの局面でも3人目の動きは皆無に等しく、それ以前に(SBとサイドMFのような)2人の関係の時点で連係が取れず簡単にボールをプレゼントする。結局、数的有位は関係なく乾や香川の個で守備を剥がしていき、守備面でも――ここでも数的有位の関係ない――個々の「デュエル」でボールを奪っていく。全体で数的優位でも相手陣内では数的優位ではないので、前線の守備はズレてハマらない。試合開始直後の想定外の事件への組織マネジメントは、完全にコロンビアが上回っていた。


「お前のせいで負けた」「あそこで手を出さなくても良かったはずだ」など、批判する内容も多数となっている。

中には銃火器の画像を添え「コロンビアに帰ってこないほうがいいだろう。お前には死が待っている。24時間以内に家族をコロンビアから退去させないと後悔するぞ」と、"殺害予告"とも取れるリプライを送る人物も。ただし、このメッセージはSNSのガイドラインに反し、すでに消去されている。

この日は初戦ということで、もしコロンビアに勝利すれば交差点はとんでもないことになる。かつての経験上、早速警察官が道を整備し始めていたのですが、次第に勝利が確定しだすと多くのサポーターが交差点に押し寄せ、ごった返しに。狂喜乱舞したサポーターが道を開けることが出来ず、また警察官もそれを制御することが出来ず、大混乱していたことが明らかになりました。

警察官側も交通整備でロープなどを張るなどして対応はしていたものの、数に押され制御が効かぬ状況となってしまったようです。

そもそも渋谷は多くの人が行き交う交差点、その中であえて緊急車両が通るというのは、かなり切迫した状況であることが伺えます。

Twitterで画像を見る

大迫の得点直後から「半端ない!」ツイートが増え始め、午後10時30分~45分の15分間で、「大迫」を含む投稿が10万件を超える"半端ない"状態になった。試合終了後の東京・渋谷のスクランブル交差点でも、歓喜に沸くファンが次々と「大迫半端ない!」と叫んだ。

試合会場にも「大迫半端ないって」と書かれた横断幕を掲げるファンが見られた。試合を中継したNHKでは、大迫が交代する直前に実況アナウンサーが「今日は半端ないヘディングシュートがありました」と称えた。Jリーグの公式ツイッターも得点直後に「半端ない!!大迫のヘッドで日本勝ち越し!!!」と投稿した。

1994年のアメリカ大会で、DFを務めたアンドレス・エスコバルを襲った事件は今もワールドカップ史上最悪の事件として語り継がれている。

アメリカ戦でオウンゴール。帰国した直後の7月2日、暴漢に射殺されたのだ。メデジン郊外のバーで暴漢に12発もの銃弾を撃ち込まれた。

当時の報道によると、犯人は銃弾を放つ瞬間に「オウンゴールを有り難う」と言ったという。サッカー賭博に絡んだ犯罪組織の関与などの憶測が流れているが、真相は、はっきりしていない。

エスコバルとサンチェスを並べたツイートが物議
コロンビアの地元メディア「PULZO」によると19日に、Twitterにサンチェスとエスコバルの写真を悪意を込めて並べた投稿があり、脅迫行為だとネット上で炎上した。

すぐに投稿は消されたが、コロンビア警察などに捜査を求める声が相次いでいるという。

絶対飛ぶなよとかいったんやろ

SNS上に公開されたある動画が、悪い意味で大きな反響を呼んだ。サランスクで撮影されたその動画にはコロンビア代表ユニフォームを着たコロンビア人男性と、日本代表ユニフォームを着た日本人女性二人が映っている。コロンビア人男性は映像には映っていないほかの男性とともに、日本人女性の一人に「ハポン・ドス(日本2点)、コロンビア・ウノ(コロンビア1点)」とスペイン語で試合結果を言わせた後、「ジョ・ソイ・ビエン・ペラ」との言葉も口にさせている。

この「ジョ・ソイ・ビエン・ペラ」という言葉の意味は、「私は良い売春婦です」。動画は恥ずべきものであるとして、一気に拡散されることになった。

コロンビア人男性グループのこの行為に対しては、もちろん批判が殺到している。コロンビアメディアは「日本人たちがスタンドでゴミ拾いしている間に、コロンビア人たちは女性を侮辱した」「不届き至極」などと報じ、またSNS上では次のような意見が述べられている。

「こんなろくでもないことをするために違う国に行くならば、ユニフォームを脱いて、国旗も持ち歩いてくれるな。野蛮人め」

「行儀も敬意も欠けている。いつもこうした野蛮な人間が存在している」

「恥ずべきだわ。こうした人たちが、私たちコロンビア人全員を悪い人間にしてしまう」

日本、コロンビアの両サポーター間に友好的なムード、少なくとも敬意が存在したとされるこの試合だが、特定の人間の嘆かわしい行為がそれに泥を塗る格好となった。

サッカー日本代表のワールドカップ(W杯)初戦、コロンビア戦を生中継したNHK総合(後9・53~同11・00)の平均視聴率は48・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが20日、分かった。試合前半(後8・45~同9・50)も42・8%を記録した。また、瞬間最高は午後10時52分、53分の2分間で、歴史的勝利の瞬間に55・4%という驚異的な数字を叩き出した。

柱谷 哲二 氏 監督就任のお知らせ

この度、ギラヴァンツ北九州は新監督として6月20日(水)付で 柱谷 哲二 氏の就任を決めましたので、お知らせいたします。柱谷監督は、6月21日(木)のトレーニングに初合流し、6月24日(日)の2018明治安田生命J3リーグ 第15節 福島ユナイテッドFC戦(会場:とうほう・みんなのスタジアム/15:00キックオフ)から指揮を執ります。

柱谷哲二監督コメント
『この度、ギラヴァンツ北九州の監督に就任することになりました柱谷哲二です。現在チームはJ3最下位と苦しんでいますが、サポーターもチームもフロントも一体となれるように、そしてチームの勝利のためにベストを尽くします。皆さん よろしくお願いします。』

「最初PKがあって、俺の角度から見るとハンドかも分からなくて。その後、(吉田)麻也くんとかハセさん(長谷部誠)としゃべっていた。それで後ろに残るやん。そしたら6番が俺の前に歩いてくるわけ。それで宏樹くんに『宏樹6番行ったど!』って言ったら、宏樹くんも『オッケー!』って言ってた。(なのに)そのまんま外に行って。で、『アイツ何で外に行ったん?』って(笑)。コイツもしキーパーが弾いた時とか用のカウンター要因かなと思っていた。そしたら『アイツ退場らしいぞ』って、『エッ』ってなって(笑)。うわ、すげー、ラッキーみたいな」

 どうやら昌子はハンドのシーンをハッキリと確認できず、レッドカードを提示された場面も見ていなかったようだ。その状況でC・サンチェスが自らのもとを経由して、ベンチ側にいる右サイドバックの酒井宏の近くへ向かっていったから、マークの受け渡しをしたと言う。
 
 退場とは知らずにされた珍やりとりだが、「でも、ここからだなと思いました。逆に」と昌子は述べる。その真意について、次のように言葉を続けた。
 
「1-0になった時と、2-1になった時は、どうしても後ろに一瞬でも重くなる。僕らひとり多かったし、できるだけ前に行こうというのは伝えていたんですけど、最初の5分くらいはどうしても。でもそこから徐々に落ち着いてきて、その5分間、10分間で失点しないことは凄く注意しました。そこで追いつかれると、またコッチが行かなあかんと思うし。こっちが11人で向こうは10人だから、得点取った直後はサッカーってそうなるじゃないですか。その時にいかに失点しないかというのを、凄く話していましたね」
 
 退場を把握していなかったとはいえ、すぐに切り替え、集中力をより高めたのは流石だ。逞しさが増した昌子のパフォーマンスは、第2戦のセネガル戦でも期待できそうだ。

「日本に対する敗者は誰だ?」――。コロンビアはグループリーグ初戦で日本代表に思わぬ敗北を喫した。だが、同国メディア『エル・ティエンポ』は敗れた選手たちではなく、ロシアの地に渡った一部ファンの姿勢を問題視しているようだ。

「ナショナルチームのシャツを着た国民の行動をソーシャルネットワークで見るたび、恥ずかしい気持ちになる」。やり玉に挙げられているのは、スタジアム周辺では禁止されているアルコール飲料の購入法を公開した動画。また、日本人女性を性的に侮辱するような表現も散見されるという。

 記事ではさらに、日本サポーターが試合後にゴミ拾いを行っている姿を指して「それとは対照的なことだ」と指摘。「日本の学校では、学生が国を尊重するために小さな頃から学んでいる」と述べ、「すべての分野で教育レベルを向上させるべき」と公教育の必要性にまで話が及んでいる。

 なお、コロンビアの外務省は試合後、公式ツイッター(@ChancelleryCol)を更新し、「三色のシャツを身につけ、ワールドカップでコロンビアを代表するたくさんの人々が、尊敬されるような良き行動を取ることを歓迎します。そして悪しき振る舞いは拒絶します。そんな人々はわれわれの文化、言語、人種を示す存在ではありません」と節度ある行動を求めている。

ペケルマン、日本戦敗北は想定外と嘆く

「試合は11人対11人のために準備を行う。非常に重要な選手を開始3分で失うのは容易ではない。前半はなんとか耐える事ができ、1ゴールを決め、同点に追いついた。だが、後半に入ると日本は状況に順応し、数的有利を生かしてチャンスを探しながら優位にプレーした。そして、勝利をものにした。」とペケルマンはそのように分析した。

ペケルマンはW杯初戦を勝ち点0で終える事が想定外である事を認めた。「我々は勝利するために来ていた。ポジティブな面はチームが開始3分でPKを決められ、重要な選手が退場処分となった後に反撃を見せた事だ。これができれば、次の2試合に立ち向かい、勝利する事は可能だ。」

フアン・クラドラードを前半に替えた采配についてこのように語った。「日本がまだ1-0でリードしていた時、彼らはボールを保持していた。私は守備陣からではなく、相手陣地で彼らが快適にプレーできないようにしたかった。コロンビアは攻撃力を持っていたが、後方のバランスを失っていた。だからクアドラードを代えた。そして、我々は同点に追いつく事ができた。その時間帯はコロンビアが最も優勢だった時間帯だ。」

ネイマールは再びイメージチェンジを行った。ネイマールがW杯初戦のスイス戦で披露した髪型はSNS内で大きな反響を引き起こし、多くのサッカーファンからの揶揄いの対象となった。現在、ネイマールは既に新たな髪型を輝かせている。彼の母親ナディーネがSNSに投稿した写真からその事実が明らかとなった。

ネイマールは今週月曜日、ロストフで家族や彼の有名な友人達"Toiss"とのひと時を過ごした。そして、その時の食事会で撮影された写真からネイマールが一躍有名となったスパゲッティーヘアとは早くもお別れし、金髪は残しつつも短髪のニュールックとなっている事が確認できる。

オランダ1部ヘーレンフェインMF小林祐希が古巣・磐田の練習に参加。2部練習で約3時間半のフルメニューをこなした。オフの間は「岐阜にこもって体を動かすなどしていた」と極秘トレを敢行していたことを明かした。来季に向け「ヘーレンフェインに残留するかは、まだ分からない」とし、かねてから目標である欧州4大リーグを含めた移籍の可能性も示唆。20日まで練習に参加し、21日にオランダへ出発する予定だ。

アギーレっていつの監督だっけ?

今シーズンの2部優勝に大きく貢献した日本人コンビ、原口元気と宇佐美貴史の残留をめざしていたフォルトゥナ・デュッセルドルフ。しかしながら原口はすでにハノーファーへと移籍することが発表。残る宇佐美残留に向け、シェーファー代表は「アウグスブルクと継続して話し合っていく。彼の獲得に向けて全力を尽くしていくよ」と語ってはいたのだが・・・。

しかしながら大衆紙ビルトが報じたところによれば、アウグスブルクでマネージャーを務めるシュテファン・ロイター氏はその提示にも「デュッセルドルフとの合意点を見いだせなかった」と発言。「だから現時点でいえば、貴史はワールドカップ後の休暇を経て、我々のところに戻ってくることになるだろう」と述べている。

「これにはいろんな側面がその理由となっているんだ」と同氏。確かにアウグスブルクからみれば、来季のデュッセルドルフは1部残留を争う直接の相手でもあるが、ただそういった考えについては否定した。

「我々は常に貴史のクオリティに確信をもっている。確かにここでの最初の時間ではあまりプレーができなかったが、デュッセルドルフの昇格に大きく貢献することは、我々だって期待していたことなんだよ」

そこでロイター氏はまず、宇佐美と「ワールドカップ後に話し合いを行い、これからどう展開していくのかみていくことになるよ」と語っている。確かに宇佐美が現在参加中のワールドカップは、選手やクラブにとっても、世界に向けての絶好のアピールの機会でもあり、それはアウグスブルクにとっても決して例外ではない。

こっからあのインタビューの表情作るんだから本田ってすげえわ

セネガルのアリウ・シセ監督(42)が「かっこいい」とネット上で話題になっている。180センチの高身長で黒のスーツをびしっと着こなし、髪型は個性が光る長いドレッドヘア...人目を引くワイルドな外見は日本の多くのサポーターの注目を集めた。日本の次の対戦相手ということもあり、検索ワードランキングでも「シセ」という言葉がランクインした。

的確な采配でチームを勝利に導いたこともあって、ネット上では「超かっこいい」「セネガルの監督にくぎ付け」「名将感ハンパない」「セネガルのサッカー面白いし、監督がイケメンとか最高かよ」「次のセネガル戦でじっくり拝みます」「ジャック・スパロウみたいだったな」「もしかしてパイレーツオブカリビアンに出てました?「セネガルの監督がタイプすぎる」「監督が監督っぽくなくてギャップ萌え」などと称賛のコメントが相次いだ。

セネガルの新聞記者の男性は「私たちの国の誰もが日本が勝つと予想していなかったので、とても驚いている」と衝撃を受けていました。
そのうえで「コロンビアの選手が早々に退場して10人になり、ペナルティーキックを得る幸運もあったが、それだけでなくいいプレーをしていた。この試合で自信を得たと思うし、次はセネガルにとって難しい試合になると思う」と話していました。

また日本が第3戦で対戦するポーランドのテレビ局で解説をしている男性は「日本は強くないと思われていたが、コロンビアに勝ったということは強いということ。チームは規律正しく、よく組織されていた。大迫選手のゴールがとても大きかった。日本とはお互い2勝して当たりたい」と話していました。

日本は後半28分、CKから大迫のヘディングゴールで再びリードを奪い、そのまま逃げ切った。するとツイッターでは「大迫半端ないって」と怒とうの勢いでつぶやかれた。

 「大迫半端ないって」の元ネタは大迫が鹿児島城西高3年の全国高校サッカー選手権で前人未到の10得点10アシストを決め準優勝。準々決勝では2得点された滝川二高の主将が「大迫、半端ないって!」と号泣したことだった。

 大迫は試合後決勝ゴールについて「本当に夢だったので最高です。まだグループリーグ2試合あるし切り替えたい」と話していた。

ワールドカップを政治に使うなや

決勝点をアシストした本田は、これで3大会連続。英国のデータ分析会社「オプタ」の公式ツイッターによると、アジア人選手がW杯3大会でアシストを決めるのは史上初の快挙。また、最近の日本の8得点のうち6得点にも本田が絡んでいることを紹介している。

日本の勝ち越しシーンについて「本田からグレートなボールがきた。大迫がいいポジションを取った」と評価した。

ツイッターでは「大迫半端ないって」と怒とうの勢いでつぶやかれた。

日本はコロンビアに2―1で勝利し、今大会初戦を白星で飾った。日本の勝利は10年南アフリカ大会のデンマーク戦以来2大会ぶりで、南米からの勝利は初めて

まだ入れます!

まだ入れます!

15日深夜にNHK総合で放送された「ポルトガル×スペイン」(午前2時45分~5・00)の平均視聴率が、この時間帯では驚異的な5・1%を記録したことが19日までに分かった。占拠率も46・0%に及んだ。

非常に胸糞悪いです。

当日券あり! 
 
ついに本日! 
柏DF中谷の名古屋への完全移籍が確実となった。関係者によれば5年契約で、移籍金は2億5000万円。柏の下部組織出身の中谷は14年にトップチームに昇格し、16年にレギュラーに定着してリーグ優秀選手賞も受賞した。ただ今季は開幕戦をベンチで過ごし、4月28日の清水戦から出番を失っていた。1メートル84の長身で空中戦にも強く、最下位に沈む名古屋は守備の切り札として白羽の矢を立てたようだ。 
韓国のシン・テヨン監督は、直近の国際親善試合で選手たちの背番号を変更していたことを明らかにした。「すべてを相手に見せたくなかったし、彼らを混乱させようとしたんだ」と話している。「スウェーデンはウチの選手たちを何人か知っているかもしれない。だが、西洋の人にとって、アジア人を見分けるのは非常に難しいことだ。だから、我々は(背番号の変更を)したんだ」    一方でスウェーデンは、チームのスカウトが韓国の非公開練習を"偵察"していたことが分かった。ヤンネ・アンデション監督は「非公開ということを理解しておらず、遠くから見たようだ」と陳謝している。「どんなときでも相手に敬意を払うのは非常に重要なこと。うちのスカウトが間違った解釈をしたのであれば、遺憾に思う」  だが、"被害者"であるはずのシン・テヨン監督は、「どんな指揮官でも、相手はつねに自分たちをスパイしていると感じるもの」と擁護した。「互いにできるだけ多くの情報を手に入れようとするのは、まったくもって自然なことだと思う」  王者ドイツが17日のメキシコ戦で敗れたことにより、グループリーグ突破をかけた争いがヒートアップしそうなグループF。手に入れた情報を駆使し、大事な初戦を制すのははたしてどちらの国か。 
クロアチア代表FWニコラ・カリニッチは、ロシアワールドカップ初戦での交代出場を拒否したことで、今大会から「追放」されることになると報じられている。クロアチアはグループリーグD組第1節の試合でナイジェリアと対戦し、2-0の勝利で好スタートを切った。だがチーム内に不穏な空気も立ち込めているようだ。  ミランに所属する30歳のカリニッチは、この試合で終了5分前に交代出場を告げられたが、出場を拒否したとされている。クロアチアは86分に最後の交代枠を使ったが、FWマリオ・マンジュキッチに代わって出場したのはカリニッチではなくFWマルコ・ピアツァだった。  ズラトコ・ダリッチ監督はこれを許さず、カリニッチをチームから外すことを18日に最終決断する見通しだという。試合後のインタビューでは、指揮官は「負傷者を出さず終えられたが、ひとつ問題があった」とコメントしていた。  クロアチアサッカー連盟から正式な発表はまだ行われていない。クロアチアは今後21日にアルゼンチン、26日にアイスランドとの対戦を予定している。 
比嘉さん以来の逸材かよ 
ついに明日!お得なチケットは本日まで。 
33節に及ぶFリーグ・ディビジョン1が開幕した。 
そのうえで、玉田社長は「こちらとしては行くことはないだろうという気持ち。自分の立場を分かっていると思うが、本人の気持ちもある」と話して、ガンバとの交渉の行方を見守る考えを示しました。 一方、柿谷選手はファン感謝デーに参加してサポーターとの記念撮影に応じるなどリラックスした表情でイベントを楽しんでいましたが、終了後、ガンバからのオファーについてはなにも話さず、会場を後にしました。 柿谷選手は元日本代表で大阪市出身の28歳。4歳のころからセレッソの下部組織で育ち、現在、チームのエースナンバー、背番号8を背負っています。 セレッソを代表する選手が同じ大阪を本拠地とするガンバに移籍するのか、注目が集まります。 
「ぶっつけ本番に強い人、弱い人がいる。これまでの環境がそういう能力を自然と身につけさせる。僕はたまたまラッキーで、そういうプレッシャーの中で生きることが多かった」。そう自認する男は「それは理詰めではない。そこで結果を出す、出しに行く。自分ならできると、自問自答しながらやっていきたい」と力を込めた。 
玉田稔社長はG大阪からオファーがあったことを認めた上で「ここに来ているということが全てでしょう」と話したが、桜の8番の決断はいかに...。"禁断の移籍"は実現するのか、今後も注目が集まる。 
なぜ最後に余計な一言を付け足してしまうのか 
サッカーワールドカップ(W杯)に臨むイングランド代表選手が、新たな毒殺事件を恐れてロシアの宿泊先ホテルでルームサービスをオーダーすることを禁止されていると、17日付の英紙サンが報じた。  英警察は3月にイングランド南西部ソールズベリーで意識不明で見つかったロシアの元スパイ、スクリパリ氏に神経剤が使用されたと発表。ロシア政府は否定したが、毒殺未遂事件と大きく報道され、当時はイングランド代表がロシアで行われるW杯に出場しない可能性があると報じられていた。  この背景もあり、イングランド代表の選手らはW杯1次リーグ初戦チュニジア戦の前日は、専属シェフにより許可を得たものしか口にすることしかできないという。サンクトペテルブルク北部に位置するフォーレストミックスホテルのキッチン周辺では、厳戒態勢が引かれているという。 
驚くべきは、そのビジネスの根幹である。 「『本田通貨』と言うべき仮想通貨の発行ですね。実は昨今の仮想通貨ブーム以前から、本田は本気で構想を持っていて、『俺はいずれ日本円を超える通貨を発行する』と途方もない野望を語っていましたから」(サッカー関係者)  本田の動きは急加速。より具体的な計画も着々と練られている。 「リアルマネー超えを目指す本田通貨で最初の目標は、ボールやトレーニングウェアなどサッカー関連の商品の購入に使える通貨を、銀行口座も持てない貧困層のいる発展途上国で作ること。現地では廉価で流通させても、話題を呼べば貨幣価値は上昇しますからね。すでに昨年から、サッカー人脈による紹介でカンボジア政府の要人と掛け合い、実現に向けて動いています」(サッカー関係者)  なんとも用意周到ではある。とはいえ現実的に、本田に商才はあるのだろうか。 
クラブの発表によれば、今月23日に予定されているアビスパ福岡戦の東京観戦会「第5回しんけんトリニータ東京の陣」の申込フォーム上で、参加者18名の個人情報が閲覧可能な状態になっていたとのことだ。  今月14日の12時から19時45分にかけて、申込フォームにアクセスすれば18名の個人情報を閲覧できる状態になっていたという。個人情報には氏名・性別・生年月日・携帯番号・メールアドレスが含まれていた。 
大学生のときに阪神甲子園球場でビールの売り子をやっていたことがあり、1日で最高487杯を売ったほどの人気だったそうです。 
「コロンビアは火曜日にめっぽう弱い」と日本に有利なデータを紹介。前回の南米予選は9勝3分4敗だったが、そのうち3敗が火曜日。今回の南米予選も7勝4敗6分の4敗が火曜日に行われた試合だった。19日のコロンビア戦はちょうど火曜日。丸山氏は「勝てちゃうんです!」と語気を強めた。  また、日本代表の戦績については「1勝1敗1分だと思っていたんですけど、親善試合を見たらチーム力が上がっている。ズバリ私は3勝だと思う」と大胆予想。外れた場合は「お尻出します」とぶち上げた。 
マラドーナ氏は自身のフェイスブックで釈明。スペイン語、英語、イタリア語の3カ国語で、「スタジアムを訪れたファンの中で、アルゼンチンのユニフォームを着て私の撮影をしているアジア人の少年に驚いた。アジア人までもが私たちを応援してくれるなんて素晴らしいと、感謝を伝えたかっただけなんだ」と説明している。 
「植毛なのか、増毛なのか、それとも自然と生えたのか。親しい記者も、その件だけは質問できません」(スポーツ紙カメラマン)  疑惑の真相が気になるところだが、こんな証言も。 「西野監督も約3年ぶりに現場復帰したら、頭頂部がフサフサになっていた気が‥‥」(スポーツ紙カメラマン)  周囲はうすうす気づき始めているのである。 
「この度は、様々な形でギラヴァンツ北九州をご支援、ご声援くださっている関係者の皆様に多大なご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。 今シーズン、新監督・新チームでのJ2復帰を目指してスタートいたしましたが、目標から遠く離れた現状にあります。現時点でJ3最下位の17位となり、ホームゲームで未だ勝ち星をあげられていないという状況等を総合的に鑑み、森下監督の解任という決断に至りました。 私たちギラヴァンツ北九州はこの状況を真摯に受け止め、いつもクラブを支えてくださる皆様のご期待にお応えできるよう、前を向いて必死に努力を重ねて、どんなに難しい状況でもJ2昇格の可能性がある限り決して諦めることなく、チーム一丸となって全力を尽くして参る所存です。そのためにはギラヴァンツ北九州を支えてくださる皆様の後押しが必要です。大変勝手ではございますが、引き続き弊クラブへのお力添えを賜りますよう何卒お願い申し上げます。」 
試合には勝ったが、その試合はとてもレベルが低く低調だった。パラグアイはワールドカップに出場しない。選手たちはバカンスに行くよりは試合に出た方が良いという程度だった(笑) 
メッシにしては超走ってるなw 
行って失敗したなら、次は判断を修正することが可能だ。逆に、東口と中村の"行かなかったプレー"は、あまり注目されない。 
大阪産業大とトレーニングマッチ(45分×3本)を行い、合計1-3で敗れた。  1本目は27分にMFガブリエル・シャビエルのゴールで1-0と先行したが、2本目は0-1、3本目は0-2と失点が続き、合計1-3で敗戦を喫した。  名古屋は中断前最後のリーグ戦となった5月20日のJ1第15節柏戦まで13試合未勝利(3分10敗)と苦境に陥り、最下位に沈んでいる。 
FIFAは当日の観客人数を2万7015人と発表。しかし、地元メディアによると、3万2千席以上のチケットが売れていたといい、単純計算でチケットを持つ約5千人がスタジアムを訪れなかったことになる。 
マラドーナはスタンドに居合わせた韓国人のファンが「ディエゴ!」と声援をおくったのに対して、アジア人軽視と取られる吊り目のジェスチャーをやったというのだ。  その瞬間を目撃したオアトリーさんは、「彼は目を横に吊り上げる明らかな人種差別行為をやったのよ。それを見た人たちは私を含めて愕然としたわ」と自身のツイッターを通じて報告している。  アイスランドの堅固な守備に手を焼き、決定打に欠けた後輩たちのパフォーマンスにフラストレーションを溜めていたとはいえ、この行為が事実だとするならば、"神"といえども許されることではない。 
ジョン・カビラ(59)がメッシのPK失敗を強調すると小柳は「カビラさんうるさい!」「カビラさんうるさい!」と連呼。カビラは「真実を述べているだけです」と返した。  さらに小柳は「帰っていいですか」「私のW杯終わった」と落胆している様子。PK失敗についても「読まれていた。ボールも弱かった」と意気消沈していた。 
岡崎慎司(32)=レスター=が16日、負傷のため大会登録の23人から外れることが濃厚になった。右ふくらはぎを負傷し、大会期間中には完治しないと判断されたもようで、3大会連続出場は絶望的。冒頭15分のみ公開となった16日の練習もただ1人、グラウンドには現れず。代わりにはバックアップメンバーとして帯同しているFW浅野拓磨(23)=ハノーバー=が登録されることになりそうだ。 
ルミ子www 
「サッカー見てると、ひっくり返ったやつがわざとらしく痛がって、全然ペナルティーをとられないと普通に立ち上がって走ってるから」と選手の中にはフリーキックを狙ってわざと転ぶ者がいると指摘。  「泣き叫んでたのに。インチキの固まりみたい。何回もやると反則なんでしょ」と話していた。 
ルーリク・ギースラソン(Rúrik Gíslason) 1988年2月25生まれ (30歳) ポジション:アタッカー 所属:サントハウゼン(ドイツ2部) 身長:184cm 背番号:19番 
 そもそも、日本代表の不人気は今に始まったことではない。アジア予選の段階で注目度は低かった。  テレビの平均視聴率は、4年前のブラジルW杯予選から約10ポイント下落して20%を切り、94年米国W杯以降の7大会で最も低調な数字となった。  パラグアイ戦の前、メディア関係者に「過去5大会に比べて日本国内の盛り上がりが低い。どう考えていますか?」と聞かれた西野監督が、珍しく気色ばみながら「盛り上がっていないのですか? 今初めて残念な報告を聞きました」と答える一幕もあった。  お祭り騒ぎが大好きな日本のスポーツマスコミでさえ、危機感を覚えているのである。 
「開幕戦もそうでしたが、どの会場も芝の状態が明らかによくない」  会場の芝は国際サッカー連盟(FIFA)が管理しているが、芝が長いとボールが走らず、パススピードが攻撃の軸となる日本にとっては不利。そこで非公開練習でも「セットプレー」に重点を置いたもようだ。  それも「(コロンビア相手に)まともにぶつかっても攻撃できない可能性がある。しっかり変化をつけて取り組んだ」そうで、サインやトリックを含むセットプレーで、強敵をあわてさせるプランを練っている。 
買ってみた 
むしろちゃんとコメント読もうとしてたのか...  
会場の雰囲気がわかる動画を追加! 

イランのサポーターが女性の観戦禁止に抗議

横断幕には「イランの女性がスタジアムに入れるよう支援を」などと記されていた。イランの女性は1979年のイラン革命以降、サッカーなど男性スポーツ大会への入場が一部の例外を除いて禁止されてきた。   
最悪の場合はサポートメンバーの浅野と入れ替える可能性もゼロではない。 
コラかと思うレベルw 
ネット住民をざわつかせた噂のイケメン。モロッコ代表のエルヴェ・ルナール監督(49)その人である。  トレードマークは清潔感あふれる白シャツ。日焼けした肌がひときわ映えるのは、レフ板効果もあるかも。しかもこの日はアンクル丈のパンツで、素足(またはごく浅い靴下)にシューズ。スタイリッシュすぎる...。  1968年、フランスのエクスレバン生まれ。98年W杯フランス大会で、日本代表がベースキャンプを張ったリゾート地なので、ピンとくる人もいるだろう。  現役時代のポジションはDF。カンヌなどで30歳までプレー。SCドラギニャンという下位クラブで指導者としてのキャリアをスタートさせ、ベトナムのクラブなどを渡り歩いた、見かけによらぬ苦労人である。  08年にザンビア代表監督に就任。以後、アンゴラ、ザンビアなどアフリカの代表チームで実績を積み、14年W杯ブラジル大会で日本を破った(2○1)コートジボワール代表監督に、同大会後に就任。ハリルホジッチ前日本代表監督が率いていたリールの監督だったこともある。  試合はあまりに悲劇的な結末を迎えた。試合を通じて攻め込みながらゴールを奪えず、後半ロスタイムにオウンゴールで敗れた。残る2戦の相手はポルトガルとスペイン。あまりに厳しいが、今大会でルナール監督の笑顔が見られることを祈りたい。 
サッカーのポルトガル代表で、スペイン1部リーグで活躍するクリスチアーノ・ロナウド選手が脱税をしたとして訴追された事件で、スペインの有力紙は、ロナウド選手が、日本円で24億円余りの罰金を支払うことで税務当局と同意したと伝えています。 クリスチアーノ・ロナウド選手は、肖像権による所得をスペインの税務当局に過少申告し、2011年から2014年にかけて1470万ユーロ(日本円でおよそ19億円)を脱税したとして去年6月、スペインの検察当局に訴追されました。 この事件をめぐって、ロナウド選手はこれまで関与を全面的に否定していましたが、裁判で有罪が確定した場合、収監される可能性もあったことから、その行方が注目されていました。 こうした中、スペインの有力紙、エルムンドは、ロナウド選手がスペインの税務当局が求めていた1880万ユーロ(日本円で24億円余り)の罰金を支払うことで同意したと15日、伝えました。 
イケメンという軽さでは表せないセクシー 
日本時間15日深夜0時。午前3時からのポルトガル―スペイン戦に備えて仮眠していた人も多かったと思われるモロッコ―イラン戦で、ネット住民をざわつかせた噂のイケメン。モロッコ代表のエルヴェ・ルナール監督(49)その人である。 トレードマークは清潔感あふれる白シャツ。日焼けした肌がひときわ映えるのは、レフ板効果もあるかも。しかもこの日はアンクル丈のパンツで、素足(またはごく浅い靴下)にシューズ。スタイリッシュすぎる...。 
そりゃサウジアラビア王子とプーチンが一緒に観戦してる試合であれだからな 多分王子からしたらあれほどの屈辱を味わったのは人生で初めてでは 

大島が腰痛め途中離脱

腰を痛めたMF大島僚太が練習を途中で切り上げた。冒頭のランニングには参加したが、本田らパラグアイ戦の控え組が本格的なメニューを始めたところで離脱した。大島は「(患部は)よくはなっているが、自然とかばって、ほかのところにも影響がでてくる。気をつけながらやります」と慎重に調整を続ける方針。またFW岡崎慎司は両ふくらはぎ、DF昌子源は右太ももに張りを訴え、室内で調整した。 
企画したのは、ちょんまげ姿がトレードマークの千葉県柏市、靴店経営角田寛和さん(55)。1993年の「ドーハの悲劇」を見てサポーターになり、北京五輪で見たバイキング姿の外国人に触発され青い甲冑(かっちゅう)を作った。「ちょんまげ隊長」として日本代表を応援しつつ、被災地にも足を運んできた。  震災のボランティア活動は当初、「1回ぐらいの偽善」のつもりだった。店の倉庫から600足の靴を持ち出し、宮城県の塩釜、名取、岩沼市を回った。娘と同じ年頃の子が体育館の床に寝ている姿を見て、ちょんまげ姿を披露したところ、子どもたちが笑顔で集まった。帰り際の悲しそうな表情に思わず「また来るよ」。東北は100回、熊本地震の被災地は20回行った。  最初は無力感から食事もろくに取れなかった。そんな中、誘われて観戦したJリーグ・ベガルタ仙台の試合に仰天した。「満員、黄色一色で『レッツゴー』って叫んでいた。スタジアムの一人ひとりに悲しみがあるけど、応援する姿を見てサッカーはすごいと思った」  4年前のブラジルW杯には宮城県・牡鹿半島の中学生4人を連れて行った。ベガルタサポーターから「支援が届いていない」と聞いたことがきっかけだ。「そんな金があるなら他に使え」との批判もあったが、「スタジアムには感動が落ちている」と決意。有志で300万円の寄付を集めた。  ロシアW杯では福島第1原発の30キロ圏にある南相馬市原町区の中学生3人が、19日の初戦コロンビア戦を観戦する。現地の子どもと交流し福島の現状を説明するほか、宮城、福島、熊本各県の子どもたちが手作りした「感謝」の鉢巻き1000本をスタジアムで配る。  参加する原町第一中の青田琉園さん(14)は「海外から支援物資などを頂いたことがとても多かった。感謝の気持ちを伝えたい」と話している。  
何がそんなにスゴイのか? 実際に利用すれば、秒速でわかる。例えば、同日行われた初戦ロシア対サウジアラビアの録画映像を見ると、そのすごさは一目瞭然だ。 試合全編、3時間の映像もあるのだが、それについては後ほど紹介する。ゴールシーンのハイライト映像には、「別カメラ」という項目が設けられている。 これをタップすると、同じシーンを異なる視点で見ることができるのだ。 すげえ! 手元でアングルをスイッチングして、ゴールシーンをさまざまな角度から見ることができるじゃないか!! ハンパねえええッ!!  
TAIKINGは元サッカー日本代表を父に持つが、幼稚園以降、サッカーとほぼ無縁だった。「僕はサッカーが分からなくて、ゲームを通じてこれがオフサイドなのね、と知るぐらい」。名古屋公演の際、今は岐阜県内でタンメン店を営む父親の元を訪れ、酒を酌み交わす。「父はやりたいことで人生を貫いてきたタイプの人間。そういう意味では似たなと思います」。  哲也さんはNHKサッカーテーマ曲決定に「おめでとう」と祝福してくれたという。「(サッカーと)縁みたいなものがあるんですかね。父にも恩返しできたかなと思います」と、感慨深げな表情を見せた。 
31歳で引退後、仙台市内でメロンパンの移動販売に転身するとこれが大当たり。1日2400個を売り上げ、2年後には20店舗に拡大。順風満帆に思えた。 「でも2009年、パンの生地を変えて売り上げが落ちたってことでフランチャイズのオーナーたちから裁判を起こされて廃業。まあ色々勉強になりました。それからは講演活動をしながら、ダイエットを兼ねて新聞配達やったり、知り合いの焼き鳥屋を手伝ったりもしましたね。焼き鳥に塩を振るの、上手いですよ」  山田は、この春から西新宿にあるアイリッシュパブ「Peter Cole本店」のグランドマネージャーをしている。 「日本戦はパブリックビューイングをやるので、ぜひお店でみんなで応援しましょう」 
釜本は続けて、〈攻撃にブレーキをかける大きな要因のひとつになっていたのが、トップ下での本田のプレイだったと思うよ。スイス戦のような出来なら、これはもう他の人選を考えてもいい。日本の攻撃がアタッキングゾーンに入って行けなかったのは、トップ下に位置する本田がボールを受けてタメを作れなかったからに他ならない〉と主張し、その後も詳細に本田のプレーへの不満を書き連ねた。 「日本サッカー協会顧問による代表選手への鋭利な物言いとあって、サッカーファンもすかさず、《今更本田への愚痴を言うのはズルい。この状況を全部本田のせいにする気か》《我々ファンはもう何年も前からそれ言い続けてるんですが。。》《今さら本田のせいかよ!》《正論だとは思うが、それならなぜ本田を選んだ?》との反応で返し、《そもそもの問題はハリルを解任したから》との指摘も相次ぎました。ネット上では本田のプレイ内容も決して良くはなかったものの、彼一人でどうこうなる問題ではないのでは、といった意見が多くを占めていますね。釜本が協会の幹部である以上、自身が糾弾する本田をメンバーに選出したことへの任命責任を問う声まで出る始末です」(スポーツライター)  最後に釜本は、〈もちろん、これは本田だけの問題じゃない〉との前提を固めたうえで、〈全員で(攻撃面での意識を)共有しなければ、今後も本田がトップ下で輝くことはないと思うよ〉〈そもそもトップ下はもっと運動量のある選手が務めるべき〉などと主張を展開。やはり釜本邦茂が描く代表チームの理想像には、本田の働きがマッチしていないようだ。 
【調査概要】 調査時期:2018年6月4日(月)~6月11日(月) 調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女) 調査地域:全国 調査方法:インターネット調査 調査機関:オリコン・モニターリサーチ 
手越は14日(日本時間15日)開幕のサッカーW杯ロシア大会で、日本テレビのメインキャスターを務めており、このタイミングで謹慎などさせられない。しかも同番組のテーマソングはNEWSの新曲「BLUE」(27日発売)だ。「もういまさら代えられないし、よほどのことがなければこのままいくと思います」と日テレ関係者。 
レアル・マドリーはジュレン・ロペテギ監督の就任会見を開いた。レアル・マドリーは先日、ジネディーヌ・ジダンの後任として来シーズンからロペテギ監督が指揮を執ることを発表。しかし、ロペテギは5月にスペイン代表との契約を2020年まで延長したばかりだったため、大きな物議を醸した。さらにその直後、スペインサッカー連盟のルイス・マヌエル・ルビアレス会長は「我々が知ったのは発表の5分前だった」と怒りを示し、解任を発表。ロシア・ワールドカップ開幕前日のことだった。なお、後任にはフェルナンド・イエロが就任している。 解任を言い渡され、失意のうちにスペインへと戻ったロペテギだが、選手時代はレアル・マドリーのBチームとトップチームに在籍。現役引退後にも、同クラブで選手のスカウティングや下部組織の監督などを務めていただけに、就任会見では喜びを露わにしている。 この就任会見ではまずロペテギ監督の現役時代などの映像が流され、その後にフロレンティーノ・ペレス会長がスピーチ。そうして登壇したロペテギ監督は、途中で感動で声を震わせながら、言葉を紡ぐ。 「あまり感動をしないように気をつけたい。実際、感動するための日にほかならないんだ。言いたいことを言わせてもらうよ。私を信頼で包んでくれて、ありがとう会長、ありがとうレアル・マドリー。誇りと強い気持ちでもって、この責任を引き受ける」 「最大限の要求を課すクラブにやって来たことは分かっているよ。やるべき仕事はたくさんある。だが、私はこの大きなサイズの挑戦に臨めると感じているんだ。マドリーが持つ力強さとエネルギーは、クラブに加わった瞬間からかみしめている。それらをクラブが成長し続けるため、大切な財産である選手たちを管理していくために使っていけるのだと確信している。私たちはすべてを勝ち取ることを求めている」 「昨日はおそらく、私の母が亡くなって以降の人生において、最も悲しい日だった。だが、今日は人生の最高の日だ。もう一度、全員に対する感謝を繰り返したい。私はマドリー家族の一員だ。本当にありがとう。私は皆の求めることに応じて行く覚悟だ」 ロペテギ監督はこのスピーチの後に、記者たちの質問に応じたが、やはりスペイン代表監督を解任されたことについての質問が集中。新レアル・マドリー監督は、ルビアレス会長から解任されるに至った経緯について、次のように述べている。 「手短に話させてもらう。そこにあったのは真実と忠実だ。それを知っておくべきだったのは、彼(ルビアレス会長)であるはずだ。スペイン代表でも、私は祝福されていたんだよ。(マドリー監督就任が発表された日に)会見を行うはずだったが、ルビアレスが不在で、彼から待ってくれと言われた。ワールドカップ初戦からできるだけ離れた日に行うことを望んでいたものの、もちろん彼は会見にいるべきだった。私は(レアル・マドリーと)ワールドカップ前に合意したかったし、開幕以降になることは望んでいなかった」 「そして次の日、あのようなことが起こった。その期間に一体何があったのか、自分には分からない。私は誠実かつ透明性を確保し、何かを隠すことを望んでいなかった。それは悪どいことであり、望まなかったんだ。私の選手たちは(レアル・マドリー監督就任を)知っていたし、それを快く受け入れてくれた。彼らは本当に素晴らしいグループで、受難を乗り越えてくれたんだよ。代表監督としての4年間で、4人がRFEFの会長を務めたが、私たちは力強くあった。その力強さによって、彼らは世界王者になれる」 レアル・マドリーのロペテギ監督就任発表のタイミングが適切ではなかったとの意見もあるが、ロペテギ監督は「透明性」を確保するためだったことを強調する。 「代表監督が一クラブの次期監督になるというのは、多くの前例があることだ。私たちは透明性の確保に努めたんだよ。レアル・マドリーでも代表チームでも祝福のムードはあった。その後に起こったことについては、自分には分かりかねる。私は自分が抱える責任に忠実でありたい。それはレアル・マドリーで学んだことだ。スペイン代表については、スペイン人の一人として応援していきたい」 また、今回の解任劇が「屈辱的」なことであったかとの問いには、こう返した。 「屈辱的ではない。屈辱は誰かがそれを味わわせようとしているかに依存することではない。そうではなく、自分がどう受け入れるかだ。馬鹿げたこと含め、興味深い物言いもされていたが、私は誠実であろうとしたんだよ。私たちはプロフェッショナルで、誠実で、はっきりしていた。選手たちは私のニュースを聞いた後、この一週間で最も素晴らしい形で練習に取り組んだ。問題など何もなかった」 ロペテギ監督は、スペイン代表の選手たちとの間に亀裂がなかったことを主張している。 「しかし、じつにシュールな日だった。その中でもすばらしかったのは、選手たちが示してくれた経緯と愛情だ。それはプレゼントされるものではなく、私たちコーチ陣が勝ち取ったものだ」 ルビアレス会長は「ジュレンには違った形で物事を進めてほしかった」と発言していたが、そのことについて意見を求められたロペテギ監督は「ルビアレスには違った形で物事を進めてほしかった」と返答。また契約内容に対する不満からレアル・マドリー退団が噂されるFWクリスティアーノ・ロナウドについては、残留することを願った。 「彼は常に私のそばにいてほしい選手だ。世界最高の選手はレアル・マドリーにいる。そのことに疑いの余地はない」 この会見では、ロペテギ監督及びクラブの関係者が大勢出席していたが、ロペテギ監督が今回の解任劇に対して、自身の振る舞いの正当性を主張する度に大きな拍手が起こっていた。 
『ESPN』は「エジプト代表監督のエクトル・クーペル氏は、ムハンマド・サラーが開幕戦に出ることを明言した」と報じた。先月末に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝でセルヒオ・ラモスと接触し、肩の靭帯を痛めてしまったムハンマド・サラー。治療にはおよそ3週間が必要だと診断されており、ワールドカップ初戦となるウルグアイとの試合には出られないと考えられていた。 しかし先日行われたワールドカッププレイベントに出席したサラーは、今の状況はとてもいいと発言。そして今回クーペル監督も以下のように話し、サラーに自信を感じさせようとしていると語った。 エクトル・クーペル「私は、サラーがプレーできるとほぼ100%言えるよ。我々は、彼が自信を感じられるようにしている。医師は彼に選択肢を与えている。プレーするのかどうか。サラーのことはよく知っている。彼は恐れない男だし、試合にはリスクが付き物だということもわかっている。それは隠せはしないものだ。プレーすることを決めるならば、体調に対して完全な保証が得られたときだ。そして、私は彼が元気であることを確信しているよ。最終的に何か問題があっても、それを解決させられるかどうかを見ていくさ」 
アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリエーズマンは来季もクラブにとどまることを明言した。バルセロナへの移籍が噂されていたが、ロシアW杯初戦を前にファンを安心させる形となった。 「僕のファン、僕のチーム、そして僕のホームだ!!!」。公式ツイッター(@AntoGriezmann)への投稿には45秒ほどの動画を添付。A・マドリーの本拠地であるワンダ・メトロポリターノの前でたたずむグリエーズマンが映し出されると、ラストは『決断』の文字で締めくくられている。  スペインメディア『アス』は「新契約により、この惑星で最も給料の高い選手の一人になるだろう」と指摘。バルセロナも高額な移籍金を準備していたが、A・マドリーが引き留めるにふさわしい条件を提示したことを報じた。 
マルチアングルカメラ機能がとんでもないクオリティ!ピッチを俯瞰の縦視点で見られる戦術カメラを始め、ワイヤーカメラ、4分割カメラと至れり尽くせり。テキスト実況から見たいシーンへ即飛ぶこともできる。しかも民放で放送する試合も含めた全64試合の見逃し視聴が可能。サッカーファンは絶対に入れておくべき! ・NHKの地上波で生中継する32試合をライブ配信!全64試合の見逃し視聴も可能 ・ゴールなどの重要なシーンを様々な角度からのカメラで楽しめます ・全試合のハイライト、きょうのベストゴール集などハイライト動画も盛り沢山 ・得点王は誰?トップスピードランキングは?ありとあらゆるデータが充実 ・全選手のプロフィールがわかる ・開催都市、スタジアムの情報も満載 
海野会長はこれまで5度に渡り韓国各地での講演やシンポジウムに参加、市民クラブとしての取り組みを紹介した他、安山市に初めて市民クラブ(安山グリナーズ)のスタートに尽力、Kリーグにそれまでなかった地域貢献活動の意識を植え付けたことが評価された。  今回ヴァンフォーレ甲府U―18の韓国遠征中に韓雄洙事務総長から楯が手渡された。なお、Kリーグの各チーム関係者33人が16日に来日してリーグ戦の甲府―山形戦(中銀スタ)や、翌17日に行われる山梨県サッカー協会主催の「キッズフェスティバルinきょうとう」などを視察し、地域貢献活動を学ぶ予定となっている。 
4年に一度は渋谷で応援。 
ところが「ナイキ」は13日までに声明を発表し、「制裁措置によりアメリカ企業であるナイキは、イラン代表チームにスパイクの提供ができない」として自社のスパイクを使わないよう求めました。 アメリカのトランプ政権が先月、イランに対して制裁の再開を表明するなど、圧力を強化していることが背景にあるものとみられます。 これに対し、イラン代表チームのケイロス監督は「選手たちは慣れ親しんだスパイクを使用しており、重要な試合の前に変更を求めるのはおかしい」とコメントし、「ナイキ」に声明の撤回と謝罪を求めるなど猛反発しています。 
過去に例のないPK戦のやり直しとなった天皇杯2回戦。現時点では日時などが未定となっているが、選手たちは戸惑いながらも、落ち着いて練習に取り組んでいる。  ゴールマウスを守っていたGKランゲラックは「PK戦のやり直しはもちろん初めて。どうやってメンタルを作ればいいか分からないけど、チャンスは生かしたい」と語る。そもそもPK戦には自信をもっているそうだが、奈良C戦はデータがなく難しかったと言う。ABBA方式についても「混乱はするけど、やるしかないよね」と、自然体で受け入れる。  5人目のキッカーを努めたFW佐藤寿人は、「PK戦だけというのは変な感じ」と当惑しつつも、「僕らは決められる中でやるだけ」と特段に意識はしていない。それよりも「こうした違反があれば、今後は蹴り直しができないことが分かった」と前向きに捉え、この騒動からも学ぶべきことがあったと言う。キックフェイントがPK失敗となるルールは昨年導入されたもの。名古屋では十分に周知されていなかったのは事実というほかないが、選手たちは90分間で勝てなかったことのほうを問題視しつつ、練習では後半戦の巻き返しに向けてチーム力を高めることを優先している。  もしPK戦で勝利し、3回戦に進むことができれば、リーグ戦(7月22日に行われるJ1第17節・広島戦)の前哨戦として広島と戦えることになる。奈良Cには申し訳ないが、降ってわいた"セカンドチャンス"を生かしたいという気持ちはもちろん強い。 
「私なら本田は使わない」ときっぱり。「もっと献身的に動ける選手。日本は個では劣るので、組織力で対抗するしかないので、とにかく動ける選手が必要」。 
アスルキッチン(場所:コンコース)の『武井牧場』にて、親子で来店されたお父さんはなんと!!アイスキャンディー(牛乳味)が無料になります。 
映像を配布した徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授は映像を世界の主要メディア300カ所のツイッターアカウントに送り、世界各国の韓国人留学生と在外同胞3-4世と共にSNSで広めている。 
診断名 右足関節前方インピンジメント症候群、滑膜炎 トレーニング合流まで 6週間程度 
軍歌騒動は想定外だったろうが、少なくとも、センスある中吊りは1次リーグ敗退が濃厚な西野ジャパンより練られた戦略なのは間違いない。 
田舎のおじいちゃん達が何も考えず勝手に使ってる感ある 
唯一の例外であるGKスクラムは、デンマークとのハーフだ。  この"謎"について駐日アイスランド大使館に問い合わせると、「確かに『ソン』の付く名字の方は多いですが、割合はわかりません。また『ドッティル』という方もたくさんいます」と回答した。  背景には、アイスランド独特の命名の習慣がある。アイスランド人の男性の多くは、父のファーストネームに息子を意味する「ソン」を付けて、ラストネームにする。前述したチームの司令塔は、ラストネームがシグルドソン、父のファーストネームが「シグルド」というわけ。これによって、登録メンバーのほとんどが末尾に「ソン」が付くのだ。  ちなみに女性の場合は、娘を意味する「ドッティル」を付けるそうで、大使館が「ドッティルという方も多い」と回答していたのにも納得がいく。2018年3月に行われたサッカー女子のアルガルベ杯のメンバーは、確かに「ドッティル」だらけだった。 
番組終盤、小倉智昭キャスター(71)が「今日からロシアW杯が始まります。サッカー好きの方は、1か月眠れない夜が続きますね」というと同局・山崎夕貴アナウンサー(30)が、以前から「サッカーには興味ない」と宣言していた古市氏へ、「見ましょうね」と呼び掛けた。  これに古市氏が「僕は見ないですけどね」と返答すると、小倉キャスターは「嫌なやつだねぇ」とあきれていた。 
ロペテギの代理人は、ジョルジュ・メンデスだ。彼が設立したエージェント会社「Gestifute」とロペテギの双方の関係者によれば、クリスチアーノ・ロナウドやジョゼ・モウリーニョらを顧客に持つ業界きっての敏腕代理人は、1年以上前から、ロペテギに対してマドリーの監督就任の話を持ちかけていた。  ロペテギが「自分にそんな資格はない」と頑なに否定しても、メンデスは自分に任せておけば大丈夫と言わんばかりに、「これまでだって、自国の1部リーグで監督を務めたことがないにもかかわらず、ポルトガルの名門クラブ(ポルト)の監督に就任できただろ? チャンピオンズ・リーグで采配を振るえただろ?」と、不可能を可能にしてきたみずからの代理人としての圧倒的な実績を盾に、何度も諭したという。    言うなれば今回は、そのメンデスの悲願が見事に達成されたわけだ。ロペテギは先週日曜日(6月10日)、この大物代理人の尽力によって、これから数週間スペイン代表の仕事と並行してこなしていくべき任務(マドリーの監督職)が用意されたことを知るに至った。  その時点ではまだ、限られた関係者のみが知りうるトップシークレットだった。だが、その2日後、マドリーの公式発表により白日の下に晒された。そして、さらにその約1時間後、スペイン・サッカー連盟のルイス・ルビアレス会長も事実関係を認める公式文書を発表した。 「すぐに解任すべきだ!」  連盟内部には、ワールドカップに専念すべきタイミングでみずからの利益を優先した今回の指揮官の行為を「裏切り」と見なす意見が相次ぎ、強硬派の中からは解任論を訴える者も出た。代表チームのSDを務めるフェルナンド・イエロを内部昇格させる具体案まで議題に上ったほどで、実際、それらのアイデアはのちに実行に移されている。  その後、SDのイエロや選手たちは、12日午後の練習前にロペテギ本人から報告を受けた。完全な事後報告であり、その直前の出来事であろうイエロがロペテギを叱責する映像は、『TELECINCO』(スペインの民放TV局)のニュースでも流された。 
名古屋FWジョーは移籍を望んでいるが、クラブが期限付き移籍のオファーを固辞したという。ブラジルメディア『MEU TIMAO』が報じている。  記事によると、古巣のコリンチャンスのファビオ・カリーリ前監督が指揮官を務めているサウジアラビアのアル・ワフダが獲得に動いていた。だが、年300万ドル(約3億3000万円)のローン移籍オファーを名古屋が断り、移籍の可能性はなくなったという。  ジョーはブラジルへの帰国を模索しているといい、来年1月に再び動き始める予定。一方、コリンチャンスは新たなストライカーを獲得しようとしているようだ。  ジョーは2018年、コリンチャンスから名古屋に加入。17年にはブラジル全国選手権で得点王、ベストイレブン、最優秀選手の個人3冠を獲得していたが、今季は15試合で6得点にとどまっている。 
「とても素晴らしい、夢中になれる挑戦だ。現状については理解している。ジュレンの仕事はファンタスティックなものだし、自分たちがどんな選手たちを擁しているかも分かっている。勇気をもってこの挑戦に立ち向かうよ。挑戦すると言う以外にも、ノーやここから去ると言うこともできた。しかし、私はノーとは言わない。そうすれば、自分自身を許せなかったろう」 「ここまでの2年間の仕事に手を加えることはできない。スタッフの大部分は、今も私たちとともにいる。私たちは賢くなくては。私は日々チームとともにいたし、選手たちにはこれまでと同じ選手たちであり続けることを頼みたい」 「カギは、できる限り手を加えないことにある。私のチームに対しては、良質なパフォーマンスを披露すること、ボールを保持すること、3~4ゴールを決めること......そして競争的であることを望みたい」 前日には、ロペテギと激しい口論をする様子がカメラに収められていたイエロ。しかし、前監督のことは振り返らないと話した。 「過去を考えることは過ちとなる。私は落ち着いているよ。私たちはポジティブで、勇敢でなくてはならない......。現実に立ち向かえるかどうかという話なんだ。私たちは友人として会話を交わした。話をして、別れを告げたんだ」 ポルトガルと対戦した後、スペイン代表は20日にイラン、25日にモロッコと激突する。緊急事態の中、"ラ・ロハ"は2010年以来の優勝を果たせるだろうか。 
電撃解任の原因は、ロペテギ監督が12日にスペイン1部の名門レアル・マドリードの新監督に来季から3年契約で就任することが発表されたことだった。  先月、スペイン協会はロペテギ監督との契約を20年まで延長したばかり。13日にベースキャンプ地のクラスノダールで会見した同協会ルビアレス会長は「我々が(Rマドリードとの)契約について知らされたのは、発表の5分前。協会の契約下にあるにもかかわらず、我々には何の連絡もなかった。このような行動は許されない」と協会に無許可でRマドリードと交渉し、契約を結んだことを解任理由に挙げた。  ロペテギ監督は、指導者転向後の08~09年に古巣RマドリードのBチームを指揮。その後、世代別のスペイン代表を率いて実績を残し、17年6月に名将デルボスケ前監督の後任としてフル代表の指揮官に就任した。教え子のMFイスコら若手を抜てきして世代交代に成功し、W杯ロシア大会の欧州予選を無敗で突破。就任から通算20戦無敗の好成績を残し、本大会も優勝候補に挙がっていた。  後任は元同国代表DFで代表の強化責任者を務めるフェルナンド・イエロ氏(50=写真、共同)に決定。監督経験が16~17年オビエドでの1年のみという新指揮官が、わずか2日後の1次リーグ初戦(15日)で強豪ポルトガルを相手に初采配を振ることになる。  <高まるレアル批判>スペインの地元各紙は13日、電子版の速報で監督交代劇を大々的に報道。更迭の原因をつくったRマドリードに対する批判は高まっており、スポルト紙は「Rマドリードの代表へのミサイル(攻撃)」、ムンド・デポルティーボ紙は「ロペテギ爆弾」と伝えた。マルカ紙によると、Rマドリードが同協会に支払うロペテギ監督の契約解除に伴う違約金は200万ユーロ(約2億6000万円)だという。  ○...代表主将のDFセルヒオラモス(32=レアル・マドリード)が13日、ツイッターなど自身のSNSを更新した。代表ユニホームのスペイン協会エンブレムの写真とともに「我々は代表チーム。国を代表し、国民に対する責任と義務がある。昨日も、今日も、明日もともに。バモス エスパーニャ(行こうぜスペイン)」と投稿。監督交代という大激震を乗り越え、後任のイエロ新監督の下で全力を尽くす覚悟を示した。  ○...94年米国大会以降、W杯開催年に出場チームの監督が交代したケースは13例目。今大会ではオーストラリア、日本に次いで3例目となった。14年ブラジル大会までの10例のうち9例が1次リーグで敗退しており、決勝トーナメントに進出したのは出場枠が24だった94年米国大会のサウジアラビア(ソラリ監督)だけ。98年フランス大会のイランは開幕1カ月前に監督を交代したが、開幕前日の解任はまさに異例だ。 
パラグアイ戦では、ハーフタイムに監督から「イージーなシュートミスが多い。スパイクに何か入ってないか。親指の辺りを調べてみろ」と珍指令。スパイクを靴底の凹凸が浅い固定式に替えて、結果を出した。  「(前半のスパイクは)記念で取っておいているけど、もう使う気はないです」と笑う乾。本番でも"縁起のいい"スパイクで、指揮官の期待に応える。 
4月7日付で日本代表を電撃解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏が、日本サッカー協会の田嶋幸三会長と同協会を相手に、名誉回復のための謝罪広告と慰謝料1円を求めた訴訟について、東京地裁は第1回の口頭弁論期日を7月27日の午前11時に指定した。  社会的関心の高さから、東京地裁では最も広く約100人が傍聴可能な103号法廷で行われる。代理人の金塚彩乃弁護士によると、ハリル氏は来日を検討しており、出廷の可能性がある。 
ロシアでもはしかは猛威を振るっており、今年に入ってからの感染報告は800件を超えた。まだ患者が死亡した例はないとしながらも、バトラー氏は「ロシア国内で感染が広がっているのは確実だ」「健康状態のチェックやワクチン接種を行っていない人には誰でもリスクがある」と警鐘を鳴らす。 最近はしかの大流行が起こったドイツやブラジルなどからも多くのサポーターが訪れるとみられることから「出発前に個々人が健康状態を確かめることが極めて重要になる」という。 
▽NHK BS1(生放送) 関西学院大 19:00 東京V [味フィ西] ▽スカパー(生放送) 川崎F 19:00 水戸 [Ksスタ] FC東京 19:00 新潟 [デンカS] 横浜FM 19:00 横浜FC [ニッパツ] 鹿島 18:30 町田 [町田] 広島 19:00 名古屋or奈良クラブ [Eスタ] 浦和 19:00 松本 [松本] 
スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、ロシア・ワールドカップを最後に代表を引退する可能性が高いことを認めつつ、プレー続行の可能性も完全には否定していない。スペイン『カデナ・コペ』がインタビューを伝えた。  イニエスタは2006年にスペイン代表にデビューし、2010年ワールドカップ優勝や2度のEURO制覇などに貢献。現時点で同国歴代4位の127試合に出場している。  34歳で迎える今回のワールドカップが最後の戦いになる可能性は高い。「100%扉を閉ざしたわけではないが、そうなりそうだ」とイニエスタはコメント。だが「ワールドカップがどうなるか、どう感じるか次第だ」と続けている。 「人生では全てが変わっていく。将来的に代表監督がどう望むか次第だ。ワールドカップ後には全てが変わるだろう。どうなるか見てみよう」と、状況によっては代表でのプレーを続ける可能性も示唆している。  スペイン代表を率いていたフレン・ロペテギ監督は12日に来季からのレアル・マドリー監督就任を発表したあと、13日には代表監督からの電撃解任が発表された。今後の代表監督の意向次第では、イニエスタがまだ代表でプレーし続けることもあり得るのかもしれない。 
スペインサッカー連盟(REFE)は現地時間13日にフレン・ロペテギ監督を電撃解任。後任監督には技術委員長であるフェルナンド・イエロ氏の就任を発表した。REFEは、12日にレアル・マドリードの新指揮官就任が発表されたロペテギ監督に大きな不快感を持った。そして、ルイス・マヌエル・ルビアレス・ベハル会長は13日に記者会見を開き、W杯開幕前日というタイミングでロペテギ監督を解任したことを明かした。  その時点では後任監督は発表されていなかったが、それから約2時間後にイエロ氏の就任が発表された。イエロ氏は現役時代にレアルの主将を務めていた。  スペインでは、後任は技術委員長のイエロ氏かU-21代表チームのアルベルト・セラーデス監督と予想され、セラーデス氏を予想するメディアも多かった。しかし、結局はイエロ氏の就任となった。  今年4月にバヒド・ハリルホジッチ監督を解任した日本代表に置き換えれば、立場的には西野朗技術委員長が後任監督に就任したのと同じパターンになる。  スペイン代表の初戦は15日で、グループBの最大のライバルであり隣国ポルトガルとの"イベリア半島ダービー"でW杯の戦いをスタートする。世界中に衝撃を与えた大混乱から、優勝候補スペインは順調な大会の入りを見せることができるのだろうか。 
ロペテギ氏はレアル・マドリーの新監督への就任を発表したばかりだが、その交渉が連盟に何の連絡もなしに行われていたことが解任理由とされている。 
2026年W杯では出場国が48カ国、試合数も80に増えることが考慮され、W杯開催経験者である米国やメキシコを含む3カ国共催が選ばれたと考えられる。 なおFIFAの評価報告書ではインフラや運営面などにおいて合計500点満点で3カ国共催案を402.8点、モロッコ開催案を274.9点と評価。そのため3カ国共催は圧倒的優位とみられていたが、投票は予想通りの結果となった。 
1人目はルイス・エンリケ。スペイン代表SDフェルナンド・イエロにとってFCバルセロナ前監督は最有力候補。加えて、エンリケは常々代表監督のポストへの関心を口にしてきた。今夏はアーセナル、チェルシーとの交渉が報じられていた。 2人目はミチェル。元マラガ指揮官は現在フリーであり、連盟新会長ルビアレスと親しいことでも知られる。時間はまだ残されているが、新監督キャスティングは既に始まっている。 
ロシア・ワールドカップ開幕まであと1日となったところで、スペイン代表を率いるジュレン・ロペテギ監督の電撃解任が会見で発表された。ロペテギは12日、来シーズンからジネディーヌ・ジダンの後任としてレアル・マドリーの指揮を執ることが発表された。しかし、同氏は5月にスペイン代表との契約を2022年まで延長したばかりだった。 そのため、ロペテギの決断に怒りを示したのはスペイン代表で側近を務めていたフェルナンド・イエロ氏やスペインサッカー連盟の会長を務めるルイス・マヌエル・ルビアレス氏。急遽会見が開かれることとなり、1時間の延期もありながら、ロペテギは去就について説明を求められることに。 会見で明らかにされたのは、ロペテギが電撃解任され、ロシア・ワールドカップでの指揮を執らないということ。本大会開幕まで1日というところで起きた"事件"であった。ルビアレス氏は「スペイン代表は全スペイン人のものだ。彼はマドリーに行ってしまった。素晴らしい仕事をしていたが、今回の彼の行動は受け入れられない」と話している。 一時はセルヒオ・ラモスやアンドレス・イニエスタといった主力選手たちがサッカー協会に掛け合ったことで、ワールドカップまでは指揮を執ることになったとも伝えられたが、選手たちの思いは届かなかったようだ。 なお、後任は未定で、ルビアレス氏は「探している最中」であることを認めている。 
番組では、J3の選手と結婚し、現在は熊本で生活しているスザンヌの妹"マーガリン"の徹底調査。10年前はテレビ番組で人気を集めていたマーガリンは今、生まれて間もない娘を育てながら、チームの本拠地が鹿児島にある夫とは別々の生活。月の生活費は15万円程度でやりくりするなど、ギリギリの暮らしをしていることが明らかになる。  
リオネル・メッシ タイプ:アサシン ダメージ:A 生存:B スキル:B 能力1 サッカーボールを蹴飛ばして相手にダメージを与える  
スポルティングの暴行サポの「CLを逃したら死ね」は実に明解だわな 実行するのは論外だが 
本田はベンチに置いて活きるタイプではない。西野監督は本田をメンバーに選んだ時点で、彼を先発で使うという考えを持っているはずだ。   
「乾くんも見えていたけど、真司くんがスルーしてくれればいいなと思っていたら、触って(コースを変えて)くれた。3人の意思疎通が完全にできていた」。1週間後に控えるW杯初戦のコロンビア戦に向けての手応えを聞かれると、「完全につかみ切れている」ときっぱり言った。 「だれかがきついから下がろうとか、ステイしようとか、そういう考えを持ったり、だれか一人疑問を持っている選手がいるとうまくいかないけど、今日は全員がしっかりできた。戦う、球際にいく、走る、切り替えを素早く。だれ一人欠けることがなかった」  失点についてはもちろん反省するが、「失点以外では相手を圧倒できた」。自信をつかめたことが大きいと強調する。悩ましいのはコロンビア戦にパラグアイ戦と同じメンバーが出るとは限らないことだ。 「今は2つのチームのようになっているけど、組み合わせが変わってうまくいかなかったらもったいない。今日みたいに全員がだれ一人疑問を抱えずに同じ方向を向いてプレーすることが必要」。武藤はあくまで先発の座を狙いながら、チーム全体の意思統一が重要だと訴えた。  
太鼓、トラメガで熱く応援します! 
自分は自分だから(興梠) 
サッカーを核に各種スポーツ普及を目指すコンサドーレは、かねてから冬季競技参入を目指しており、道民の関心が高く平昌五輪で注目度の高まったカーリングに白羽の矢を立てた。 
スイス戦では今日出ていた選手たちも何もできなかったわけだし、逆にスイス戦で先発していたメンバーでも今日くらいの結果は十分に出たはずだ。急にチームは強くならないんだからね 
日本が強いのではなく、相手のパフォーマンスが酷かったことを肝に銘じなくてはいけない。 だからこそ、この相手に2失点した事実に危機感を持つべきだし、4ゴールを奪ったからって喜んではいられない。前半のチャンスを活かせば、もっと点を取れていたはずだし、ワールドカップで勝つ気があるならもっと点差をつけなくちゃいけなかったんだ。  
ベンチスタートだった本田は、この試合は出番なし。ツイッター上では本田を不要とする代表ファンからの「MVPは本田圭佑 完璧なポジショニング」などと皮肉るツイートも見られた。  本田はボールをキープできる点や、決定力が長所として挙げられる反面、走力、スピードのある展開に向かないとする指摘がある。一方で、8日に対戦したスイスと、W杯に出場しないパラグアイとでは、力量やモチベーション、試合に対する狙いも違う。  この日のパラグアイ戦では、かつてC大阪でコンビを組んでいた乾と香川が絶妙な連携を見せた。西野監督は「しっかり崩した中で攻撃できたのが非常に良かった」と手応えをつかんだ様子だったが、本番でどのような決断を下すが注目される。  本田は6月13日に32歳となる。3大会連続のW杯をどのような立場で迎えるだろうか。 
現スペイン代表監督であるジュレン・ロペテギがロシア・ワールドカップ終了後、ジネディーヌ・ジダンの後釜としてレアル・マドリーのトップチームを率いることが、マドリーサイドから公式に発表された。契約期間は3年だという。ワールドカップ開幕前のこのタイミングに発表を行なったのは、「情報が他から漏れ伝わるのを恐れて」だと国内メディアは報じているが、ほとんどのスペイン代表選手は、ロペテギのこの決断を知らされていなかった。それどころか、スペイン・サッカー連盟にとっても寝耳に水の話で、メディアの多くが「爆弾が落とされた」と表現するなど、驚きを隠せずにいる。  無理はないだろう。なぜならロペテギは、約3週間前の5月22日にスペイン・サッカー連盟との契約を2020年まで延長することで合意し、サインを交わしたばかりだったのだ。マドリーの公式発表から約1時間後にスペイン・サッカー連盟が出した公式文書の中には、「200万ユーロ(約2億6000万円)に相当する契約解除金がマドリーから支払われる」と明記されていた。  ロペテギは、フロレンティーノ・ペレス会長による第2次政権が始まる前、つまりラモン・カルデロンがマドリーの会長を務めていた2006年から2009年の期間に、マドリーでスカウトマンとして働いていた経験があり、2008‐2009シーズンには監督としてマドリーBを率いてもいた。 『AS』紙によれば2015年、ロペテギがポルトの監督を務めていた頃から、マドリーの首脳陣はトップチームの監督候補としてその名前をリストに載せていたと伝えているが、真偽のほどは定かではない。  先月スペイン・サッカー連盟の会長に就任したばかりのルイス・ルビアレスは、このときすでにモスクワ入りしていたものの、今回の決定を受けて急遽予定を変更。13日にクラスノダールへ移動し、ロペテギ監督とともに記者会見を行なう。  日本時間の6月13日17時半、すべての経緯が明かされる予定だ。 
JFAは日本代表にバックアップメンバーとして参加していた井手口陽介が、所属するリーズに合流するため帰国することが決まったと発表した。理由は「クラブ事情のため」とされている。井手口は5月30日に行われたキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦メンバー27名に選ばれ、同試合にも終盤に途中出場したが、W杯メンバー25名からは落選。だが、バックアップメンバーとして代表チームに参加していた。  現在21歳の同選手は、今年1月にガンバ大阪からチャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズに移籍。今シーズンはそのままリーガ・エスパニョーラ2部のクルトゥラル・レオネサにレンタル移籍していたが、わずか5試合の出場にとどまっていた。 
徳島が昨年までFC東京でプレーしていた元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカ(34)を獲得することが分かった。今季はデンマーク1部ベイレでプレーしていたが、Jリーグ関係者によれば清水、広島でも活躍したウタカは日本に強い愛着を持っており、複数のオファーから徳島を選んだという。広島時代の16年には19得点で得点王になった。 
何がなんでもハリル否定から入らんといかんのか  
香川真司 7 ボールを持っている時も持っていない時もプレーが前選択。攻撃を加速させた。待望のゴールも 乾貴士 7 時間の経過とともに持ち味が生き、西野ジャパン初ゴールを含む2得点 
パラグアイ戦に続いて勝利を! 
西野朗監督 6 スイス戦から先発10人を入れ替えた。世界に挑むにはこの戦い方しかない、というパフォーマンスをイレブンが披露 
日本時間午後10時5分のキックオフ約1時間前の午後8時54分に「♯勝つのはパラグアイ」とツイート。その後、当該ツイートを削除し、「先ほどフジテレビサッカー公式アカウントにて『勝つのはパラグアイ』と誤投稿がございました。既に投稿は削除させて頂きましたが、フォロワーの皆様に誤解を与えるような内容となってしまいましたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。 
米スポーツ用品大手ナイキ(Nike)は11日、サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)開幕が迫るなか、米国がイランに科した経済制裁を理由にイラン代表チームに対するスパイクの提供を停止することを認めた。今回の決定は、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が先月、2015年に結んだ核合意から離脱し、イランに制裁を科したことで両国間の緊張が高まったことを受けて下された。  ナイキ社は「W杯初戦の準備をしているイランに対し、スポーツ用具の提供が禁止になった」と発表し、「米国の制裁は、米国企業のナイキが現時点でイラン代表の選手たちにスパイクを提供できないことを意味する」「ナイキも該当する制裁は長年のものであり、法律によって強制されるものだ」とコメントした。 
ハノーファーはヘルタ・ベルリンMF原口元気を完全移籍で獲得したことを公式発表した。契約期間は3年で、移籍金は公表されていないものの、ドイツ誌『キッカー』によれば、400万ユーロ(約5億2000万円)となっている。また、原口には背番号10が与えられている。 2014年からヘルタ・ベルリンに所属する原口は昨夏、ブライトン・ホーヴアルビオンへの移籍がうわさされたものの、最終的に残留。その後、今シーズンはヘルタ・ベルリンで徐々にポジションを失うと、今年1月の移籍市場で2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフに期限付き移籍で加入した。 宇佐美貴史も在籍するデュッセルドルフではレギュラーとして活躍し、リーグ戦13試合に出場して1得点・4アシストを記録。同クラブのブンデスリーガ昇格に貢献していた。 なお、昨季ブンデスリーガ13位のハノーファーにはアーセナルからのレンタル移籍で浅野拓磨が今夏に加入。過去にはDF酒井宏樹(現マルセイユ)やMF清武弘嗣(現セレッソ大阪)、MF山口蛍(同)が在籍しており、原口は同クラブ史上で5人目の日本人選手となる。 
Jリーグは通称『ベストメンバー規定』違反により、湘南ベルマーレに「けん責」と制裁金600万円の処分を下したと発表した。同クラブは4月18日に行われたルヴァン杯のグループリーグ第4節のサガン鳥栖戦で、プロA契約選手を4人しか起用していなかった。  Jリーグ規約第42条では「その時点における最強のチーム(ベストメンバー)をもって前条の試合に臨まなければならない」という、通称『ベストメンバー規定』を掲げている。詳細は補足基準によって定められており、「プロA契約選手または外国籍選手を合計6名以上含まれなければならない」としている。  Jリーグは処分の理由について、「同様の違反があった際、再三にわたり各クラブに対し注意喚起しているにも関わらず、クラブ職員による先発メンバーの基準該当の有無の確認措置を採らず、今回のような事態となった」と繰り返しの違反だったと指摘。「非常に遺憾であり、湘南ベルマーレの責任は看過できない」と断じている。  その一方で、高校2年生で当時16歳だったMF柴田壮介をはじめ、Jリーグが起用を推し進めるU-21選手3人が先発出場していたため、「若手選手を積極起用しようとした同クラブの方針は酌量すべき事情」と情状酌量も。「過去の違反事例に倣えば1,000万円を相当とする」との判断だったが、400万円の減額処分となったことが付記されている。  なお、アウェーでの鳥栖戦に臨んだ湘南は0-0で引き分け、勝ち点1を獲得。結果的にプレーオフステージ進出を果たした。なお、近年の制裁金処分では、盛岡の前副社長が資金流用を行った件で500万円、長崎の観客水増しが300万円、G大阪のナチス応援旗問題が200万円。いずれの事例よりも多いものとなっている。 

元Jクラブスタッフからえとみほさんへ

実は私自身は、とある2つのJクラブで働いた(約4年と約2年)経験があるのですが、このまま5年〜10年Jクラブで働いたとしても私及びクラブの双方が幸せになる未来が見えず、1年前ほどにサッカー界から離れる決断をしました。 現在は、サッカーとは全く違う業界で働いていますが、 日本サッカー界をビジネスサイドの内側から変えていきたい、発展に貢献したいと志を持っていたとき(いまもその気持ちは捨ててないですが)に感じたことをシェアし、今後の栃木SCの発展に少しでも活かしていただければと思い、匿名ではありますがこの度ブログ記事を書かせていただきました。 
西野体制ではパスの総数は577本で、520本だったハリル体制から57本増えた。ボールを奪ってからシュートまでの平均時間は23・2秒で、13・4秒から大幅増。速攻のハリル・ジャパンとは対照的に"遅攻"の西野ジャパンといえる。 

戸田和幸が5バックを薦める3つの理由

コロンビアもスイスと同じで、間違いなく試合中にフォーメーションを変えてきます。その時に幅を取る選手とハーフスペースを取りにくる選手の両方をどうやって、誰がマークするのか。スライドが間に合わず、クアドラードとハメスから1本入れられてしまったら終わってしまうかもしれません。実際にスイス戦でも狙った形で崩されていますし、ボックス内でCBがマークを見失う場面もありました。  5枚にしておけば、先ほどの例でいうとロドリゲスにアーリークロスを上げられたシーンでもウイングバックが前向きにアプローチできます。中の人数も1枚多くなり、お互いの距離も狭まるので、間に入られてヘディングされる危険性も軽減されるでしょう。 
2002年に開催された日韓ワールドカップでは4万~5万人だったところが、16年間で2倍以上に膨れ上がった計算になる。ロシアとの距離が近いのもあるだろう。なんと中国とロシア間のフライトは、昨年の同時期から約400%もアップ。モスクワのホテルの宿泊費はワールドカップ価格で高騰の一途を辿っているが、彼ら中国人ファンは迷うことなくブッキングを続けているのだ。    旅行代理店のデータでは、ファーストクラスでの渡航、高級ホテルでの滞在、決勝戦のチケットを含むツアーにひとり12万元(日本円にして約205万円)を支払ったグループがあったようで、しかもそれは高校生の一団だという。また、ワールドカップ観戦のために個人で85万元(約1405万円)のプランを立てた客もいた。カネに糸目をつけないとはこのことだ。    また、中国企業のサッカー界への参入も目覚ましい。中国で圧倒的なシェアを誇る酪農企業『蒙牛乳業』は、2017年12月にFIFAとスポンサー契約を締結。同社のヨーグルトドリンクは「ワールドカップ公式飲料」として中国国内で販売され、売り上げを飛躍的に伸ばしてきた。今大会でも全64試合で、テレビCMが流れる予定だ。 
丸高は「私事ではありますが、この度、新たな命を授かることができました」と報告。「現在、5ヶ月の安定期に入りまして11月出産予定です」と明かし「夫婦で新しい家族を迎える日を楽しみに、少しずつ準備をしています。この先もあたたかく見守って頂けると嬉しいです」とメッセージした。 
詳細。 
かわいい 
試合後、スクランブル交差点でハイタッチもできます!? 
パス数を見ても、原口と宇佐美は大きな差が見られる。原口の49本に対して、宇佐美は13本でおよそ4分の1にとどまっている。中盤全体でも長谷部が49本、本田が39本、大島が36本となっており、宇佐美がひと際少ない。両サイドで攻撃の比重が異なったとはいえ、アクション数と併せて考えれば宇佐美の貢献度は低いと言わざるを得ないだろう。 
本田はこれまでいいパフォーマンスを見せていない。香川にとっては大きなチャンスがめぐってきたことになる。メンバーを固定していないことを西野監督は明言した。一気にレギュラーを掴む可能性はあるだろう。  当然、別の可能性もある。香川もいまいちだった場合、西野監督はフォーメーションの再考を余儀なくされる。だが、いずれにせよ香川と本田の同時起用はいまのところない。ロシア入りを直前に控え、ポジション争いはより一層し烈になってきた。  
 最も多くのポイントを得られるW杯でも準々決勝以降の比重を高めるなどの変更が加えられた。世界ランキングはW杯の1次リーグ組分けにも反映されるため、より公平性が求められていた。  南米サッカー連盟が要望していた2022年W杯大会の出場枠を32から48に増やす案については、開催国カタールとの協議が優先だとして13日の総会では議論されない見通しとなった。新規大会の「ネーションズリーグ」創設や、クラブW杯の拡大については継続審議となった。  総会で米国、カナダ、メキシコ(共催案)と、モロッコが立候補している26年W杯の開催地をFIFA加盟協会の投票によって決めることも確認した。 
今年もやります! 

天皇杯 異例のPK戦やり直しへ

試合の翌日になって一般の人からペナルティーキック戦でフェイントがあったと判断された場合、ノーゴールとなるのではないかとの指摘があり、日本サッカー協会の審判部などが協議した結果、主審のルールの適用にミスがあったことを認め、再度、ペナルティーキック戦を1本目から行う異例の決定をしました。サッカー協会は11日夕方、詳細な状況について説明する予定です。 
今季限りでマリノスとの契約が満了すると見られるウーゴ・ヴィエイラですが、APOEL(キプロス)が獲得に動いており、契約書へのサインを残すのみという状況まで迫っている様子。『PROTATHLIMA.com』など複数メディアが伝えています。 同メディアは複数回に分けて近況を伝えており、日本時間11日18時ごろに更新された第二報によれば「今後24時間以内にキプロス行きの飛行機に乗り、APOELと契約するだろう」と報道。同様の内容は『offsite sports』『kerkida.net』『ShootandGoal.com』などで一斉に報道されていますが、いずれもAPOELの獲得に向けた意思とヴィエイラの略歴を簡単に説明するに留まっており、具体的な契約内容等については触れられていません。 ちなみにAPOELはキプロス屈指のビッグクラブであり、国内リーグ27度の優勝には2012−13シーズンから現在まで継続している6連覇が含まれています。近年では2011-12シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝へと進出し、レアル・マドリー(スペイン)と対戦したことでも話題になりました。 
何で乳首摘ままれてるの? 
fsntwwet1.jpg
Twitterでも情報配信中

2010年
06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2011年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

2012年
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/

FOOTBALL-STATIONブックマークから注目記事のみ効率良く検索できます。