サッカー関係者注目ツイートBEST5

藤坂ガルシア千鶴 : 只今のアルゼンチンの状況 *一番叩かれているのはサンパオリとカバジェーロ *メッシを責めているのはお馴染みのアンチ・メッシ派のみ *シメオネを次期代表監督に求める人多し(ツイッターでもトレンド入り) *選手たちがナイジェリア戦でのサンパオリの采配を拒否しているという噂あり 556

藤坂ガルシア千鶴 : (呟かずにはいられないので呟きますよ!)試合中に相手チームの選手を罵倒するような監督にアルゼンチン代表チームを任せるのは嫌です。以上。 https://t.co/qUpNYfydDo 261

江間 慎一郎 : 記者から「サンパオリは選手たちがプロジェクトにはまらなかったと言っていた」と伝えられたクン・アグエロ、少しの沈黙の後に「好きなように言えばいいさ」。かすかな希望残る第3節を前に、チームの瓦解も心配される。 https://t.co/LroCvA7OZg 184

藤坂ガルシア千鶴 : レポーターから「さっきの会見でサンパオリが『選手たちがプロジェクトに順応できなかった』と言っていたが」(注:サンパオリはそんなこと言ってません)と聞かされて、アグエロは「好きなように言わせておけば?」と吐き捨て。結構ショッキングなシーンでした。 178

藤坂ガルシア千鶴 : ↑ この「サンパオリの采配を拒否」という噂についてはTyCというスポーツ専門局の番組の中で騒いでいるだけなのですが、試合後のミックスゾーンでアグエロがサンパオリ監督に対する不満を表したのは事実。 152

サッカー関係者ID最新ツイート200件

長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 : 昨日の「クロアチアvs.アルゼンチン」戦で「反マミッチ」のTシャツを掲げる写真が。もうクロアチア代表の試合では見慣れた光景ですね(苦笑) https://t.co/5DDG4gUXxA 3

サワヤマ(名将城福) : マネとクリバリがワイドショーで特集されていて、ワールドカップのコンテンツパワーの凄まじさを実感する

フモフモ編集長 : 今日も無能であった…。

長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 : 今から二度目の「クロアチアvs.アルゼンチン」の再放送を観るところです。よくよく聞くと、スタジオ解説の元ブラジル代表ジウベルト・シウバの直前予想は「2-0でアルゼンチンの勝利」でした。共演したツィーゲと揃って外したことになりますね。 1

MC タツ : アメ公のスポーツをスポーツとして楽しむ力は高杉。ガチ勢乙ー!というのは徹底してるww https://t.co/kayvLgo3XI

永田淳 : 熱烈なアルゼンチン好きな香港人が仕事に影響するぐらいダメージ受けてて、今日は色々お願いしにくい雰囲気。メールで伝わってくる落ち込みっぷりがすごい

footballista : 「ハーフスペース」とは何か? ウルティモ・ウオモ戦術用語辞典#1/ドイツ発の専門用語で、コンセプト自体は複雑ではない。ポイントは、ピッチを横ではなく縦に5分割する発想だ。https://t.co/oIf87Nu9dW https://t.co/zuSf8xu5M4 5

長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 : クロアチアメディアのコメント欄にこんな書き込みが。 「ダリッチ監督はロシアで問題しか起こしていない。カリニッチに続いてメッシも国へと送り返してしまった」 もちろん、アルゼンチンにもグループリーグ突破のチャンスは残されているのですが、皮肉が効いています(苦笑) 12

藤坂ガルシア千鶴 : アルゼンチンでは今、代表監督について様々な憶測と噂が飛び交っていますが、正確な情報が入るまでどうかお待ちください… (早く原稿終わらせないと~) 8

なでしこジャパン : U-20日本女子代表 8月のFIFA U-20女子ワールドカップに向けてイングランドで活動を開始 #jfa #nadeshiko #daihyo https://t.co/0MLk7av53U 7

ドルチェとヴィオラ : 第1節MOM 🇷🇺チェリシェフ 🇪🇬エル・シェナウィ 🇲🇦アリ 🇵🇹C・ロナウド 🇫🇷グリーズマン 🇮🇸ハルドーソン 🇩🇰ポウルセン 🇭🇷モドリッチ 🇷🇸コラロフ 🇲🇽ロサーノ 🇧🇷コウチーニョ 🇸🇪グランクヴィスト 🇧🇪ルカク… https://t.co/BsRAYNVNT4 1

是永大輔 (Daisuke Korenaga) : FM新潟でパーソナリティをやられているとフォロワーさんからお聞きしました。気持ちいい勝利で喜んでくれている動画を観たいです! https://t.co/qsNGCDujfP 2

サワヤマ(名将城福) : ビズリーチ初めて登録してみたんだけど、ものすごい量のヘッドハンターが来るし、単価もめちゃくちゃ高いし、いったいオレがこれまで登録していたサイトは何だったのかぐらい違いがある。今度詳しい人に聞いてみよう。。。

河治良幸 : @Brazileaks コロンビア戦後の会見ではいきなり「アグレッシブ」が出たしスイス戦は「自エンド」だったけどコロンビア戦は「敵エンド」が飛び出したので、西野監督も乗ってきてるんでしょうね。「自エンド」は最初「ジ・エンド」だと思ってましたが。笑

サワヤマ(名将城福) : めちゃくちゃ大事な視点だ。。。! https://t.co/covranxqKp

footballista : 林「イングランドは、日本とまったく違い過ぎてカルチャーショックを受けましたし、コーチするのも大変でした。次から次へとボールホルダーに全力で飛び込んで奪いに行く子供たちを見て、こりゃどうすりゃいいんだ、と(笑)」… https://t.co/841Vrfq2Pr 3

サワヤマ(名将城福) : コロンビア戦の直接FKに関する分析 - BLUE’s day https://t.co/GH4PScCABb 13

長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 : ダリッチ監督は会見の最後に「偉大な勝利を実現したとはいえ、平穏に慎ましく、品位を保たねばならない」と締めたそうです。クロアチア代表には苦い想い出が幾つもありますので(苦笑)。続くアイスランド戦は首位狙いで行くものの、今日の試合結果… https://t.co/sHN6blDqBH 15

川端 暁彦 : 【恩師が語る日本代表 柴崎岳】大人にも本気で挑む”じょっぱり魂” 負けず嫌いの小学生 https://t.co/z6dzsIYfWr 柴崎の小学生時代の監督、橋本正克さんの話。ブルーペナント(日本代表に選ばれた選手が過去の恩師に… https://t.co/WljqBBb08D 36

長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 : ダリッチ監督、コメント続き。「我々には偉大なチーム相手に実力を証明し、倒してやりたいという願望があるので、以前よりアルゼンチン戦は我々にとって最も楽な試合だと言っていた。私の選手達は今夜を楽しんでくれたし、全世界も私達のプレーを楽しむことができたと信じている」 11

長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 : ダリッチ監督、試合後コメント続き。「直近の二度のトレーニングではアルゼンチンに対する細かい戦術について選手達に一つも話さなかった。選手達をピッチに送り出し、楽しんでもらうべく彼らをリラックスさせたがったんだよ」(まだ続く) 10

長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 : ダリッチ監督の試合後のコメント。「アルゼンチン守備陣はハイプレスに耐えることができないことは分かっていた。最後には彼らのミスを誘い、ゴールを決めることになった。だが、前半に3度のチャンス(ペリシッチ、マンジュキッチ、レビッチ)を外しただけに、報償を得られるべきだったんだろうね」 24

木崎伸也 : ウルグアイ以外、南米勢が苦戦していますね。ペルーが敗退決定、ブラジルが初戦ドロー、コロンビアが初戦敗戦。そして未だ勝利がないアルゼンチン。欧州勢に地の利があると言えるか。 / メッシ不発のアルゼンチン、0-3で痛恨...… https://t.co/NborwZPw0e 3

MC タツ : アルゼンチン前半良かったですよねー https://t.co/l3IaTj7Gao

慎 武宏 : “韓国のメッシ”は過激な風雲児か、希望の星となるのか。イ・スンウ、真価問われるとき(慎武宏) - Y!ニュース https://t.co/mu5sPtQpCu

長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 : 先制点を決めたレビッチについてダリッチ監督は「神経質で少しアグレッシブ過ぎた。しかし、チームを勝利へと引っ張れるという点ではそれも時に良いことだ。ハーフタイムには『カードを気をつけないと直ぐに変えるぞ』と注意した。ハイプレスで消耗したが、自分の課題を成し遂げたので彼を交代できた」 4

長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 : ダリッチ監督によると、中盤の一角にバデリではなくブロゾヴィッチの起用を決めたのは試合当日のこと。ポジション争いをする選手達とミーティングをし、それぞれの長所と短所を洗い出した上で、今季のインテルでボランチとして覚醒中のブロゾヴィッチ起用で行くことにしたよう。 20

長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 : 試合後のクロアチアのダリッチ監督のコメント。「これは私のキャリアにおける最大の勝利だ。打ち合せ通りに素晴らしい試合を遂行した全選手達に祝福を。どのセグメントにおいても我々はアルゼンチンを上回っていた。今日はアルゼンチンが混乱していたのではなく、我々が最高水準の戦いをしたのだ」 21

Dan Orlowitz : Lionel Messi's running distance in #ARGCRO was about the same as infamous Yokohama F. Marinos goalkeeper Hiroki Iik… https://t.co/8mFqFnSL2G 4

藤坂ガルシア千鶴 : シメオネによるアルゼンチン代表評の音声データの内容について、江間さんがとても詳しく訳してくださっています。助かります(笑) https://t.co/kTOlfJXRg5 38

江間 慎一郎 : シメオネ(流出)、世界最高と公言し続けてきたメッシについて「メッシはもちろん素晴らしい。そりゃ素晴らしいさ、極上の選手たちに囲まれているんだから。私の問いかけは、普通のチームでメッシとロナウドのどちらかを選ばなければいけないとしたら、どちらを選ぶのかということだ」 113

江間 慎一郎 : シメオネ(流出)、サンパオリについて「ゲーム上では選手たちこそが最も重要だと誰もが言う。しかし(重要性は)90%ではなく60%だ。なぜなら、選手たちがしくじるよりも監督がしくじることの方が絶対に最悪だからだ。監督はかなり関わっている」 68

江間 慎一郎 : シメオネ(流出)「GK(カバジェロ)は前にもあんなヘマをしていたんだ、ヘルマン。スペイン戦でもイタリア戦でもしていた。お前に言っていただろ、『ワールドカップではミスをすればゴール。そのことに気付くためにも、彼が失点しないのは残念だ』と」 57

江間 慎一郎 : シメオネ(流出)「チームはまずい状態だが、そこはアルゼンチンだ。私は突破できると思う。まずナイジェリアがアイスランドに勝つ。そしてアルゼンチンがナイジェリアに勝ち、アイスランドがクロアチアに勝たなければ可能性はある」 56

江間 慎一郎 : シメオネ、アトレティ助監督ヘルマン・ブルゴスに送ったと推定されるアルゼンチン代表に関する音声データがなぜか流出……。「現在、代表に起こっていることは、ここ4年間で起こっていることそのものだ。無秩序で幹部にも統率者にもリーダーシップがない。チームは道を見失っている」 147

藤坂ガルシア千鶴 : @Brazileaks ブラジルは大丈夫だと思いますが、それにしても南米勢にとってこんなに「おそロシア」な大会になるとは… 1

Dan Orlowitz : NHK「サチモスのライブはいかがでしょうか?」 朝日「松木の叫び声はいかがでしょうか?」 海外 https://t.co/yKMnTBneW8 8

なでしこジャパン : JFAなでしこひろば、カターレ富山で開催 #jfa #nadeshiko https://t.co/2afN8eN1UP 9

河治良幸 : あともうひとつ、D組はレベルだけでなく特徴的にも一番難しいグループだし、アルゼンチンがスムーズに勝てる相手なんてひとつも無いことは大会前から想定できたことなので、アルゼンチンの内部崩壊に理由を求めすぎるのは対戦国にリスペクトを欠くところではあります。結果は相対的に出るものなので。 30

藤坂ガルシア千鶴 : レポーターから「さっきの会見でサンパオリが『選手たちがプロジェクトに順応できなかった』と言っていたが」(注:サンパオリはそんなこと言ってません)と聞かされて、アグエロは「好きなように言わせておけば?」と吐き捨て。結構ショッキングなシーンでした。 178

藤坂ガルシア千鶴 : ↑ この「サンパオリの采配を拒否」という噂についてはTyCというスポーツ専門局の番組の中で騒いでいるだけなのですが、試合後のミックスゾーンでアグエロがサンパオリ監督に対する不満を表したのは事実。 152

河治良幸 : 振り返ればメッシがいなければアルゼンチンがこの舞台に立ててすらいなかったし、予選の終盤に火中の栗を拾う形でチームを引き受けたのがサンパオリ監督ということを考えれば、集中砲火は切ない部分もあり。こうなったら3試合目でガラッとチームを… https://t.co/F68bzHw7Fd 14

河治良幸 : かの国のサポーターは試合中でも得てしてそうなりやすいんですけどね。それを選手が跳ね返したか跳ね返せなかったかという歴史で。ロメロが怪我で出られないとなった時に真っ先に頼りにされたのかカバジェロであることを考えるとプレーに批判が出る… https://t.co/9ZbsoZJ63k 4

藤坂ガルシア千鶴 : 只今のアルゼンチンの状況 *一番叩かれているのはサンパオリとカバジェーロ *メッシを責めているのはお馴染みのアンチ・メッシ派のみ *シメオネを次期代表監督に求める人多し(ツイッターでもトレンド入り) *選手たちがナイジェリア戦でのサンパオリの采配を拒否しているという噂あり 556

安藤隆人@15歳サッカーで生きると誓った日 : これ、一度高校生たちに見てほしい。一連の動きの中でのモドリッチの視線を。 https://t.co/6tCtfWO6D8 31

河治良幸 : 外し芸。 https://t.co/MM6gwQzOlz

Dan Orlowitz : We've agreed for the last decade or so that they're both phenomenal players. It's the moronic dueling fan clubs tha… https://t.co/ZlMzwRDSzy

安藤隆人@15歳サッカーで生きると誓った日 : これは嬉しかった。俺、テンション上がったぞ。 #大迫半端ないって #大迫半端ない #栫さん語録 #俺をオラに変えたら野沢雅子 https://t.co/QM8mXxT1CB 2

党首(球技ライター大島) : 「楽屋裏の事情」を書き過ぎたかもしれませんが、10分ゲーム問題を糸口にBリーグの日程事情をコラムにしました。 「走りながら考える」Bリーグ 10分ゲーム方式修正の背景とその未来は?(大島和人) - Y!ニュース https://t.co/KkQDVy6qNx 12

河治良幸 : ただ終盤はかく言う自分もはっきりわかるほどアルゼンチンは攻守が分散されていたし、その現象から想像すれば、おそらくあの時点ではメンタル的に崩れていたのだろうなと。あの状況でチームで跳ね返しにいけるかどうかが本当の組織力と言えるのだろ… https://t.co/YH8CmqiLuI 10

長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 : 私のいる国では「クロアチアvs.アルゼンチン」の再放送が始まりました。うちのレコーダーが壊れた代わり、今日は3回も再放送してくれるので、喜びを噛み締めながら試合を観る予定ですよ。 15

河治良幸 : こういう結果になるとチームの象徴である選手が一番叩かれ、ある意味で真実だとしても、必要以上にスケープゴートにされる。自分はアルゼンチンvsアイスランドを取材していたけど、例えばあの試合でメッシがPKを決めていたらぜんぜん雰囲気も評… https://t.co/jwKBk5x52k 12

河治良幸 : アルゼンチン側から見て残念なのはまだ突破の可能性が残っているのに、もう終わったかのようになっていること。ここで監督はもちろん、諦めてない選手やサポーターがどれだけいるかが大事だと思うけど、チームの自滅という形で例えば3戦目の勝利の… https://t.co/LQzPA4EYLh 31

江間 慎一郎 : バルダーノが、なぜメッシはマラドーナ以上という意見もあるのに、代表で機能しないのかという題目で「ディエゴの方がもっと情熱的で、その目に見える意思の強さが仲間の士気に影響を与えていたのは明らかだった」と話していたのは面白かった。フットボール自体の変化が第一の理由だとしても……。 32

河治良幸 : アルゼンチンvsクロアチアで、結果大敗したアルゼンチンにまとまりが無い、クロアチアに一体感があると。結果から理由を導くと確かにそうなのだと思うけど、前半0-0で折り返した時点でこの試合が面白い、拮抗したいい試合と言っている人のツイ… https://t.co/DSuSsYNisH 50

J論 : [J論] 【東京V】『待ってろ、4戦連発』6月23日(土) J2第20節 栃木SC戦 18:00 味の素スタジアム https://t.co/BTrggsMfqr

長束恭行/『東欧サッカークロニクル』発売中 : 今日のクロアチアのスポーツ紙「SN」の一面はスペイン語で「GRANDE CROACIA!」の文字と共に「俺たちクロアチア人、ベスト16!」の見出し。「(この)世代最大の勝利。ヴァトレニがガウチョに引導を渡す」とも。 https://t.co/ySYKETeXog 9

江間 慎一郎 : しかしサンパオリのアルゼンチンは、メッシがチームを生かすこともチームがメッシを生かすこともできず中途半端に個に頼る集団になってしまった。クロアチアはモドリッチ&ラキティッチの天才二人が(マンジュキッチとともに)献身的なプレッシング… https://t.co/mU4jQqmnv9 16

Dan Orlowitz : Japan manager Akira Nishino praises Senegal: "They're not just big/strong/physical; they're well-organized and ever… https://t.co/Su3aE2iEXq

川内イオ(稀人ハンター・新刊発売中!) : どわー!以前からインタビューしてみたくて提案するも、距離的にNG が出てしまった旅するパン屋「ヒヨリブロート」代表の塚本久美さん! 書籍出すのかあ!しかも出版社はいろいろお世話になってるカンゼンさん。これは必読!イベント行こうと思… https://t.co/QugAlFOIVB 1

下薗昌記(Masaki Shimozono) : @chizurufgarcia ブラジルも今日やらかしそうで怖いです 1

Dan Orlowitz : Imagine a world where both Messi and Ronaldo get knocked out in the group stage and we can enjoy an entire knockout… https://t.co/EI5xJRyx2Y 3

下薗昌記(Masaki Shimozono) : @chizurufgarcia でしょうね。お言葉かけづらくて、千鶴さんからのコンタクト待ちでした・・・・ メッシが不当な扱いされるのが気の毒すぎて。あれほどの天才が 1

藤坂ガルシア千鶴 : @Brazileaks テレビを消して静か~な中で原稿書いてます... 1

党首(球技ライター大島) : 「JFAが日本らしいサッカーにこだわっている」というのは本当なんだろうか?「松田浩スタイルが日本らしいサッカー」という定義ならその通りなのだが、おそらく違う意味で言われていそうで。もちろん育成年代とトップは違いますが。 2

江橋よしのり⚡小説イナズマイレブン : リョータ「切符買っとけよ。明日帰るんだろ」 板倉「ドチビが」 スウェーデン記者「切符買っといたぞ(手作りだけど)」 ケディラ(笑顔で)「7月16日(決勝翌日)まで必要ないと思うよ」 煽りも返しも現実が一枚上。 (AFP=時事)… https://t.co/Y6ir2GPGQR 1

下薗昌記(Masaki Shimozono) : 復帰後の親善試合2試合でいずれもゴラッソを決めているネイマール。大会初戦のスイス戦で沈黙しただけで「髪の毛を変えただけ」と一面で批判されるネイマール。南米のメディアやサポーターの厳しさを知っているだけに、アルゼンチン国内のリアクシ… https://t.co/QaE5cuQbbP 11

笠井 清孝(Kiyotaka Kasai) : メッシ依存では ? https://t.co/Vg6blbRnOy

J論 : 【東京V】『待ってろ、4戦連発』6月23日(土) J2第20節 栃木SC戦 18:00 味の素スタジアム [J論] https://t.co/ZCKKefKYJd #verdy https://t.co/PWGUIkKXCq 7

下薗昌記(Masaki Shimozono) : @ichiroozawa しかもNHKがやるとセンスがないんですよね。ちょっと絶望感さえあります。

サワヤマ(名将城福) : 営業資料を面白いと思う人間は、この世に存在するのだろうか? | DOER NOTE https://t.co/31GHFySObn

Shigeru TANAKA : 昌子源が初めてのワールドカップで感じたものは?~「これを経験したらやめられんね」【日本代表】(ベースボール・マガジン社WEB) - Yahoo!ニュース https://t.co/kzg3RrneC7 @YahooNewsTopics 23

Shigeru TANAKA : いい天気。あちぃ

党首(球技ライター大島) : 今のBリーグの主力ど真ん中世代ですね。 https://t.co/ziS00RcWdB

中林良輔(東邦出版) : グループステージ、日本が1戦終えて勝ち点3、アルゼンチンが2戦終えて勝ち点1。信じがたいけどこれぞサッカー。まさかアルゼンチンのハイライトが3戦目にくるとは。ロメロ離脱が痛すぎた。 2

党首(球技ライター大島) : しかし俺の愛した南米サッカーはもう時代遅れなんだろうか。 3

是永大輔 (Daisuke Korenaga) : (2)これはとんでもない選手が出てきたぞ、と入稿。当時のクロアチアはニコ・クラニチャールが有望若手筆頭で、モドリッチの世界的な知名度はなかったのですが、デビュー戦を生で観れたのはラッキーでした。そして今日のスーパーゴール。持ってますね…。選手としての集大成である今大会、期待大。 1

是永大輔 (Daisuke Korenaga) : (1)モドリッチを初めて観たのは2006年のクロアチア代表デビュー戦。ドイツW杯取材で近くにいたのでバーゼルへ。奇しくも相手はアルゼンチン、しかも対戦相手にはメッシが。凄まじい運動量で攻守に顔を出すだけでなく、決定的なパスを次々と繰り出す小柄な20歳…。衝撃。惚れました。 1

寺野典子 : 【本文より】こうなったら変に冷静にならずにこのまま行ったらいいと思う。日本人には足らないと思うね、そういうところは。勝って兜の緒を締める、じゃないけど締めなくていい。このまま行ったらいいと思うよ 5

寺野典子 : 私も少しそう思ってた。試合間も短いから。でも、「勢いに乗らない冷静さ」みたいな原稿を書きながら、乗っちゃうてもあるんじゃないと思ってた。 内田篤人の視点の違う言葉は、チームには刺激を与えてくれる。 田中さんダンケ! https://t.co/EZ0Z3Vsivf 13

Shigeru TANAKA : アルゼンチン対クロアチア。まだ出だししか見てないけど、ラキティッチとモドリッチがハーフスペースを消しながらマンジュキッチと3人でアルゼンチンの3バックにプレッシャーを与えていく。だったらアルゼンチンが後ろ4枚したらどうなる?と思ったらマスチェラーノがスッと下がって4枚に。 2

footballista : JFAは「日本らしいサッカー」に固執しているが、具体性のあるスタイルは見えてこない。ボールを繋ぐスタイルを目指そうにも、育成年代でビルドアップのメソッドと駆け引きを仕込めていない状態では机上の空論だ。… https://t.co/j57Qb0zxES 44

江間 慎一郎 : 記者から「サンパオリは選手たちがプロジェクトにはまらなかったと言っていた」と伝えられたクン・アグエロ、少しの沈黙の後に「好きなように言えばいいさ」。かすかな希望残る第3節を前に、チームの瓦解も心配される。 https://t.co/LroCvA7OZg 184

内藤秀明 : アルゼンチン対クロアチアのハイライト。カバジェロのミスも酷かったけど、監督の采配の拙さもなかなか。 これは印象論だから本質的ではないけど、不安そうな顔もしすぎ。 https://t.co/pHxt4gIugN 30

宇都宮徹壱 : 【本日6/22正午更新】https://t.co/nNn2pOHq89   旅するカメラ18RU 逆境のウラル(6月21日@エカテリンブルク) @tetsumaga https://t.co/5BOeGkD4R3 4

内藤秀明 : アルゼンチンに関しては、監督のノープラン采配が目立ち、選手が 「どうプレーしていいかわからない」感がすごく、可哀そうすぎた。 まあ、選手が自立しておらず、監督やエースに依存している感じが南米のチームらしかぬ感じがして、それもどうなのかとも思ったけど。 16

藤坂ガルシア千鶴 : (呟かずにはいられないので呟きますよ!)試合中に相手チームの選手を罵倒するような監督にアルゼンチン代表チームを任せるのは嫌です。以上。 https://t.co/qUpNYfydDo 261

小宮良之 : 今日はカザンで炎の執筆デー。 https://t.co/CKChUtji5o

笠井 清孝(Kiyotaka Kasai) : 『メッシ依存では ?』笠井清孝の蹴球轍!|https://t.co/Vg6blc8Zd8

小宮良之 : Sportivaにコラムを寄稿しました。クロアチアに敗れる前ですが。アルゼンチン、思った以上にメッシ頼みの戦術で厳しく。 https://t.co/M1PjPqUqI5 6

:

:

:

: